恋愛・人生

読むだけで幸せになる手紙

悩みの事実、事実関係をカウンセリングの見地から構成します。日本人なら誰にでも思い当る悩みを、ひとりで、スピードで解消できる行動の仕方、人間関係の仕方、生活の仕方が読むだけでパッと分かります。楽しく読めて、読後感も良くなるので「読むだけで幸せになる手紙」です

全て表示する >

吉本隆明の『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)は、日本人の認知症(痴呆症)は、…

2017/02/28

◎「ポルソナーレのメルマガ・読むだけで幸せになる手紙」の第三百九十一回目は次のとおりです。


吉本隆明の『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)は、日本人の認知症(痴呆症)は、「死(他界)を抱えていること、精神分裂病(一期、二期、三期)をつくり出していること、身体疾患の「死(他界)の四つの行程」を、「おいしい生活」とともに生存することを教えています!!




ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが、現ゼミ生の皆様の厚い御支持をいただいて、日本人の認知症(痴呆症)について明らかにした本質とは、次のようなことです。




◎メッセージ1

 日本人の認知症(痴呆症)とは、メタ言語(脳の言葉の生成のしくみ)からみると、動詞文(動詞だけをしゃべる、書く(聞く)こと)が原因です。
 

◎メッセージ2
 
 日本語を動詞文の「動詞」だけでしか言いあらわさない、思考しないということは、行動の止まり(死ぬこと)を本質にしているということです。
 このことを理解しましょう。


◎メッセージ3

 日本人は、いつでもどこでもすぐに死ぬことを避けるために精神分裂病をつくり出しました。(品詞の転成で偽(ぎ)の名詞・抽象名詞をつくりました。これが精神分裂病の実体です)


◎メッセージ4

 日本人の精神分裂病とは、異常行動、異常発言のことです。「行動を可能」とするので生存が可能となりました。精神分裂病の「行動」は、食欲、性欲を出所として、ウェルニッケ言語野がつくり出すので、味覚、嗅覚、触覚が異常に発達して「うまい飯をもってこい」「うまい酒をもってこい」「おもしろいアプリ、ネット情報、テレビ番組をもってこい」という「おいしい生活」を尊大にイバって実現します。


◎メッセージ5

 日本人の精神分裂病は、第一期、第二期、第三期と深くなり、進行します。これは社会の中の異常行動、異常発言がやがて中断したり止まったり、そして、家の中だけで過す、身体の行動能力が止まり、じっと何もしないで「おいしい生活」を味わって過すだけの日々になるという進行過程を内容にしています。


◎メッセージ6

 日本人の精神分裂病は、脳の言語野の交感神経が止まることを本質にしています。
 これは、人間の身体にそなわっているセントラルドグマ(生体防御システム)を破綻させることを必然とします。
 このことは、血流障害と血液の中に生化学物質をつくることを意味します。
 ここで「死(他界)の四つの行程」が発生します。


◎メッセージ7

 日本人の精神分裂病のつくるセントラルドグマの破綻(生体防御システムの破綻)は、「がん」「自己免疫疾患」「アレルギー疾患」「脳梗塞」「脳卒中」「心臓疾患」などをつくります。
 これが「死(他界)の四つの行程」をつくります。
 「死(他界)の四つの行程」は、「死(他界)の四つの行程」の身体の疾患を思春期から高齢期までにかけて発症させるので、精神分裂病の実体を形成します。
 「おいしい生活」の実体になります。身体の疾患に依存して、手厚い世話、温かい介助、手を尽した保護を教授して10年や20年は、らくらく生存を可能とするということを戦略としてつくり出しています。


◎メッセージ8

 日本人は、現代(明治)になってから、どんな精神分裂病(「人の目が気になる」から「外出が怖い」、「仕事に行かない、学校に行かない」、「ニート状態」「ゲーム依存症」「スマホ見ながら歩き」なども精神分裂病です)も、決して「治したがらない」「正しく治す人の話に反感をもち、激しく攻撃して敵意をあらわにする」のは「死(他界)の四つの行程」が保障する「おいしい生活」に、自分が「狐」(きつね)となって同化、依存していることに根拠があります。


