恋愛・人生

読むだけで幸せになる手紙

悩みの事実、事実関係をカウンセリングの見地から構成します。日本人なら誰にでも思い当る悩みを、ひとりで、スピードで解消できる行動の仕方、人間関係の仕方、生活の仕方が読むだけでパッと分かります。楽しく読めて、読後感も良くなるので「読むだけで幸せになる手紙」です

全て表示する >

あなたの背中に取り憑いている「孤独死」。スマホ、デバイス端末、パソコンの「画面」を見て脳内麻薬の快感にしびれている

2018/04/03

◎「ポルソナーレのメルマガ・読むだけで幸せになる手紙」の第五百二十三回目は次のとおりです。

あなたの背中に取り憑いている「孤独死」。スマホ、デバイス端末、パソコンの「画面」を見て脳内麻薬の快感にしびれている真っ最中に心臓を止める。




       人間の脳も身体も
       自律神経の働きで
       生成する。
       重要なのは
       「交感神経」がいつも
       まともに働いている
       ことだ。
       しかし、今、あなたの
       脳も身体も
       「副交感神経」が
       中心に働いている。
       スマホ、パソコン、
       デバイス端末は、
       「交感神経」の働きを
       完全に止める。
       これが「孤独死」
       激増の根拠である。




●「孤独死って何?」……自分とは無関係と思っている人への伝言

 「孤独死」といっても、それは、「ネット」で「いいね!」と拡散している言葉ではない。
 また「インスタ映え」するはずもないからこの言葉の前に3時間待ちの行列ができるということもない。
 こういう暗い話題は、「電車飛び込み自殺」が「ただ今、人身事故で電車が止まっています」とアナウンスされるように、誰もが見聞きするニュースから目に触れないように隠されている。
 だが、どうしても隠しきれないときにはニュースになる。 

 北島三郎(81歳)の次男、大野誠さん(享年51歳)が、平成30年3月3日に自宅で孤独死(心不全)しているのが見つかった。
 死後、1週間くらいが経過していた。一人暮らしだった。
 いつも事務所に出てくるのは週に1回か2回くらいだった。ずっと自宅で音楽関係の仕事をしていた。
 大野誠さんは、服を着たままパタッと倒れているのを、訪ねていった長男の「大野竜さん」(54歳)が発見した。
 (日刊ゲンダイ、平成30年3月14日)

●孤独死は、副交感神経中心がつくり出す

 解剖学者・三木成夫の説明によると「人間には息を吸う筋肉はある。しかし、息を吐く筋肉はない」というのが孤独死(心室細動)の原因だ。
 ゴルフの最中の「息こらえ」や「マラソンの最中の息こらえ」などで心室細動が起こる。
 同じことは、普通の人でも、「息こらえ」で突然、心臓が止まることはいつでも起こっている。
 だから、AED(体外式除細動機)が、駅、空港、劇場、公共施設、介護施設などにどんどん設置されている。
 「息を吐きっぱなしにする」「息を吸わない」ことがすぐに「心室細動」を引き起こしている。
 
 人間は、じっと考えごとをするとか、何かに集中するときとか、何かに夢中になるときには「息が吐きっぱなし」になって「息を吸えなくなる」のだ。
 なぜ、「息を吸えないのか?」というと、副交感神経の働き方が「固定化」「凝固化」という不可逆性の働きをセットするからだ。
 パソコンでいうと「エンター・確定」が不可逆性の機能なのである。自律神経の働きが元に戻らなくなる。「交感神経」が働かなくなる、というのが「不可逆性」というのである。
 
●孤独死する人は、脳内最高の麻薬ドーパミンに浸っている

 パソコン、スマホ、デバイス端末の画面を見るのは、視覚神経のX経路(聴覚。副交感神経)だから、非常に高度な次元で「息を吐きっぱなし」「息を吸わない」という脳の働き方と心臓・肺の働き方をつくっている。
 だから、一人暮らしの人……パソコン、スマホ、デバイスの画面を見ると、「聴覚」の本質の「記号性」「説明性」「伝達性」のうち「説明製」で脳の中の幻聴をいっぱいにして、ベータ・エンドルフィンという脳内麻薬も分泌するので「快感」「快楽」の中で「息を吸うこと」が止まる……「不可逆性」の中で、東京都内では年間4,600人も孤独死しているのである。

