恋愛・人生

読むだけで幸せになる手紙

悩みの事実、事実関係をカウンセリングの見地から構成します。日本人なら誰にでも思い当る悩みを、ひとりで、スピードで解消できる行動の仕方、人間関係の仕方、生活の仕方が読むだけでパッと分かります。楽しく読めて、読後感も良くなるので「読むだけで幸せになる手紙」です

全て表示する >

痴呆症(認知症)とは、現実にむすびつく言葉を言えないことだという。ポルソナーレのカウンセリング・ゼミだけが正しく

2018/05/07

◎「ポルソナーレのメルマガ・読むだけで幸せになる手紙」の第五百五十三回目は次のとおりです。

痴呆症(認知症)とは、現実にむすびつく言葉を言えないことだという。ポルソナーレのカウンセリング・ゼミだけが正しく改善して本物の健康を回復させる。




       日本人の使う日本語
       (和語)は動詞文だ。
       行動や物の
       動きは言いあらわしても、
       現実のことは
       分からない。
       これが日本人の
       認知症(痴呆症)の
       構造だ。
       ここに「ワープロソフト」が
       登場する。
       パソコン、スマホ、
       デバイス端末の
       「ワープロソフト」は
       人間の「痴呆」を
       完成する。

●ワープロソフトを使って言葉を表し、文を表すと痴呆になる

 「パソコン、スマホ、デバイス端末のワープロソフトを使っていきなり文をつくったり、文章を作成して、これを他者に送信する、あるいは複数の他者が見るように表示すると、その日から毎日痴呆症(認知症)になります」とは、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミだけが明らかにしている見解。
 テクノロジーが世界的に一般化している現在、こういうメッセージは「原始人に戻れ、原始人の生活が正しい」と言っているように聞えるかもしれない。
 科学技術の進歩や発展は自然性の進歩の本質にもとづいているので、誰にも止められない。だから、AIとかIoTの技術の進化は、自然の有機的生命の進化と同じで、プログラマーがかくべつ知的とか、知的に有能とか、創造性を発揮する天才というものでもない。
 ただ、テクノロジーのプログラム技術と脳の働き方が同値しているだけだ。
 植木職人や魚屋の包丁さばきのテクニックと何ら変わるところはない。
 「問題は、テクノロジー技術でプログラム化したワープロソフトを使って、言葉を表示させたり、文を表示させたり、文章を作成する人間の側の言葉の能力が全く止まってしまうことにあるんですよ」とは、ポルソナーレの熊野クマ江さん。
 
●ワープロソフトを使う人間の脳に起こるしくみとは

 世界のどんな学者も、どんな有名な大学の教授の誰一人として説明しないが、人間の脳で「言葉」をつくるのは「聴覚」であるという。
 人間の脳は、人間的意識をつくるが、その本質はイメージ(像)を表象することに本質があるという。
 目で見るときの視覚はゲシュタルト形態(カテゴリ−)を知覚して表象する。
 耳で聞く聴覚は、視覚が知覚したものを「記号性」(言葉)、「説明性」(イメージスキーマ、イメージ思考)の二つで像(イメージ)を表象させるのだという。
 「パソコン、スマホ、デバイス端末のワープロソフトは、聴覚の働きの記号性をプログラム化し、次に、説明性の語彙(ごい)を予測して人間に選択させて文を表示します。これをくりかえすと、文章が表示するのです」(熊野クマ江さん)。
 すると、「あ、い、う、え、お」と発声、発音ができさえすれば、「活字体」の言葉(記号)が画面に出てくる。
 つまり書き言葉の能力など全く無くても「記号としての言葉」を現せる。