◎メッセージ9

 要介護は、精神分裂病の第三期です。
 「死(他界)の四つの行程」では、四つめの「臨死体験の行程」にあります。
 懐かしい人に会い、語らい、心を温かくして安らぎに満ちた最も望ましい平安の日々を生存しています。
 排せつも入浴も、食事も、介護保険制度によって手厚い「おいしい生活」が用意されているので「治す」とか「予防する」というのは、別世界のらち外にあるとみなされます。


◎メッセージ10

 日本人の精神分裂病は、「漢字・漢語」の「訓読み」が可能としています。「ネット」「スマホ」は、ニコラス・G・カーの『ウェブに夢みるバカ』(青土社)がいうように「長い文章が全く読めなくなる」ので概念思考ということを崩壊させていき、広く、どの世代にも行きわたっている異常行動、異常発言であるというのが現代の日本人にとっての実体です。

 
■あなたへのポルソナーレからの真実の愛のメッセージ

 人間の真実はどこにあるのかというと、それはハンナ・アーレントの『人間の条件』(ちくま学芸文庫)に語られています。
 人間は「共同性として生き、共同性として死ぬ」ことが基準です。
 吉本隆明の「個体・家族・共同性としての人間」(『情況への発言』徳間書店)が裏付けています。
 精神分裂病の人にとっては、単なる幻想のようにしか見えないのが本当のところです。 
 しかし、皆様は、独力で入浴し、トイレにも行けて、健全な食品を選択できる知性の日々を生きるようにおすすめします。

以上です。


◆ ─ ゼミのおしらせ ───────────────────◆

●「カウンセラー養成ゼミ」をご案内します

◎平成29年2月25日(土曜日)・午後1時00分より実施しました。

◎おもな内容……………日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくり、生体防御システムを破綻して身体に疾患をつくる。他界(死)を内包する

◎…………………………『共同幻想論』(吉本隆明)が説明する日本人の精神疾患と身体の病気

「日本人の認知症、700万人時代」になり、日本人の認知症(痴呆症)が個人、企業、地域、国の大きな問題として迫ってきています。いろんな報道をみても、認知症(痴呆症)は「忘れることだ」「体験を忘れるのが重要だ」という見解でこの社会問題にとりくんでいます。

ポルソナーレの見解は、認知症(痴呆症)とは、日本語の動詞文の「動詞」がつくる「行動の止まり」のことです。この行動の止まりは、吉本隆明の『共同幻想論』をみると「他界」(死ぬこと)をダイレクトに内包しています。

吉本隆明の『共同幻想論』をみると、日本人の「未開人の心性、心の風土」とは、常に「死」と背中合わせということです。それは、明治になって「狐憑き」(精神分裂病)がつくられても変わらず、「他界論」にみるように、「死」を前提にした生活の仕方をおこなっています。

ここのところをポルソナーレが明らかにすると、日本人は脳の空間性(交感神経)が働かないので、大木幸介のいう生体防御システム(セントラルドグマ)が破綻して、「がん」「自己免疫疾患」「脳卒中」「脳梗塞」「アルツハイマー病」「アレルギー疾患」を日々つくり、この疾患を理由に社会的自立(働くこと)を止め、自分の面倒を見させるという生存の戦略をつくり出しました。
これらの血流障害による疾患は、「すぐには死なない」ことを特質にしています。
「わたしゃ、○○○の病気なんだよ。だからこういうことはできないんだよ。生かしたいと思うならうまい飯をもってこい、うまいデザートをもってこい、うまい酒をもってこい。おもしろい娯楽をもってきて一日、退屈しないようにさせろや」と内扱いをつくり、尊大(イバること)をあたりまえにして、10年、20年と楽しい生活、おいしい生活を「生存」しています。

