経営

「欲しい人材がザクザク採れる!」採用成功術

【中小企業の社長、人事・総務担当者、採用担当者、開業社労士、その他採用に関わるすべての方必見!】
人事歴11年、1200人以上の採用に関わってきた元人事担当で現在は人事コンサルティングを行っている著者が、採用を成功に導く情報をお届けします.


全て表示する >

「成功する人は、2時間しか働かない」で人材定着について考える

2016/02/05

今回は、最近読んだ本の内容から、人材定着について書いてみます。


「真に生産的になるのに必要なのは、効率性を捨て
 かわりに毎日、結果を出せるとびきり最高の2時間をつくる
 条件をそろえる、ただそれだけでいいのです」

「成功する人は、2時間しか働かない」
(↓アマゾンで購入ご希望の方はこちらをどうぞ)
http://goo.gl/hFxzE1


「仕事を効率的に行いたい」

おそらく誰もが願っていることでしょう。

では、どうするか?

多くの人が「いかに無駄を省くか」を
考えるのではないでしょうか。

その無駄の中には「じっくり考える時間」
も含まれます。

「即断即決」という言葉がある種の褒め言葉として
使われるように、いかに早く決めて、行動するかが
効率性には直結するように考える人が多いのでは
ないでしょうか。
(私もそう思っていました)

ところが、本書では全く逆のことを言っています。

行動に移す前に、そのじっくり考える時間を
取ることこそが大切なのだと言うのです。

なぜか?

その時間こそが、その後どういう行動をすることが
一番有効かを考えることができるときだからです。

それを無しに、ほぼ無意識的に次の作業に移ってしまうと
結果として非効率な作業の順番になってしまったり、
重要な作業に集中できないことで余計に時間がかかったり
してしまうことになります。

気になった部分を具体的にあげてみます。

------------------

●私たちが毎日していることの大半は習慣に導かれて機械的に
行っていて、ほとんど意識する必要もないのです。
それは決して悪いことではありません(中略)
問題なのは、次に何をすべきか深く考えもせずに、
あるタスクから次のタスクにさっさと移る場合が多いことです。

●何に取り組むべきか時間をかけて考えて判断した結果、
自分にとって重要な仕事か、もしくはその時間に見合った
仕事をきっとあなたは選んだことでしょう。
それとは反対に「効率的」になろうとして、この決断の瞬間
つまりこの「非生産的な」時間をスルーしたらどうなるでしょう。
取るに足らない仕事か、その瞬間に適さない仕事をするのは
目に見えています。

●感情は、たとえ不安などのマイナスに思えるものでも、
目の前の仕事にやる気を出し、集中するためのすばらしい
ツールになります。

●あなたの脳が小さな決断をたくさんして疲れる前に、
もっとも重要な仕事を朝いちばんに終わらせましょう。

●私たちの仕事は集中力を必要としますが、それでも
脳は気を散らすよう配線されています。ですから、
仕事をうまくこなすとびきりの戦略は、必要以上に
私たちの気を散らす要因を取り除くことです。

--------------------

社員が定着しない大きな理由のうちの1つが
「人事評価への不満」があります。

例えば、次のような2人の社員がいたとします。
みなさんだったらどちらを評価するでしょうか。

社員Aさん:業務評価100点、残業0時間/月
社員Bさん:業績評価80点、残業50時間/月

これは誰が考えてもAさんですよね。
(なぜかは言うまでもないので省略します)

では、次の場合はいかがでしょうか。

社員Aさん:業務評価80点、残業0時間/月
社員Bさん:業績評価100点、残業50時間/月

これは、Bさんが多いでしょうか。
ただ、時間単価で考えると、もしかしたら
Aさんという意見もあるかも知れません。

では、最後です。

社員Aさん:業務評価100点、残業0時間/月
社員Bさん:業績評価100点、残業50時間/月

これは、正解を言います。
評価されるべきは、議論の余地は全く無くAさんです。

ただ、もしかしたらここで
Bさんのほうを評価する会社もあるかも知れません。

「Bさんはいつも遅くまで頑張っているから」

同じ業績なら「遅くまで頑張っている」Bさんを
評価するという理屈です。

これでは、本当に優秀な社員は定着しません。
(なぜかは言うまでもないので省略します)

この本の題名のように「2時間しか働かない」は
極端ですが、時間を効率的に使い、確実なアウトプットを
していく社員をいかに育成していくかは、
今後の会社にとって非常に重要なことでしょう。

ただ、それに対する正当な評価も
同時に行っていく必要があります。

時間効率を考えるすべての人にオススメの本です。

「成功する人は、2時間しか働かない」
(↓アマゾンで購入ご希望の方はこちらをどうぞ)
http://goo.gl/hFxzE1


■初回無料の人事労務相談はこちら↓
「人が採用できなくて困っている」
「今の労務管理に問題はないのか?」
http://goo.gl/0JQwxw


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-06-11  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。