 どういう人が、真っ先に「心室細動」を起こして死んでいるのか?
 長浜バイオ医療情報学・永田宏教授は、「健診で異常があると指摘されているのに病院に行かない人」「心身に自覚症状があるのにあまり気にしない人」が「孤独死」の最終ステージにいるといっている。
 最終ステージとは「余命1年か半年」ということだ。

●人から嫌われ、嫌っている人は、孤立の中で苦しみながら死ぬ

 どういう人が「孤独死の最終ステージ」の中に立っているのか?
 誰にも当てはまるのが、山折哲雄による「母親との関係」だ。
 「母親は、病院の一室でひとり苦しんでいた。腹水に水がたまるがん性腹膜炎で、私を見る目はほとんど空ろで、口元を少しだけ動かしていた。
 それが気になり耳を近づけていくと、かすかに念仏を唱えているのがもれた。そのとき私は、長い間、母親との間に張られていた緊張の糸がすうっとほどけていく気分に包まれた。
 あまりにも遅くやってきた、母親との和解の一瞬だった。しばらくは呆然自失の中にいた。
 母親は、68歳で逝った」
 (平成30年3月31日、山折哲雄、日本経済新聞、私の履歴書、宗教学者)

 日本語(和語)、パソコン、スマホ、デバイス端末の画面を見る脳(副交感神経中心)の「外扱いタイプの人」は、人間を見ていても見えなくなる、人の話は聞いていても全く聞こえなくなる、ということが山折哲雄と母親の関係だ。
 「内扱いの人」なら、山折哲雄が、若い頃母親の顔を殴ったように、「マルクス主義・マルクスボーイ」にかぶれて(山折哲雄による)、現実のどんな言葉も画一のレインコートか、ユングのいう「色メガネ」で見て幻聴の言葉の中で生きる人のことだ。
 こうなると、心臓発作とか脳卒中、動脈瘤破裂であっという間に死んだ人の方が運がいいということになるのかもしれない。多くの日本人は、山折哲雄の母親のように自分で自分の症状や障害の世話ができず「幻覚」に向かってしゃべる念仏の中で苦しみつづける日々の中にいる。

●あなたも「殺してあげた方がいいんじゃないか」と思われていないか?
 
 倉本聰は母親が「躁鬱」になり、仕事ができなくなったと言っている。
 「もう殺してあげた方がいいんじゃないかって」。
 精神病院の鉄格子の中に車で運ばれていく途中、母親が言った。
 「私、ほんとに生きていていいの?」
 (日刊ゲンダイ、2月24日)

 「わたし、生きていていいの?」と問いかけて、「生きていていい」と言ってもらえなかった人が、孤独死の中の自殺者だ。
 2014年は、人口10万人当り「31・6人」が自殺している。
 この自殺者は、「殺してあげた方がいいんじゃないのか」(倉本聰)と言わしめる作り話(幻聴)をしゃべる人も含まれている。 
 これが今の日本人の孤独のリアルな実体だ。
 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミだけが対策を教えている。

以上です。


◆ ─ ゼミのおしらせ ───────────────────◆

●「カウンセラー養成ゼミ」をご案内します

◎平成30年3月24日(土曜日)・午後1時00分より実施しました。

◎おもな内容……………吉本隆明「母型論」(贈与論)が日本人の認知症治しのテクスト

◎…………………………テクノロジー時代の脳の働き方改革

◎…………………………死に急ぎに拍車をかける日本人

◎…………………………学校法人「森友学園」への国有地売却の経過を書いた「公文書」書き換えは、パソコンの画面がつくった

◎エクササイズ…………実益を生む抽象名詞文のイメージ療法 

今回は、もともとの日本語に加えて、パソコン、スマホ、デバイス端末を見ると脳は、副交感神経中心になることについての現実問題についてご一緒に考えます。いちばんの話題は、「森友学園への国有地売却にかんして、決裁書を書き換えた」という問題です。この書き換え、作り変えは、昨年から日本の主な企業や大学でもしょっちゅう起こっています。

しょっちゅう起こっていることは、「これを普通だ」とする思考があるからです。すると、日本語は音読みを訓読みにつくり変える、音読みの意味をつくり変えることは、いいことだとして、辞典にも載っています。いいか悪いかはともかく、それが普通です。
御前(神様の前)を「オマエ、テメエ」と書き換える類です。