今回は、こういう認知症の作った戦略の日本人の精神分裂病の真実をご一緒に考えます。 

●「ゼミ・イメージ切り替え法」をご案内します

◎平成29年2月25日(土曜日)・午後5時30分より実施しました。

◎おもな内容……………日本人は精神分裂病で身体に疾患をつくる。疾患を生存の手段にして高齢まで生きる。

◎…………………………「未開人」は死と隣り合わせに生きていたが、「古代人」は、身体の病気の中で、「うまい飯、酒、おもしろい娯楽」とともに愉しく生きた(『共同幻想論』「他界論」吉本隆明)

一体、なぜ、日本人には「がん」「自己免疫疾患」「アレルギー疾患」「脳卒中」「脳梗塞」がこんなにも多いのか?一体なぜ、花粉症を騒ぐのか?なぜ、女性は、男性の3倍も要介護者が多くて、700万人認知症の過半数を占めているのか?
これらの正しい理由を説明します。これは、精神分裂病の「死に至る四つの行動」をたどる機序です。「四つの行程」というように10年とか20年をかけて「死」(他界)にたどりつきます。このことをよく説明するのが『共同幻想論』の「禁制論」と「他界論」です。

せめて、ゼミ生の皆様だけは、吉本隆明のいうように「自立」した共同幻想のもとで、「共同性としての生き方」(共同性としての死も)を、手に入れてほしいと心より願っています。 
 

★ゼミテキスト 吉本隆明「初期ノート」は、こちらからご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/syoki-note/


◎お問い合わせはこちらへどうぞ。
TEL・東京03(3496)6645

■□―――――――――――□■□―――――――――――――□■


★読むだけで幸せになる手紙、その他の連載バックナンバー
https://www.porsonale.co.jp/series.htm

※◆※ ポルソナーレ 超格安・お試しカウンセリング
https://www.porsonale.co.jp/t1.htm

お試しカウンセリングでお困りの問題を
スピード解消〈即効で治る〉を実感してください。
治ることで、ご自身の「脳の働き方」が感動とともに分かります。

★特別料金・一回2千円(会員料金5千円)。

お試しカウンセリングのページは下記をご覧ください。

お試しカウンセリング・トップ https://www.porsonale.co.jp/t1.htm
悩みを治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t2.htm
不安を治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t3.htm
恐怖を解消するカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t4.htm
うつ病を治すカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t5.htm
相談したい方へのカウンセリング https://www.porsonale.co.jp/t6.htm
カウンセラーになりたい方へ https://www.porsonale.co.jp/t7.htm
脳の働き方の学習のご案内 https://www.porsonale.co.jp/t8.htm
参考:男女の脳の違い・脳の働き方自己診断表 http://www.porsonale.co.jp
/t9.htm
カウンセリングのお申し込み・お支払い方法 https://www.porsonale.co.jp/t10.htm


★脳を発達させる日本語トレーニングペーパー
https://www.porsonale.co.jp/p_index.htm
・日本人の「内扱い」と「外扱い」https://www.porsonale.co.jp/p_language.htm

★カウンセラー養成ゼミ
・脳と心の解説 https://www.porsonale.co.jp/c1.htm
・脳と行動の診断 https://www.porsonale.co.jp/c7.htm
・よくある質問 https://www.porsonale.co.jp/c13.htm
・バックナンバー https://www.porsonale.co.jp/semi_counselor_bn9.htm#17

★ゼミ・イメージ切り替え法
・脳と心の解説 https://www.porsonale.co.jp/i1.htm
・脳と行動の診断 https://www.porsonale.co.jp/i7.htm
・よくある質問 https://www.porsonale.co.jp/i13.htm
・バックナンバー https://www.porsonale.co.jp/semi_image_bn9.htm#17

◆ゼミの動画 https://www.porsonale.co.jp/video.htm

◆谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 https://www.porsonale.co.jp/cgi-bin
/usako.cgi

★吉本隆明「初期ノート」 http://d.hatena.ne.jp/syoki-note/

★「谷川うさ子哲学入門」 http://www.porsonale.co.jp
/hannah_arendt.htm


☆★☆ ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)
http://www.porsonale-seminar.com

受講生の声、その後の活躍
http://www.porsonale-seminar.com/student/voice.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-03-20  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ週間  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。