恋愛・人生

読むだけで幸せになる手紙

悩みの事実、事実関係をカウンセリングの見地から構成します。日本人なら誰にでも思い当る悩みを、ひとりで、スピードで解消できる行動の仕方、人間関係の仕方、生活の仕方が読むだけでパッと分かります。楽しく読めて、読後感も良くなるので「読むだけで幸せになる手紙」です

全て表示する >

日本人の認知症のリスクとは

2017/03/24

◎「ポルソナーレのメルマガ・読むだけで幸せになる手紙」の第四百十四回目は次のとおりです。


日本人の認知症のリスクとは




       「要介護700万人時代」に
       なっています。
       2025年には「認知症
       800万人」が予測されています。
       これだけ大量の人が
       要介護になるのは、日本人の
       一人一人が認知症の
       要素を抱えているからです。
       どういう人が今も認知症で、
       どういう人が
       認知症と共存して
       いるのか?
       まず、ここから学習して
       認知症の危機域に
       入るのを回避しましょう。




●誰も分かることができない認知症の本当の姿とは

 ポルソナーレは、現ゼミ生の皆様とご一緒に十数年の歳月をかけて認知症(痴呆症)の本当の姿を明らかにしました。
 それは、脳の働き方(言葉の生成のしくみ)から日本人の認知症(痴呆症)を正しく分かるというものです。
 なぜ、脳の働き方(言葉の生成のしくみ)をわざわざ考察しなくてはならなかったのかというと、理由は超カンタンです。
 心・精神の悩みとして語られていることを聞いて、解決の仕方を教えても、全く伝わらないからです。
 例えば「人が大声で文句を言うと怖くて逃げたくなる」という悩みをもつ人には、「大声とか、怒鳴る声は気にしないで、話していることの内容の言葉に注目するといいですよ」と教えます。
 しかしたいていの人は、やっぱり大声に気をとられます。そして、自分も相手に負けないくらいの大声を張り上げて、怒鳴るように話します。
 これは一つの例ですが、ここで誰にもすぐに分かって気がつくことは、「話す言葉」や「話す内容」には注意が向かわないのだなということです。
 「話すということ」「人の話を聞く」ということは「言葉」を一つ一つ分かるということです。
 ポルソナーレが四十数年間、多くの人のいろいろな悩みのことを聞いて、役に立つアドバイスをさしあげてきた中で、気がついたことは、ごく普通の日本人は、「人の話す言葉」をほとんどといっていいくらい、その瞬間も、会話の最中も、会話が終わってからも、「どんな言葉も記憶していない」ということです。
 断片的に憶えている言葉はあるかもしれません。でも、その言葉は、その場のことだけのことで、別の場面、他の体験、あるいは、自分のことなのだけども、他の人の類似した体験ではどうなのか?という置き換えや、適用というときの言葉としては、何も憶えられていません。

●日本人の使う日本語を脳の中で見るとどうなるか?

 人間の脳の働き方の言葉の生成のしくみを見ると、日本人の使う日本語とは、初めからそういうものだということが明らかになります。
 日本人の使う日本語(和語)は、「自分の今の行動」のことと、「自分にとっての行動の対象」のことしか記憶しません。
 日本人の認知症(痴呆症)とは、「何ごとかを憶えていないことだ」とは、誰もがよく知っています。
 脳の働き方(言葉の生成のしくみ)から見ると、日本人の使う日本語(和語)の「動詞文」の「動詞」だけの使い方は、「自分の欲(食欲と性欲)のことしか記憶できない」という働き方をします。
 この時点で、「これが認知症の正しい姿だ」ということが分かります。
 人間が、「行動を起こして、何かに向かって動きをすすめる」というときの対象を「目的」とか「目標」といいます。
 この「目的」のどんなことでも正しく記憶できないという認知症(痴呆症)を多くの日本人の誰もが抱えています。
 
