車一般

【G2m-Magazine】自動車関連ビジネスの『実務』生かせるフレッシュな情報を配信。

G2m-Magazine(ジーツーム マガジン)は、自動車関連ビジネスの『実務』生かせるフレッシュな情報を毎週配信。G2mは、「ジーツーム」=「実務」に由来、自動車関連ビジネスの『実務』直結する情報やノウハウを配信します。

全て表示する >

【G2m-Magazine】G2mメールマガジン --Vol.071--

2017/02/13

●2017.02.13━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●●

自動車関連ビジネスの『実務』に生かせる・メールマガジン

    週刊:G2m-Magazine「ジーツーム・メルマガ」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.071●
こんにちはG2mメルマガ編集担当の晴幸(はるゆき)です。先々週、幕張メッ
セでジャパンキャンピングカーショーが開催されました。キャンピングカーと
いうと、一昔前は超アウトドア好きなファミリーか、定年退職後の余暇を楽し
みたい夫婦が大金をはたいて買うクルマというイメージでしたが、近年車種が
豊富になり、低価格で普段使いもできる軽自動車タイプ等も発売されたことか
ら、若い人や主婦などからも注目されています。低価格なものは、昔からの流
れにある高級キャンピングカーに比べると一部足らないものや不便なこともあ
りますが、誰でも手が出やすい価格帯になってきていることや、選択肢が増え
たことが、人気を博している大きな要因になっているようです。ただ、こうし
た賑わいをよそに、販売や買取を手掛ける店舗はまだまだ少ないように感じま
す。取り扱い車種の選択と集中が迫られる業界の流れもありますが、『キャンピ
ングカー』一考の価値があるかもしれません。それでは今週も元気良くG2mメ
ルマガをお送りします。
『元気があれば何でもできる。元気があればクルマも売れる!!』

●●お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●●

このメルマガを初めてお読みになる方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はじめまして、このメルマガは、「G2m-Cloud(ジーツームクラウド)」
http://g2m.jp/)と同様に、自動車関連ビジネスの『実務』に生かせる、情
報をお届けしていきますので楽しみにしていてください。

●今週のコラム━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●●

内田のコラム
   『E-TANKAZAI 018』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さん、こんにちは。G2m-Cloudで毎週火曜日配信の『TENKAZAI』で講師を務
めている内田憲志です。第二月曜日のメールマガジンでコラムを担当させ頂い
ています。今回も宜しくお願いします。

さて、2月に突入しています。業界にとっては最需要期として、皆様におかれ
ましては気合が入っていることでしょう。そんなこの時期に、日本のベストセ
ラー軽ワゴン、『ワゴンR』が6代目へスイッチしました。マイルドハイブリッ
ドシステムを搭載、3種類のフェイス、質感がぐんとアップしたインテリアな
ど、話題がいっぱい!ですよね。もう実車はご覧になりましたか?

「新型ワゴンRを売るぞー!」と腕まくり。商談チャンスに備えて、カタログ、
セールスマニュアルを熟読したり、実車を見ながら、説明シーンのイメージを
膨らませたりしている人もいることでしょう。そんな新型ワゴンRを店頭でお
客様へご紹介する際、意識したいポイントについて、今日はお話します。


