恋愛・人生

読むだけで幸せになる手紙

悩みの事実、事実関係をカウンセリングの見地から構成します。日本人なら誰にでも思い当る悩みを、ひとりで、スピードで解消できる行動の仕方、人間関係の仕方、生活の仕方が読むだけでパッと分かります。楽しく読めて、読後感も良くなるので「読むだけで幸せになる手紙」です

全て表示する >

日本人の認知症(痴呆症)は、精神疾患を治したがらない、身体の疾患を喜びます!

2017/03/02

◎「ポルソナーレのメルマガ・読むだけで幸せになる手紙」の第三百九十三回目は次のとおりです。


日本人の認知症(痴呆症)は、精神疾患を治したがらない、身体の疾患を喜びます!




       認知症(痴呆症)とは、
       動詞文の「動詞」
       だけでものを考える
       こと、ものごとを憶える
       こと、という病気です。
       「名詞」「抽象名詞」の
       つくる社会
       秩序、仕事の中の
       ルール、公的な行動の
       決まりごとを
       毛虫かゴキブリ、
       ドブネズミか
       毒ヘビのように忌み嫌います!!




●日本人の認知症の原因

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが現ゼミ生の皆様とご一緒に明らかにした日本人の認知症(痴呆症)の実体とは、「動詞文」の「動詞」の言葉しかしゃべらない、ということです。
 このことは、国語学者の大野晋が『古典文法質問箱』(角川ソフィア文庫)で実証的に説明しています。
 日本人が行動の目的(対象)にしている「名詞」や「抽象名詞」は、「品詞の転成」という仕方で発声、発音の音を変えてつくったものです。
 i(イ)と言えば「名詞」、u(ウ)と言えば「動詞」といった具合です。
 i(イ)と発音、発声してつくった「名詞」「抽象名詞」は、「偽(ぎ)の名詞、抽象名詞」といいます。
 この「偽(ぎ)の名詞、抽象名詞」は、「漢字・漢語」の「訓読み」を生み出しました。

●日本人の精神分裂病の原因

◎例
 花(はな)……「訓読み」
 花(カ)……「音読み」

 「訓読み」とは、「解釈」のことです。「自分はこう思う」「わたしはこう思う」「わたしは、こんなふうに思います」というように、10人いれば10人分の「思い方」「思ったこと」「思い」「思うこと」が解釈です。どんなにデタラメでも、どんなに怪しげな発言でも「どれも、立派で、高く評価されるものだ」と肯定されるのが解釈です。
 それは、仕事の中でも、学校の授業でも、会社の会議でも「たいへんすばらしいご意見」「先ほど発言された○○さんのおっしゃるとおり、わたしも全く同じ意見です」というように「解釈」であれば、自由で、積極的な発言として誰からも共感を得られます。
 とくに「○○さんのおっしゃるとおり、わたしも同意見で、全面的に賛成します」と言えば、その意見や発言がどんなに病的でいかがわしくても、発言した人は一躍人気者となって誰からも熱っぽい目で見られるようになるのが「解釈」です。
 「漢字・漢語」の「訓読み」とはこういう本質をもって作り出されました。作られたのは「明治」になってからです。
 
◎例……花
 訓読み……「はな」
 音読み……「カ」

 この「音読み」と「訓読み」とを比べてみて、その意味を辞書で調べてみると誰にもすぐに分かりますが、「会社の仕事」「学校教育」「国の秩序」「男と女の人間関係」「社会をふくむ公的な共同世界」をつくっているのは「音読み」の「カ」とその「字義・語義」です。
 名詞、抽象名詞の場合を「概念」といいます。
 「概念」とは、理論や論理思考の「材料」です。
 「人間は、どんなことも理論がなければ、行動しない」とは、吉本隆明が語った言葉です。
 
●日本人は、名詞、抽象名詞の言葉は全く憶えられない

 しかし、日本人の「動詞文」の「動詞しかしゃべらない人」には、吉本隆明のこの言葉は、全くあてはまりません。
 「概念」(音読みの名詞、抽象名詞)の言葉は、「メタ言語」(脳の働き方、言葉の生成のしくみ)からみると「空間性」の言葉です。
 日本語(ひらがなの言葉・和語・ヤマトコトバ)の「動詞文」の「動詞」は、「時間性」の言葉です。
 ポルソナーレのゼミ生以外の人には、「空間性」とか「時間性」といっても、日常では全くなじみがないので、この言葉を目にしても、寒い日に吐いた白い息のように消えてしまうでしょう。
 この言葉を耳にしても、紅白歌合戦で日頃聞いたこともない歌を聞いたときよりももっと早く眠気を感じて、退屈のあまりあくびがこみ上げてくるでしょう。
 多くの日本人のこのような言語感覚を当てにして、「音読み」はそこに存在しないかのようにただ「ある」だけの言葉と字義(語義)になっています。
 吉本隆明の『共同幻想論』をみると、「訓読み」とは、「狐憑き」の「狐」(きつね)に相当することが分かります。稲荷(いなり)鮨の「キツネ」でも、稲荷神社の「狐」(きつね)でも同じです。
 「音読み」の名詞、抽象名詞の代わりに、「訓読み」で読む、「訓読み」の解釈の意味を自分の行動の目的にする、ものごとの内容を分かる判断の材料(データ)にする、というようにしてつくったのが「狐」です。