こういう作り変え、書き換えに安易の葛藤も無くさせているのがスマホ、パソコン、デバイス端末の画面を見ることです。

じゃあ、本当の問題は何か?というとAED(心室細動)でどんどん人が死んでいることです。
すぐに死なないために「見ながら」とか家の中で適度な運動をおこなってベータ・エンドルフィンの脳内麻薬に酔い痴れていることです。ここには、人間として生きる人生の将来に、何の希望も救いもありません。こういうことを正しく理解できる知性は、ポルソナーレ以外どこにもないことが本当の問題です。 

●「ゼミ・イメージ切り替え法」をご案内します

◎平成30年3月24日(土曜日)・午後5時30分より実施しました。

◎おもな内容……………吉本隆明「母型論」(贈与論)が認知症を治すテクスト

◎…………………………テクノロジー時代の最も正しい脳の働かせ方

◎…………………………激発している孤立が招く死に至る脳の働かせ方

◎エクササイズ…………ウェブで正しく読まれる抽象名詞文のイメージ療法 

あんまり報道されていませんが、突然死が増えています。都内で年間、4000人とか5000人とかいわれています。日本語の動詞文の副交感神経中心に加えて、パソコン、スマホ、デバイス端末の副交感神経(聴覚)は、現実との一義性をなくさせるので、こういうことが起こっています。孤独死(突然死)、自殺が増えているのは、パソコン、スマホ、デバイス端末を見る「聴覚」の「説明性」が幻聴をつくり現実よりも上位に置かれているからです。

今回は、こういうことについてご一緒に考えます。 


★ゼミテキスト 吉本隆明「初期ノート」は、こちらからご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/syoki-note/


◎お問い合わせはこちらへどうぞ。
TEL・東京03(3496)6645

■□―――――――――――□■□―――――――――――――□■


★読むだけで幸せになる手紙、その他の連載バックナンバー
https://www.porsonale.co.jp/series.htm

※◆※ ポルソナーレ 超格安・お試しカウンセリング
https://www.porsonale.co.jp/t1.htm

お試しカウンセリングでお困りの問題を
スピード解消〈即効で治る〉を実感してください。
治ることで、ご自身の「脳の働き方」が感動とともに分かります。

★特別料金・一回2千円(会員料金5千円)。

お試しカウンセリングのページは下記をご覧ください。

お試しカウンセリング・トップ https://www.porsonale.co.jp/t1.htm
悩みを治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t2.htm
不安を治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t3.htm
恐怖を解消するカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t4.htm
うつ病を治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t5.htm
相談したい方へのカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t6.htm
カウンセラーになりたい方へ https://www.porsonale.co.jp/t7.htm
脳の働き方の学習のご案内 https://www.porsonale.co.jp/t8.htm
参考:男女の脳の違い・脳の働き方自己診断表 http://www.porsonale.co.jp
/t9.htm
カウンセリングのお申し込み・お支払い方法 https://www.porsonale.co.jp/t10.htm


★脳を発達させる日本語トレーニングペーパー
https://www.porsonale.co.jp/p_index.htm
・日本人の「内扱い」と「外扱い」https://www.porsonale.co.jp/p_language.htm

★カウンセラー養成ゼミ
・脳と心の解説 https://www.porsonale.co.jp/c1.htm
・脳と行動の診断 https://www.porsonale.co.jp/c7.htm
・よくある質問 https://www.porsonale.co.jp/c13.htm
・バックナンバー https://www.porsonale.co.jp/semi_counselor_bn9.htm#17

★ゼミ・イメージ切り替え法
・脳と心の解説 https://www.porsonale.co.jp/i1.htm
・脳と行動の診断 https://www.porsonale.co.jp/i7.htm
・よくある質問 https://www.porsonale.co.jp/i13.htm
・バックナンバー https://www.porsonale.co.jp/semi_image_bn9.htm#17

◆ゼミの動画 https://www.porsonale.co.jp/video.htm

◆谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 https://www.porsonale.co.jp/cgi-bin
/usako.cgi

★吉本隆明「初期ノート」 http://d.hatena.ne.jp/syoki-note/

★「谷川うさ子哲学入門」 http://www.porsonale.co.jp
/hannah_arendt.htm


☆★☆ ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)
http://www.porsonale-seminar.com

受講生の声、その後の活躍
http://www.porsonale-seminar.com/student/voice.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-03-20  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ週間  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。