ライフプランニング

ぶっけんの毎日ホッ法華経!

お釈迦さまが一番最後にようやく説き明かされた最も重要な未来を示した経典「法華経」と毎日接しましょう!法華経の全28品を毎月28日間、僅か一品一句づつ順番配信一巡を毎月繰り返すことで、無理なく28品全文をわずか1年で習得!ここだけの無料法華経メールマガジン!

メルマガ情報

創刊日:2015-03-02  
最終発行日:2018-02-22  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

2月22日号 是の如き等の菩薩摩訶薩八萬人倶なり 【徳行品第一】その三

2018/02/22

2月22日号 是の如き等の菩薩摩訶薩八萬人倶なり 【徳行品第一】その三
 
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
 
 お釈迦さまの無量義(法華経の入り口)Vol.3     

  〜『ぶっけんの毎日ホッ法華経!』
     の無量義経版(臨時メルマガ)〜

著者ホームページ:
http://jouan167.jimdo.com/
著者:
ぶっけん Ltd. Consultant安田和正
  
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
 
このメルマガは、「ぶっけんの毎日ホッ法華経!」の毎月の法華経28品のうち、早く終了した品に対する
補足版として、三部経のうち法華経の前に示されている無量義経の解説を、終了したその品の月の発行日に
臨時に発行するものです。
 
法華経28品の中で一番経文が短い属累品第二十二にはお釈迦さまに指導を受けてきた菩薩たちの中からそ
のままお釈迦さまに追随すると見なされる者たちが、一旦法華経から選出され、お釈迦さまと共に無量義経
への囑累に移行します。
 
無量義経とは法華経の出口、或いは入口だと考え、この無量義経を法華経の落ちこぼれ再教化対策と考える
か、或いは釈迦如来の法の中でその戦略を共にする優秀な戦士たちなのか、それらの考えは無量の義がある
ということです。
 
ですから、この無量義経は佛中心に戦う者の為の独立したお経とも考えられます。
私はこの無量義経を義の法門と呼び、さらに事の法門として法華経があると考えます。
 
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
 
 

■第10-22日 Vol.3
 
 是の如き等の菩薩摩訶薩八萬人倶なり
 
  【徳行品第一】
  (七〜十三行)

■■義の一法
 
 
 其の菩薩の名を、文殊師利法王子・大威徳藏法王子・無憂藏法王子・大辯藏法王子・彌勒菩薩・導首菩薩
 
 
 ・藥王菩薩・藥上菩薩・華幢菩薩・華光幢菩薩・陀羅尼自在王菩薩・観世音菩薩・大勢至菩薩・常精進菩
 
 
 薩・寶印首菩薩・寶積菩薩・寶杖菩薩・越三界菩薩・毘摩跋羅菩薩・香象菩薩・大香象菩薩・師子吼王菩
 
 
 薩・師子遊戲世菩薩・獅子奮迅菩薩・師子精進菩薩・勇鋭力菩薩・師子威猛伏菩薩・莊嚴菩薩・大莊嚴菩
 
 
 薩という。是の如き等の菩薩摩訶薩八萬人倶なり。
  
  
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
_______________________
 
  1. 義 の 解 読 !  (苦)
_______________________
 
その菩薩の名を、文殊師利法王子・大威徳藏法王子・無憂藏法王子・大辯藏法王子・彌勒菩薩・導首菩薩・
 
藥王菩薩・藥上菩薩・華幢菩薩・華光幢菩薩・陀羅尼自在王菩薩・観世音菩薩・大勢至菩薩・常精進菩薩・
 
寶印首菩薩・寶積菩薩・寶杖菩薩・越三界菩薩・毘摩跋羅菩薩・香象菩薩・大香象菩薩・師子吼王菩薩・師
 
子遊戲世菩薩・獅子奮迅菩薩・師子精進菩薩・勇鋭力菩薩・師子威猛伏菩薩・莊嚴菩薩・大莊嚴菩薩という
 
。以上の者等の菩薩摩訶薩の八万人が伴なっている。
       
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
_______________________
 
  2. 義 の 説 法 !  (集)
_______________________
 
今回も法華経序品第一の最初の部分と比較してみる。
 
菩薩摩訶薩の八万人が伴なっているのは同じである。
この徳行品に於いて名の挙っている菩薩29名は、序品第一では11名減って、18名になっている。
 
比較してみれば、徳行品では文殊師利法王子を筆頭としていることが、序品に於ても同じく筆頭は文殊師利
菩薩だが、法王子と菩薩との違いが現れている。
 
その他に同じく挙っている菩薩は、弥勒菩薩、薬王菩薩、観世音菩薩、常精進菩薩、寶積菩薩、越三界菩薩
の6名である。
 
その他では似ている名は、導首菩薩と導師菩薩、大勢至菩薩と得大勢菩薩、寶杖菩薩と寶掌菩薩、毘摩跋羅
菩薩と跋陀婆羅菩薩、勇鋭力菩薩と勇施菩薩の5名である。
 
なお、毘摩跋羅菩薩と思われる序品の跋陀婆羅菩薩は、常不軽菩薩品第二十にある、かつて常不軽菩薩を輕
賤して地獄に一旦落ちた当時比丘の一人だった者であり、その後、常不軽菩薩の教化を受けた中で菩薩に成
れた五百人のうちの一人でもある。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
_______________________
 
  3. 義 の 解 法 !   (滅)
_______________________
 
   
無量義その5:
跋陀婆羅等の五百人の菩薩に弥勒菩薩の他、多くも含まれている可能性が有る。
 
   
無量義その6:
過去に罪有っても菩薩に成れる。
 
   
無量義その7:
法王子とは有を破する法王の実子と考えられ、法王から出家してから菩薩修行の道に入る者と思われる。
 
 
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 
 
今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。
末永くご愛読いただけますよう、今後とも何とぞよろしくお願いいたします。
 
☆ 明日からの再び『ぶっけんの毎日ホッ法華経!』をお楽しみください!
 
 (ぶっけん)
   
  
 ご予告: 明23日AM6時発行の
     『ぶっけんの毎日ホッ法華経!』は、
 
〜八萬四千の寶瓶を作り、八萬四千の塔を起てる〜
 
【薬王菩薩本事品第二十三】(五十七〜六十三行)
 
 です。 乞うご期待! 
  
  
☆彡<<<<<<<<明日の品>>>>>>>>ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha1023/
 

最新のコメント

  • コメントはありません。