●「わたしは狐」と「精神分裂病」は同じ

 明治の前までは、「わたしは狐の言うことがよく分かるぞ」と言う人の話しを聞いていました。
 明治になってからは、「わたしこそが狐であるぞ。うまい飯をもってこいや。うまい酒をもってこんかい。おもしろい娯楽をもってこんか、こら」というように日本人の誰もが「狐」になってしまいました。それが「訓読みで読むこと、訓読みでものを考えること、訓読みでしゃべること」です。
 いいかえると、「訓読み」でしかしゃべらない人は、例外なく認知症(痴呆症)になりました。
 音読みの名詞、抽象名詞は、全く憶えないので、「訓読み」(動詞文の動詞をしゃべること)は、そのまま「行動の止まり」を脳の働き方にしているからです。
 「訓読み」(動詞文の動詞しかぜったいにしゃべらない人)とは、イコール「精神分裂病」という精神疾患をあらわす人です。
 日本人の精神分裂病は、第一期、第二期、第三期までをつくります。
 
●精神分裂病は「死(他界)の四つの行程」と対応している

 はじめは分かっているフリをして社会の中の仕事とか勉強の話を聞く、読む、というのが「第一期」です。「自分は狐」ですからこの「フリ」という「だまし」をおこないます。次に、社会の中で行動したり、しゃべったりするので「分かっているフリ」が「こんなこと、やってられるかい」と反感や敵意をあらわすようになります。これが「第二期」です。
 ここでは「行動の止まり」と「生存すること」の相反することがつくられます。それが心・精神の病といわれる身体症状です。身体に疾患があらわれます。
 病院に行って薬をもらい、たまに休んで、時には休職して、さらに、「このままずっと家の中でおいしい生活を楽しんじゃお!」と「狐」の日々を過す人もいます。それを保証するのが「身体」の疾患です。脳の言語野の空間性の言語領域が働いていないので免疫を中心とする生体防御システム(セントラルドグマ)が破綻します。これが身体の疾患(症状)です。
 この疾患は、「すぐにはパッと死なない」という性質をもっています。
 自己免疫疾患にしろアレルギーにせよ、脳梗塞、脳卒中にしろ、これは「自分のことをお世話しなさい」という根拠になります。いい薬もあるので、いつもいつも痛いとか辛いということはありません。
 これを「死(他界)の四つの行程」といいます。
 精神分裂病の第一期、第二期、第三期に対応しています。
 要介護は、第三期(四つめの行程の段階)に当ります。

●こんな「おいしい生活」は止められない

 いちばん重要なことは、日本人の認知症(痴呆症)は、現ゼミ生以外の人は、「治したがらない」ということです。「治したくない」「治す人に反感をもち、敵意を向けることもある」のが、最大の特徴です。
 これは、ポルソナーレの教える理論をよほど強力に学習しなければ、家族の誰かの要介護に対策を適用できないということでもあるのです。

以上です。


◆ ─ ゼミのおしらせ ───────────────────◆

●「カウンセラー養成ゼミ」をご案内します

◎平成29年2月25日(土曜日)・午後1時00分より実施しました。

◎おもな内容……………日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくり、生体防御システムを破綻して身体に疾患をつくる。他界(死)を内包する

◎…………………………『共同幻想論』(吉本隆明)が説明する日本人の精神疾患と身体の病気

「日本人の認知症、700万人時代」になり、日本人の認知症(痴呆症)が個人、企業、地域、国の大きな問題として迫ってきています。いろんな報道をみても、認知症(痴呆症)は「忘れることだ」「体験を忘れるのが重要だ」という見解でこの社会問題にとりくんでいます。

ポルソナーレの見解は、認知症(痴呆症)とは、日本語の動詞文の「動詞」がつくる「行動の止まり」のことです。この行動の止まりは、吉本隆明の『共同幻想論』をみると「他界」(死ぬこと)をダイレクトに内包しています。

吉本隆明の『共同幻想論』をみると、日本人の「未開人の心性、心の風土」とは、常に「死」と背中合わせということです。それは、明治になって「狐憑き」(精神分裂病)がつくられても変わらず、「他界論」にみるように、「死」を前提にした生活の仕方をおこなっています。