●ワープロソフトを使う人はもともと言葉も、言語の能力も無い人である

 「ワープロソフト」とは「書き言葉の能力を不要とする」プログラムなのである。
 次に「語彙」(ごい)を予測して表示したものを選択して画面に映し出すと「文」になる。
 手で「文」を全く書けない人間が「文」を作成する。
 これは、「擬の文」および「擬の文章」というものであるという。
 人間の脳の側を見ると、「言葉が無い人」(ボキャブラリー(語彙・ごい)の無い人)が文をつくり、文章をつくるというのがワープロソフトのプログラムがおこなっていることだ。
 だから、妄想しかしゃべらない人が、ワープロソフトで「文」や「文章」を画面に出して送信したり、ブログなどに並べて他者に見せる。
 妄想の言葉を表示し、妄想の文や文章を表示している。
 「ワープロソフトは活字体で記号としての言葉を表示するので、社会性があるかのような言葉や文、文章を現わします。
 だから、動詞文しか話せない日本人も社会人として完成した人間であるかのように錯覚しています。
 テクノロジーのつくる擬似共同体(記号としての言葉、語彙)に同化しているんですよ」(熊野クマ江さん)。
 とりわけ日本人は「記号性としての動詞の言葉」をワープロソフトで現すと、自分の脳の中の動詞文の言葉が消える。語彙(ごい)の予測表示を選択して文や文章を表示すると、現実について思考する「イメージ思考=聴覚の説明性」が消滅する。

●ワープロという活字体に社会性があるので、擬の共同性に同調して脳は、完全に痴呆化する

 「この記号としての言葉をワープロ入力した時点で、行動するための言葉が何一つ思い浮べることができなくなります。これが日本人の現在の痴呆症の状態です。
 いつもスマホを手に持っている人、しょっちゅう画面を見ている人は、記号としての言葉が一つも思い浮べられなくなっているので、画面の活字や文を見て、ここでの擬似社会(擬似共同体)に依存してようやくのことで身体の行動を可能にしているんですよ」(熊野クマ江さん)。
 画面を見ていない時は、記号性としての言葉は何も思い浮ばない。その時が「車椅子の生活」を送っている時だという。
 「食欲があるうちは欲の表象のつくる自己意識が意味不明の説明性(イメージ思考)を働かせるのすぐに死ぬということはありません。
 しかし、副交感神経の固定性や静止が不可逆的に進行するのでがんとか脳血管とか心臓の血管に血流障害を起こし、疾患とともに長い人生の日々を送るようになるんですよ」(熊野クマ江さん)。
 テクノロジー時代の人間の脳に起こる言葉の空っぽ、空洞化という痴呆症の対策は、ポルソナーレだけが改善の仕方を教えている。

以上です。


◆ ─ ゼミのおしらせ ───────────────────◆

●「カウンセラー養成ゼミ」をご案内します

◎平成30年4月28日(土曜日)・午後1時00分より実施しました。

◎おもな内容……………吉本隆明『母型論』(贈与論)が日本人の認知症解体のテクスト

◎…………………………テクノロジー時代・社会の人間に起こる問題。「聴覚」の説明性(イメージ思考)がAIのプログラムで無思考人間!

◎…………………………ワープロの「文字入力」「語彙(ごい)予測変換」が家畜化と植物化をつくる!

◎エクササイズ…………実益を生む抽象名詞文のイメージ療法

今回は、テクノロジー(AI,IOT)の社会になっている中で、人間の側に起こる問題をより具体的に明らかにします。

最大の問題は、「ワープロ入力」(文字変換)「語彙(ごい)の予測機能」を使うときの人間の脳に起こる問題です。いくつかの事例を通して考察すると、次のことが分かります。

一、「聴覚」のもつ本質の「記号性」「説明性」がテクノロジーのプログラム化で、人間の脳から「言葉」「イメージ思考、イメージスキーマ」(カテゴリー=ゲシュタルト形態)が消える。

二、どんな知的な人間でも、最初は「説明性」(意味のイメージ、イメージ思考)が消える。ここで痴呆化する。

三、次に、必ず、聴覚の本質の「記号性」(言葉のこと)が消える。これもAIがプログラム化するからである。すると人間は、画面を見ると手足が動く。
 行動が可能になる。しかし、画面を見ない状態では、あらゆる行動が止まる。脳に「欲」のイメージの表象を可能にするのが「画面を見ること」である。画面を見ないと、手足の動きの「行動」も止まる。

このような問題が、人間の側に起こる問題です。
痴呆、アンダークラスの人間、貧困で食糧を入手することもできなくなるといったことが日本で激発しています。 


●「ゼミ・イメージ切り替え法」をご案内します

◎平成30年4月28日(土曜日)・午後5時30分より実施しました。

◎おもな内容……………吉本隆明『母型論』(贈与論)が認知症を治すテクスト

◎…………………………テクノロジー時代・社会では、人間は「無思考人間」になる!

