名言

(日刊)ラッセルの言葉366_カレンダー版

英国の哲学者バートランド・ラッセル(Bertrand Russell, 1872- 1970)の名言・警句を毎朝お届けするメルマガです。
読者と一緒に育てていきたいと思っています.


全て表示する >

ラッセル『結婚論』第十一章 売春 n.3 

2018/07/09

 ラッセル『結婚論』第十一章 売春 n.3: 宗教的売春

 売春は,現在のように(that it has become),つねに軽蔑され,秘密にされ
ていたわけではない。実際,売春(制度)の起源は,この上もなく(as could
 be)高尚なものであった。元来,売春婦(娼婦)は,神(注:男性神あるいは
雌雄のない神)あるいは女神(godess)に身をささげた(献身的な)尼僧であ
った。そして,行きずりの旅人に奉仕することは,礼拝行為を行うことであっ
た(行うことに他ならなかった)。当時,売春婦(娼婦)は敬意をもって扱わ
れ,男性たちは売春婦(娼婦)を利用しながら彼女たちを讃えていた。キリス
ト教の教父たちは,多くのページを割いてこの制度は,異教徒の信仰の好色性
と悪魔の策略に由来することを示している,と言って,罵り言葉(invectives)
をあびせて非難した。寺院は閉鎖され,売春は至るところで,すでに多くの場
所でそうなっていたもの,すなわち,利益(金儲け)のために経営される商業
化された施設になった。もちろん,,それは売春婦(娼婦)の利益ではなく,
売春婦(娼婦)を事実上の奴隷にしている者たちの利益であった。というのも
,かなり最近まで,現在では通例(rule 原則)になっている独立した売春婦
(娼婦)は例外であり,大多数の者は,売春宿(brothels)や浴場やその他の
評判の悪い施設(institutions of ill-frame)にいたからである。インドに
おいては,宗教的売春から商業的売春への遷移は,まだ,完了していない。
『母なるインド』の著者キャサリーン・メイヨーは,かの国(インド)を告発
する理由の一つとして,宗教的売春の残存を挙げている。

Prostitution was not always the despised and hidden thing that it has
 become. Its origin, indeed, is as lofty as could be. Originally the 
prostitute was a priestess dedicated to a god or a goddess, and in 
serving the passing stranger she was performing an act of worship. 
In those days she was treated with respect, and while men used her 
they honoured her. The Christian Fathers filled many pages with 
invectives against this system, which, they said, showed the 
lasciviousness of the Pagan worship and its origin in the wiles of
 Satan. The temples were closed, and prostitution became everywhere
 what it had already become in many places, a commercialized 
institution run for profit - not, of course, for the profit of the
 prostitutes, but of those whose virtual slaves they were, for
 until fairly recent times the individual prostitute, who is now the
 rule, was a rare exception, and the great majority were in brothels
 or baths or other institutions of ill-fame. In India the transition
 from religious to commercial prostitution is not yet quite complete.
 Katherine Mayo, the author of Mother India, adduces the survival of
 religious prostitution as one of the counts of her indictment against
 that country.
 出典: Marriage and Morals, 1929.
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM11-030.HTM

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-12-19  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。