生活の知恵

生活向上のヒント(カイゼン日記)

収入を増やす方法(副業、投資など)、支出を減らす方法、時間を節約する方法、能力を高める方法などを体験談を交えて紹介します。生活を向上して、よい社会を作り上げましょう。

全て表示する >

No.104 青春18きっぷの旅:在来線で東京と函館を往復

2015/12/23

No.104 青春18きっぷの旅:在来線で東京と函館を往復


前号(No.103)で、年賀状を使ってクリスマスカードを送って
いると報告しました。昨日、ようやく、年賀状にプリンター
で印刷したクリスマスカード110枚に一枚一枚、手書きで一言
を書き終えて投函しました。急ぎの作業を済ませていた事や
在来線での函館旅行(2泊3日)を優先したので、投函が予定
よりも少し遅くなりました。今回、函館に行ったのは、来年の
春には北海道新幹線の開通によって在来線で青函トンネルを
通過できるのは最後のチャンスだと考えたからです。その青函
トンネルの中は真っ暗で何も見えませんでした。。。

函館旅行でも失敗がありました。旅行中に少しでも書こうと
クリスマスカード(年賀状)の束を持っていったのですが
青函トンネルを抜けた後の木古内駅でリュックサックの中に
無い事に気付きました。電車の中に忘れていたとしたら、
(他の人には価値が無いので)その内にJRから連絡があると
考えましたが、待っているうちにクリスマスを過ぎてしまう、
と不安な気持ちになりました。もしや。。。と思って前日に
宿泊した青森のホテルに問い合わせをしたところ、まもなく
見つかったという返信があり安堵しました。大失敗を免れま
した。今後は、旅行にクリスマスカード(年賀状)を携行す
るのは控えようと思います。

さて本号では、青春18きっぷ(No.67参照)3枚を使って
東京から函館を往復したので、その旅程と費用を紹介します。
東京を8時前に出発して22時過ぎに青森に到着しホテルに泊
まりました。(税込み3000円)次の朝は、7時過ぎに青森駅を
出発して、1時30分頃に函館に着きました。それから3時間弱、
徒歩で市内観光(五稜郭、元町の教会群)をして、4時22分発の
普通列車に乗り、夕方8時前には青森に到着しました。前日と
同じホテルでしたが朝食付きだったので税込みで3250円でした。

この旅行の交通費について、盛岡と八戸区間の青い森鉄道=
岩手銀河鉄道がJRでは無い為、追加で片道3040円払いました。
青函トンネルは、青森県の蟹田駅から北海道の木古内までは
追加料金無しで「特急白鳥」に乗れました。結局、青森2泊と
交通費を合わせて約1万6千円を使用しました。飲食については
駅の売店と木古内駅前のドラッグストアで十分でした。

この旅行の時間について、片道約20時間でした。その中に
木古内駅で特急から降りた後、普通列車に乗り継ぐまで2時間
30分が含まれています。幸い、函館を往復した12月15日から
17日はとても暖かく、函館市内にも雪はありませんでした。
もし間に合えば、来年の春、北海道新幹線が開通する前にもう
一度、函館に行き、赤レンガの倉庫群や函館山からの景色を味
わいたいと思います。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-04-20  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。