◎…………………………AI,IOTは交感神経の働きをプログラム化する。
           人間は、食欲と消費の快楽の副交感神経も働かない!

◎…………………………ウェブで正しく読まれる抽象名詞文のイメージ療法 

日本経済新聞に連載されている「データの世紀」や「パンゲアの扉、つながる世界」をみると、テクノロジーはこんなにいい、こんなに巨大な利益が上がる、こんなこともできる、といったことが調査取材されてくわしく説明されています。たしかにそういう時代であることは間違いないでしょう。

しかし、この連載をこまかく読むと人間はテクノロジーの存在のために従属化し、交感神経をすっぽりテクノロジーに占領され、人間は、副交感神経(食べる欲)すらも働かせることができなくなっている、という現実です。

今回は、こういう問題を、正面切って対峙的にご一緒に考えます。 


★ゼミテキスト 吉本隆明「初期ノート」は、こちらからご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/syoki-note/


◎お問い合わせはこちらへどうぞ。
TEL・東京03(3496)6645

■□―――――――――――□■□―――――――――――――□■


★読むだけで幸せになる手紙、その他の連載バックナンバー
https://www.porsonale.co.jp/series.htm

※◆※ ポルソナーレ 超格安・お試しカウンセリング
https://www.porsonale.co.jp/t1.htm

お試しカウンセリングでお困りの問題を
スピード解消〈即効で治る〉を実感してください。
治ることで、ご自身の「脳の働き方」が感動とともに分かります。

★特別料金・一回2千円(会員料金5千円)。

お試しカウンセリングのページは下記をご覧ください。

お試しカウンセリング・トップ https://www.porsonale.co.jp/t1.htm
悩みを治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t2.htm
不安を治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t3.htm
恐怖を解消するカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t4.htm
うつ病を治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t5.htm
相談したい方へのカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t6.htm
カウンセラーになりたい方へ https://www.porsonale.co.jp/t7.htm
脳の働き方の学習のご案内 https://www.porsonale.co.jp/t8.htm
参考:男女の脳の違い・脳の働き方自己診断表 http://www.porsonale.co.jp
/t9.htm
カウンセリングのお申し込み・お支払い方法 https://www.porsonale.co.jp/t10.htm


★脳を発達させる日本語トレーニングペーパー
https://www.porsonale.co.jp/p_index.htm
・日本人の「内扱い」と「外扱い」https://www.porsonale.co.jp/p_language.htm

★カウンセラー養成ゼミ
・脳と心の解説 https://www.porsonale.co.jp/c1.htm
・脳と行動の診断 https://www.porsonale.co.jp/c7.htm
・よくある質問 https://www.porsonale.co.jp/c13.htm
・バックナンバー https://www.porsonale.co.jp/semi_counselor_bn9.htm#17

★ゼミ・イメージ切り替え法
・脳と心の解説 https://www.porsonale.co.jp/i1.htm
・脳と行動の診断 https://www.porsonale.co.jp/i7.htm
・よくある質問 https://www.porsonale.co.jp/i13.htm
・バックナンバー https://www.porsonale.co.jp/semi_image_bn9.htm#17

◆ゼミの動画 https://www.porsonale.co.jp/video.htm

◆谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 https://www.porsonale.co.jp/cgi-bin
/usako.cgi

★吉本隆明「初期ノート」 http://d.hatena.ne.jp/syoki-note/

★「谷川うさ子哲学入門」 http://www.porsonale.co.jp
/hannah_arendt.htm


☆★☆ ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)
http://www.porsonale-seminar.com

受講生の声、その後の活躍
http://www.porsonale-seminar.com/student/voice.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-03-20  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ週間  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。