●日本人の認知症(痴呆症)の実体とは

 こんなふうに言うと、「わたしは行動の対象のことは、ちゃんと憶えていますよ」という人は多いでしょう。「食事を摂る」「トイレに行く」「風呂に入る」ということのとき、「食事」「トイレ」「風呂」の言葉は憶えているという主張です。
 この例では、「食事」はともかくとして、「風呂」「トイレ」は「偽(ぎ)の名詞」というものです。
 仮の名称です。
 「仮」ですから正しい内容のとしての対象は分からないままです。
 「食事」と「ごはんを食べること」「飯(めし)を食うこと」とは、どう違うの?と問うと、何も分かっていないことが明らかになるでしょう。
 多くの日本人は、「仮の目的」「仮の対象の理解」だけで生きることを可能にしています。
 心身ともに正しく生きているのではありません。
 いつでも行動が止まって死に至るという日々を誰もが生きています。
 これは、健全に生きているというのではなくて「身体の疾患」か「精神疾患」かのどちらかをつくり出す中での「生存」の仕方です。

●日本人は誰もが例外なく認知症であることの証明

 これまで日本人の誰も気がつかなくて、当り前であると思いこんでいた日本語(和語)の使い方が誰にでも認知症(痴呆症)をあらわしています。
 若い年齢のうちは対人恐怖症などの精神疾患をあらわし、30歳代からは、身体疾患をあらわすというように、認知症(痴呆症)の実体の「行動の止まり」(他界・死に至る四つの行程)をたどっています。
 改善の対策は、「名詞」「抽象名詞」の正しい学習です。
 この学習に向けて、『谷川うさ子王国物語』パート・6(シックス)の第1ヵ月めのテキストをお役立てください。

●こうすれば誰でもすぐに認知症は治る

 あなたの『谷川うさ子王国物語』パート・6(シックス)の学習がよりよい学習成果をあげることを心より期待しています。

以上です。


◆ ─ ゼミのおしらせ ───────────────────◆

●「カウンセラー養成ゼミ」をご案内します

◎平成29年3月11日(土曜日)・午後1時00分より実施しました。

◎おもな内容……………日本人の認知症(痴呆症)は、他界(死ぬこと)の内包の日々を生存している

◎…………………………『共同幻想論』(吉本隆明)の「憑人論」「他界論」が説明する日本人の病気の真相

日本人は「多死社会」に突入していることの正しい理解の仕方を説明します。永田寛(長浜バイオ大学医療情報学教授)によると、厚生労働省の公表データから「年間死亡数が129万人」になったことにもとづいて「多死社会」になったということです。死因の内訳は「がん」「心疾患」「肺炎」「脳血管疾患」「老衰」の順になっています。

『共同幻想論』(吉本隆明)にもとづいてポルソナーレが考察すると、日本人は、もともと若くしてすぐに死んでいた(未開人と同じ)ものが、「古代」から「明治」にかけて、精神分裂病をつくり、異常行動、異常発言で行動を可能として「生理的身体だけ」を生存させてきています。

日本人の精神分裂病は、「人の話が全く分からないのに、分かっているフリをする」(第一期)から、第三期まで進行します。これは「未開人の心性」をもとにすると「他界(死)の四つの行程」をつくります。

日本人は思春期から「他界(死)の四つの行程」を、精神疾患か身体疾患のどちらかをつくり、高齢になるまで生存するという戦略をつくり上げました。「うまい飯」「うまい酒」「おもしろい娯楽、テレビ、アプリ、ネット情報」を「持って来い」と、「おいしい生活」を楽しく生存してきています。
それが高齢になるまでつづいて、「2015年」あたりから「多死社会」という認知症(痴呆症)の実体をあらわすに至っている、ということです。

この日本人の「多死社会」の全工程は、ポルソナーレの現ゼミ生の皆様以外は、ほとんど誰も免れません。理由は、吉本隆明の『共同幻想論』で説く、「共同性としての生存、共同性としての死」を生きているのではないからです。
今回は、「共同幻想」の「共同性」ということを全力で受けとめていただきたいことをご一緒に考えます。 