車を紹介する際に意識したいこと。それは、「実はですね・・・」と、あなたが見
つけた車の“隠れ魅力”を紹介することです。

カタログや車雑誌ではあまり取り上げられていない、車の便利機能や装備、見
所などをお客様へ紹介するのです。カタログや車雑誌を読めば分かることばか
りを説明しても、事前にそれらを読み込んできたお客様であれば「もう、そん
なこと知っている」と思って退屈します。そうなるとお客様の興味、関心は「い
くらになるのか」で、冷たい価格の話にしかなりません。そこで、あなたが探
し出した車の「実はですね・・・」という“隠れ魅力”をお伝えしてみるのです。
「実はですね、ここの収納に、ほら、iPadがジャストで収まるのです!」「同
乗していてこういう姿勢になることあるじゃないですか。実はですね、この車、
そんな時にすごくラクなんですよ!」「このリモコンキー、見た目は普通なんで
すけど、ポケットに入れると、他社のモノと比べてジャマにならないんですよ」
などなど、あなたなりに探し出した“隠れ魅力”で良いのです。その話を聞い
たお客様は「へぇ〜。よく勉強していますね」と感心。あなたの話に引き込ま
れていくことでしょう。そして、「お店に来てよかった」そう思ってもらえるの
ではないでしょうか?そうなると、きっとあなたのことを信頼してくれますよ。

来店するお客様が潜在的に求めているのは、インターネット、カタログ、車雑
誌では得られない情報です。もちろん、実車の確認や試乗体験もそれに該当し
ますが、「実はですね・・・」という“隠れ魅力”こそ、お客様に喜ばれる情報と
言えるのではないでしょうか?「さすがプロ」と信頼される営業担当者になる
ためにも、“隠れ魅力”の発掘に努めましょう!ウチダでした♪


【内田憲志】
岡山県出身。車関連の企業・団体を支援するコンサルタント、セミナー講師。
独創的ながらも、ロジカルで実体験に基づいた営業ノウハウに定評。グラフィ
ックデザインやコピーライティングなどの分野でも活動中。
http://www.kuruma-omakase.com

●G2m-Cloudコンテンツ情報━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●●
◎G2m-Movies
・02/14(火):『TENKAZAI』内田憲志氏がおくる、炎の接客・商談教室。
・02/16(木):『保険バズーカ』織田久史氏の保険商談ロープレ&解説。
      『カコモン』くるまマイスター検定の過去問題にチャレンジ。
是非!ご覧ください。

◎G2m-Tools
2月のToolsは『ドリンクメニュー表(シーサイドドライブイン)』です。『何
かお飲み物は如何ですか?』と聞かれると『何があるの?』と聞き返したくな
ります。飲み物のオーダーを受けるにはメニュー表は必須ですね。
是非!ご活用ください。

●編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●●
2015年頃からグランピング(グラマラス+キャンピングからの造語)というス
タイルが流行りだし、全国各地に続々とグランピング施設がオープンしていま
す。とても魅力的なグランピング施設ですが、料金はわりとお高めな設定のた
め、ファミリー層が気軽に泊まれる雰囲気ではありません。自然豊かな場所に
いっぱい出かけたい!という方には、やはり宿泊料金のかからないキャンピン
グカーがお得な気がします。冒頭で取り上げた今年のキャンピングカーショー
では日産からグランピングカーが発売されるという点も見どころの一つとなり
ました。リチウムイオンバッテリーシステムを搭載し、フル充電で3〜4日間は
様々な電化製品を自在に使うことが可能だという優れもの。キャンプだけでは
なく、震災などで車の中での生活を余儀なくされた時にも心強い存在ですね。
我が家も愛車のダイハツ ウェイクとどこへ出掛けようかと思案中です。それで
はまた来週…
※車中泊は禁止されている駐車場や公園もありますので、お出掛けの際には十
分ご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
●【G2m-Cloudサイト】http://www.g2m.jp/
●【Facebook】http://www.facebook.com/g2m.cloud
●メルマガバックナンバー:http://g2m.jp/maillist.html
●メルマガ解除
このメールマガジンは以下のシステムを利用して配信しています。
メルマ http://melma.com/backnumber_198984/
登録・解除はこちらのサイトから直接お願い致します。
●ご意見・ご感想は ⇒ g2m-cloud@g2m.jp
--------------------------------------------------------------------
☆このメールマガジンは、「MS明朝」「MSゴシック」など『等幅フォン
ト』を使っていただくと、行がずれたりせず快適にお読みいただけます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】株式会社アイ・ナビゲーション(G2m事務局)
     http://www.inavigation.co.jp
●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Copyright (C) 2017 ●
このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された内容を許可なく
転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-08-15  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。