恋愛・人生

読むだけで幸せになる手紙

悩みの事実、事実関係をカウンセリングの見地から構成します。日本人なら誰にでも思い当る悩みを、ひとりで、スピードで解消できる行動の仕方、人間関係の仕方、生活の仕方が読むだけでパッと分かります。楽しく読めて、読後感も良くなるので「読むだけで幸せになる手紙」です

全て表示する >

ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは日本人の認知症(痴呆症)はどうつくられるのか?の脳の働き方を説明している。

2018/09/29

◎「ポルソナーレのメルマガ・読むだけで幸せになる手紙」の第六百五十九回目は次のとおりです。

ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは日本人の認知症(痴呆症)はどうつくられるのか?の脳の働き方を説明している。




       宮里好一(沖縄
       リハビリテーションセンター
       病院長・当時)に
       よる『痴呆の
       基礎知識』(星和
       書店)によれば、
       痴呆
       (認知症)は、
       「記憶できないこと」(中核
       症状)と異常な
       しゃべり、異常な
       行為、行動
       (周辺症状)の
       二つを現わす。
       脳の働き方から
       みると、高齢者
       ばかりではなく、10代、
       20代、30代、40代、
       50代の脳も生成している。




●アルツハイマー病も、脳血管性の痴呆も血流不足がつくる

 人間の病気は、血管を通していきわたる「血流」が不足することが原因で症状がつくられて、疾患が悪化します。
 このことは、現ゼミ生の皆様には、あまりにも平凡な話ですが、真実であるとはよくお分りのとおりです。
 わかりやすいのは、井穴刺絡(免疫)療法です。アトピー性の皮膚炎は、「H5F5」の井穴を刺絡すると症状が消えてやがて治ります。
 交感神経が働くと血流が回復して、ヒスタミンの分泌も止まり、痒みもなくなります。
 ところで、このことは現ゼミ生の皆様以外は、世界の誰も理解できていないことですが、人間の脳も自律神経の交感神経と副交感神経で働いています。
 とくに、大脳新皮質にある「言語野」も交感神経と副交感神経の二つが働いて言葉はもちろん、人間的意識を生成しています。
 人間の意識や言葉は、五感覚のうち「視覚」「聴覚」そして「触覚」の働きを素材にして生成されています。
 視覚(眼)の遠くを見る(散瞳)は交感神経がになっている、というふうです。
 目の交感神経の働きの「遠くのものを見る」「遠くのもののパターン(ゲシュタルト形態の型)を見る」という特質が人間の意識や言葉をつくっています。

●日本人の痴呆症は、ブローカー言語野・空間性の領域で発生する

 このような視覚の働きがとらえる対象を、イギリスの哲学者、ジョン・ロックは「第一の性質」といっています。
 この簡単な説明からも分かることは、「もの」(物・事)の第一の性質とは「空間性」のことであり、この空間性を視覚でとらえる交感神経の言語領域は空間意識をつくる言語領域であるということです。

 空間性とか空間意識といってもふだんはなじみがないので、なんのことかよく分からない人は多いでしょう。
 空間性を性質とするものは、机、イス、道路のように永続性があるものです。だから、空間意識というと、「ルール」「決まり」「約束」「法律」「理論」「論理」のことをいうのです。
 「5W1H」も空間意識です。
 自律神経の交感神経は、血液を遠くまで供給するというエネルギーシステムを特質としています。
 脳の言語野の空間意識の領域は、名詞や抽象名詞、形容詞の「言葉」を生成します。
 交感神経はこの言語領域に血液を心臓から運び、届けます。この言語領域は、脳細胞でつくられています。
 血液が届けられれば脳細胞も生きて正常に動くでしょう。空間性にかんする「言葉」を学習して記憶するし、抽象思考や論理思考もできます。 
 何も憶えられない、何もかもすぐに忘れる、ということは、起こりません。