●「ゼミ・イメージ切り替え法」をご案内します

◎平成29年3月11日(土曜日)・午後5時30分より実施しました。

◎おもな内容……………日本人の認知症(痴呆症)。精神分裂病(第一期、第二期、第三期)、「他界(死)の四つの行程」をつくり出している。

◎…………………………『共同幻想論』(吉本隆明)が教える日本人の「多死社会」の真相

吉本隆明の『共同幻想論』の中の「巫覡(ふげき)論」から「遠野物語」の二つの「死」の民間伝承譚(たん)をご紹介します。「死にかかった」しかし「生き返った」というエピソードです。日本人は、このように常に「死」(他界)を自分の行動の日々の内包しているということを理解していただきます。

やがて、ここから「狐」(きつね)という精神分裂病をつくり出し、「狐」とともに、「狐」のように人を騙し、化かして生きるということを当り前の日々を、戦略としてあみ出します。もともとは、大野晋の説明する「動詞の品詞の転成」という作為を契機にしています。ここから「漢字・漢語」の「訓読み」(精神分裂病)をつくり、「共同性」(名詞、抽象名詞の音読み)を「無いものと扱う」という作為(狐)へと突き進みます。

考えてみれば吉本隆明は、日本人の憑依する「狐」の集合が流通させる作為の言葉の中を単独で生きぬいた人で、その生き方の範が『初期ノート』にあることを依田さんにお教えいただいています。

さらに『共同幻想論』で吉本隆明からは強力に日本人の「狐」への憑依をふりはらう仕方を教えてもらっていますが、今回も、「多死社会」にあって生きる糧を手に入れたいと思っています。
 

★ゼミテキスト 吉本隆明「初期ノート」は、こちらからご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/syoki-note/


◎お問い合わせはこちらへどうぞ。
TEL・東京03(3496)6645

■□―――――――――――□■□―――――――――――――□■


★読むだけで幸せになる手紙、その他の連載バックナンバー
https://www.porsonale.co.jp/series.htm

※◆※ ポルソナーレ 超格安・お試しカウンセリング
https://www.porsonale.co.jp/t1.htm

お試しカウンセリングでお困りの問題を
スピード解消〈即効で治る〉を実感してください。
治ることで、ご自身の「脳の働き方」が感動とともに分かります。

★特別料金・一回2千円(会員料金5千円)。

お試しカウンセリングのページは下記をご覧ください。

お試しカウンセリング・トップ https://www.porsonale.co.jp/t1.htm
悩みを治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t2.htm
不安を治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t3.htm
恐怖を解消するカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t4.htm
うつ病を治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t5.htm
相談したい方へのカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t6.htm
カウンセラーになりたい方へ https://www.porsonale.co.jp/t7.htm
脳の働き方の学習のご案内 https://www.porsonale.co.jp/t8.htm
参考:男女の脳の違い・脳の働き方自己診断表 http://www.porsonale.co.jp
/t9.htm
カウンセリングのお申し込み・お支払い方法 https://www.porsonale.co.jp/t10.htm


★脳を発達させる日本語トレーニングペーパー
https://www.porsonale.co.jp/p_index.htm
・日本人の「内扱い」と「外扱い」https://www.porsonale.co.jp/p_language.htm

★カウンセラー養成ゼミ
・脳と心の解説 https://www.porsonale.co.jp/c1.htm
・脳と行動の診断 https://www.porsonale.co.jp/c7.htm
・よくある質問 https://www.porsonale.co.jp/c13.htm
・バックナンバー https://www.porsonale.co.jp/semi_counselor_bn9.htm#17

★ゼミ・イメージ切り替え法
・脳と心の解説 https://www.porsonale.co.jp/i1.htm
・脳と行動の診断 https://www.porsonale.co.jp/i7.htm
・よくある質問 https://www.porsonale.co.jp/i13.htm
・バックナンバー https://www.porsonale.co.jp/semi_image_bn9.htm#17

◆ゼミの動画 https://www.porsonale.co.jp/video.htm

◆谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 https://www.porsonale.co.jp/cgi-bin
/usako.cgi

★吉本隆明「初期ノート」 http://d.hatena.ne.jp/syoki-note/

★「谷川うさ子哲学入門」 http://www.porsonale.co.jp
/hannah_arendt.htm


☆★☆ ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)
http://www.porsonale-seminar.com

受講生の声、その後の活躍
http://www.porsonale-seminar.com/student/voice.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-03-20  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ週間  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。