ここのところをポルソナーレが明らかにすると、日本人は脳の空間性(交感神経)が働かないので、大木幸介のいう生体防御システム(セントラルドグマ)が破綻して、「がん」「自己免疫疾患」「脳卒中」「脳梗塞」「アルツハイマー病」「アレルギー疾患」を日々つくり、この疾患を理由に社会的自立(働くこと)を止め、自分の面倒を見させるという生存の戦略をつくり出しました。
これらの血流障害による疾患は、「すぐには死なない」ことを特質にしています。
「わたしゃ、○○○の病気なんだよ。だからこういうことはできないんだよ。生かしたいと思うならうまい飯をもってこい、うまいデザートをもってこい、うまい酒をもってこい。おもしろい娯楽をもってきて一日、退屈しないようにさせろや」と内扱いをつくり、尊大(イバること)をあたりまえにして、10年、20年と楽しい生活、おいしい生活を「生存」しています。

今回は、こういう認知症の作った戦略の日本人の精神分裂病の真実をご一緒に考えます。 

●「ゼミ・イメージ切り替え法」をご案内します

◎平成29年2月25日(土曜日)・午後5時30分より実施しました。

◎おもな内容……………日本人は精神分裂病で身体に疾患をつくる。疾患を生存の手段にして高齢まで生きる。

◎…………………………「未開人」は死と隣り合わせに生きていたが、「古代人」は、身体の病気の中で、「うまい飯、酒、おもしろい娯楽」とともに愉しく生きた(『共同幻想論』「他界論」吉本隆明)

一体、なぜ、日本人には「がん」「自己免疫疾患」「アレルギー疾患」「脳卒中」「脳梗塞」がこんなにも多いのか?一体なぜ、花粉症を騒ぐのか?なぜ、女性は、男性の3倍も要介護者が多くて、700万人認知症の過半数を占めているのか?
これらの正しい理由を説明します。これは、精神分裂病の「死に至る四つの行動」をたどる機序です。「四つの行程」というように10年とか20年をかけて「死」(他界)にたどりつきます。このことをよく説明するのが『共同幻想論』の「禁制論」と「他界論」です。

せめて、ゼミ生の皆様だけは、吉本隆明のいうように「自立」した共同幻想のもとで、「共同性としての生き方」(共同性としての死も)を、手に入れてほしいと心より願っています。 
 

★ゼミテキスト 吉本隆明「初期ノート」は、こちらからご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/syoki-note/


◎お問い合わせはこちらへどうぞ。
TEL・東京03(3496)6645

■□―――――――――――□■□―――――――――――――□■


★読むだけで幸せになる手紙、その他の連載バックナンバー
https://www.porsonale.co.jp/series.htm

※◆※ ポルソナーレ 超格安・お試しカウンセリング
https://www.porsonale.co.jp/t1.htm

お試しカウンセリングでお困りの問題を
スピード解消〈即効で治る〉を実感してください。
治ることで、ご自身の「脳の働き方」が感動とともに分かります。

★特別料金・一回2千円(会員料金5千円)。

お試しカウンセリングのページは下記をご覧ください。

お試しカウンセリング・トップ https://www.porsonale.co.jp/t1.htm
悩みを治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t2.htm
不安を治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t3.htm
恐怖を解消するカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t4.htm
うつ病を治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t5.htm
相談したい方へのカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t6.htm
カウンセラーになりたい方へ https://www.porsonale.co.jp/t7.htm
脳の働き方の学習のご案内 https://www.porsonale.co.jp/t8.htm
参考:男女の脳の違い・脳の働き方自己診断表 http://www.porsonale.co.jp
/t9.htm
カウンセリングのお申し込み・お支払い方法 https://www.porsonale.co.jp/t10.htm


★脳を発達させる日本語トレーニングペーパー
https://www.porsonale.co.jp/p_index.htm
・日本人の「内扱い」と「外扱い」https://www.porsonale.co.jp/p_language.htm

★カウンセラー養成ゼミ
・脳と心の解説 https://www.porsonale.co.jp/c1.htm
・脳と行動の診断 https://www.porsonale.co.jp/c7.htm
・よくある質問 https://www.porsonale.co.jp/c13.htm
・バックナンバー https://www.porsonale.co.jp/semi_counselor_bn9.htm#17

★ゼミ・イメージ切り替え法
・脳と心の解説 https://www.porsonale.co.jp/i1.htm
・脳と行動の診断 https://www.porsonale.co.jp/i7.htm
・よくある質問 https://www.porsonale.co.jp/i13.htm
・バックナンバー https://www.porsonale.co.jp/semi_image_bn9.htm#17

◆ゼミの動画 https://www.porsonale.co.jp/video.htm

◆谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 https://www.porsonale.co.jp/cgi-bin
/usako.cgi

★吉本隆明「初期ノート」 http://d.hatena.ne.jp/syoki-note/

★「谷川うさ子哲学入門」 http://www.porsonale.co.jp
/hannah_arendt.htm


☆★☆ ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)
http://www.porsonale-seminar.com

受講生の声、その後の活躍
http://www.porsonale-seminar.com/student/voice.html


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-03-20  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ週間  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。