●日本語(ヤマトコトバ)は動詞文だから、誰でも痴呆症をつくりつづけている

 ところが、日本語(ヤマトコトバ)は、動詞文です。動詞だけの言葉しかない、ということです。名詞や抽象名詞は無いのです。日本人が名詞(抽象名詞)といっているものは、語尾にi(イ)をつけた言葉のことです。

《例》
hikar-u…「r」までが語幹
hikar-i…「i」が名詞
hikar-u…「u」が動詞
(大野晋『古典文法質問箱』、角川ソフィア文庫より)

 このことは、日本人はふだんどんなに名詞、抽象名詞を話したり書いたりしているようにみえても、じつは動詞の言葉しかしゃべっていない(動詞しか書いていない)ということです。

●アルツハイマー病になる人とは?脳血管性の痴呆になる人とは?

 すると名詞、抽象名詞の言語領域の交感神経は完全に止まるか、もしくは過剰に動くかのどちらかになるでしょう。
 過剰に働けば、脳細胞は、血流の中に沈み、機能しなくなるでしょう。これがアルツハイマー病をつくるのです。
 意味不明(自分でも言葉の意味がよく分かっていない言葉)を酔っぱらいのようにしゃべる人が血流過剰のアルツハイマー病をつくるのです。
 「全くしゃべらない人」がいます。スマホばかりを見ている人とかしょっちゅうネットばかりを見ている人です。人の顔を見ないで、ソッポを向いてしゃべる人、相手の顔を見ないであいさつをする人、文章の中の漢字、漢語は、「読めればいい」「意味は分からなくてもいい」としている人です。こういうタイプの人が「脳血管性の痴呆」をつくるのです。

以上です。


◆ ─ ゼミのおしらせ ───────────────────◆

●「カウンセラー養成ゼミ」をご案内します

◎平成30年9月22日(土曜日)・午後1時00分より実施しました。

◎おもな内容……………認知症(痴呆症)の日本人

◎…………………………脳の働き方を正常にするアクション・システム
◎…………………………認知症の病気症状とリスク。抑制および改善そして問題の所在。

◎エクササイズ…………実益を生む抽象名詞文のイメージ療法 

日本人の使う日本語(ヤマトコトバ)は動詞文です。これは脳の言語野でいうと「ブローカー言語野」の「時間性の言語領域」の言葉です。一方、現実の社会は「空間性」(規範。耐久物質)で成り立っています。日本語は、この現実に対して本質的に痴呆状態にあります。それが、さまざまな病気疾患となって現われています。

吉本隆明は『言語にとって美とはなにか』(勁草書房、第1巻)で、「話体が文学体に移行する」と書いています。これは、動詞文にとっては「もの」「こと」を対象にするということです。ここで初めて、欧米人の言語領域に立つ、という主旨です。このセオリーを妄想対策にして日本人の「話体」(動詞文)の転移に挑んだのがポルソナーレの指示性のカウンセリングであり、妄想対策の「アクションシステム」です。

テクノロジーは、動詞文のつくる黙契と禁制をプログラム化しているので、「もの」「こと」への思考の回路が消えました。痴呆症とは、どういう意味でも空間性の言葉(言語)の名詞、抽象名詞を「無い」とする目、耳の働き方のことです。
ポルソナーレは、精神病理学でいうところの「治す」「治る」という脳の働き方は、スマホ、パソコン、デバイス端末が不可逆的に抑制している、痴呆症(2025年には700万人)への道を求めて、好んで歩いていると考察しています。

「治す」「治る」という意味の市場が消えた今、ポルソナーレは、現ゼミ生の皆様だけに特化した認知症(痴呆症)の予防、改善の「改訂版・アクションシステム」を当面、開発してご提供します。ステップ「4」か「5」までになるはずですが、今回はその「一回め」です。 

●「ゼミ・イメージ切り替え法」をご案内します

◎平成30年9月22日(土曜日)・午後5時30分より実施しました。

◎おもな内容……………テクノロジーで認知症(痴呆症)を深めて喜ぶ日本人

◎…………………………現ゼミ生の皆様のためのアクション・システム
◎…………………………認知症(痴呆症)の証明の脳の働き方。日々、進行している日本人の認知症の状況と疾患。予防と改善の仕方の改訂版「アクション・システム」 

ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、今のゼミ形式になって20年間、日本人の妄想対策を理論の土台と柱にして、「治る」「治す」という病理学の開発をすすめてきました。
テクノロジー(AI,IoT)とワープロソフト(スマホ、デバイス端末、パソコン)への「入力」(画面を眺めること)が、日常的に一般化するのを捉えて脳の働き方(言葉の生成のしくみ)を解明すると日本人のもともとの認知症(現実の中の名詞、抽象名詞が見えない。
だから「無い」と思考すること)が、不可逆的に固定化していることが分かりました。
これは、社会的な意味で「治る」「治す」という市場が、誰の手にも負えないくらいに消滅しているということです。

そこで、ポルソナーレは、現ゼミ生の皆様だけに特化した認知症(痴呆症)の「治し方」「予防」「感染の防ぎ方」の「改訂版・アクションシステム」をステップ「4」か「5」くらいまでに分けて開発してご提供します。今回は、妄想対策の総括を中心にして、一回めの「ステップ1」をレクチュアします。


★ゼミテキスト 吉本隆明「初期ノート」は、こちらからご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/syoki-note/


◎お問い合わせはこちらへどうぞ。
TEL・東京03(3496)6645

■□―――――――――――□■□―――――――――――――□■


★読むだけで幸せになる手紙、その他の連載バックナンバー
https://www.porsonale.co.jp/series.htm

※◆※ ポルソナーレ 超格安・お試しカウンセリング
https://www.porsonale.co.jp/t1.htm

お試しカウンセリングでお困りの問題を
スピード解消〈即効で治る〉を実感してください。
治ることで、ご自身の「脳の働き方」が感動とともに分かります。

★特別料金・一回2千円(会員料金5千円)。

お試しカウンセリングのページは下記をご覧ください。

お試しカウンセリング・トップ https://www.porsonale.co.jp/t1.htm
悩みを治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t2.htm
不安を治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t3.htm
恐怖を解消するカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t4.htm
うつ病を治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t5.htm
相談したい方へのカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t6.htm
カウンセラーになりたい方へ https://www.porsonale.co.jp/t7.htm
脳の働き方の学習のご案内 https://www.porsonale.co.jp/t8.htm
参考:男女の脳の違い・脳の働き方自己診断表 http://www.porsonale.co.jp
/t9.htm
カウンセリングのお申し込み・お支払い方法 https://www.porsonale.co.jp/t10.htm


★脳を発達させる日本語トレーニングペーパー
https://www.porsonale.co.jp/p_index.htm
・日本人の「内扱い」と「外扱い」https://www.porsonale.co.jp/p_language.htm

★カウンセラー養成ゼミ
・脳と心の解説 https://www.porsonale.co.jp/c1.htm
・脳と行動の診断 https://www.porsonale.co.jp/c7.htm
・よくある質問 https://www.porsonale.co.jp/c13.htm
・バックナンバー https://www.porsonale.co.jp/semi_counselor_bn9.htm#17

★ゼミ・イメージ切り替え法
・脳と心の解説 https://www.porsonale.co.jp/i1.htm
・脳と行動の診断 https://www.porsonale.co.jp/i7.htm
・よくある質問 https://www.porsonale.co.jp/i13.htm
・バックナンバー https://www.porsonale.co.jp/semi_image_bn9.htm#17

◆ゼミの動画 https://www.porsonale.co.jp/video.htm

◆谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 https://www.porsonale.co.jp/cgi-bin
/usako.cgi

★吉本隆明「初期ノート」 http://d.hatena.ne.jp/syoki-note/

★「谷川うさ子哲学入門」 http://www.porsonale.co.jp
/hannah_arendt.htm


☆★☆ ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)
http://www.porsonale-seminar.com

受講生の声、その後の活躍
http://www.porsonale-seminar.com/student/voice.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-03-20  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ週間  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。