名言

(日刊)ラッセルの言葉366_カレンダー版

英国の哲学者バートランド・ラッセル(Bertrand Russell, 1872- 1970)の名言・警句を毎朝お届けするメルマガです。
読者と一緒に育てていきたいと思っています.


全て表示する >

「精神」も「物質」も(物も心も)ともに幻想である

2018/01/26

 プラトンは −宗教によって補強されて− 既知の世界を精神と物質(注:日
本語では,「心と物」ではなく,通常,「物と心」と,逆の順番)という二つの
カテゴリーに区分(分割)することを人類に受け入れさせてきた。物理学と心
理学は,ともにこの二分法(dichotomy)に疑問を投げかけ始めている。物質(も
の)は,(ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』に登場する)チェシャ猫の
ように次第に透明になり,ついには、多分,そこにいまだ存在していると考え
ている人たちの楽しみに起因している(楽しみをなくさないために)(つまり
想像上の)(歯を見せた)ニヤ笑いしか残されていないように思われ始めている
。一方,精神(こころ)は,脳外科及び戦争によって与えられた,大脳組織に入
り込んだ弾丸の影響を研究する幸運な機会,がもたらした影響の下,次第次第
に,ある種の生理学的状況のとるに足らない副産物のようなものに思われるよ
うになってきた。この見方は,私生活が,どのようなものであれすべて,警察
の注意にさらされているかも知れないと恐れる人たちを悩ます,内観に対する
病的な恐怖によって強められてきている。(注:警察に捕まって,大脳の脳波
を調べられたら何を考えているか,また,過去記憶をすべて科学警察に知られ
てしまうかも知れない,という妄想))このようにして,ハムレットとレアー
ティーズの決闘の一つを思い出させるような,奇妙に矛盾した境遇(立場)の
なかに我々はいるのである。そこにおいては,物理学の研究者(注:みすず書
房版の中村訳では,student がなんと「学生」と訳されている!)が観念論者
になったが,一方,多くの心理学者たちは唯物主義者になる瀬戸際にいるので
ある。もちろん,本当のところは,精神も物質も(物も心も)ともに幻想である
。物質を研究する物理学者は,この事実(物質は幻想であること)を物質につい
て発見し,精神を研究する心理学者(注:お粗末にも,中村訳では「生理学者」
と訳されている!)は,この事実(精神は幻想であること)を精神において発
見している。しかし,(物理学者も心理学者も)どちらの研究者も,他の研究
主題(注:物理学者にとっては精神,心理学者にとっては物質)については,
いくらか確固たるものがあるに違いないと確信し続けている。
 私がこのエッセイ(小論)でやりたいことは,精神と大脳との関係を(精神
と物質)どちらの存在も含まない(前提としない)言葉で述べなおすことであ
る。

Plato, reinforced by religion, has led mankind to accept the division 
of the known world into two categories mind and matter. Physics and 
psychology alike have begun to throw doubt on this dichotomy. It has
 begun to seem that matter, like the Cheshire Cat, is becoming 
gradually diaphanous until nothing of it is left but the grin, caused,
 presumably, by amusement at those who still think it is there. Mind,
 on the other hand, under the influence of brain surgery and of the 
fortunate opportunities provided by war for studying the effects of
 bullets embedded in cerebral tissue, has begun to appear more and 
more as a trivial by-product of certain kinds of physiological 
circumstances. This view has been reinforced by the morbid horror of
 introspection which besets those who fear that a private life, of no
 matter what kind, may expose them to the attentions of the police. 
We have thus a curiously paradoxical situation, reminding one of the
 duel between Hamlet and Laertes, in which students of physics have 
become idealists, while many psychologists are on the verge of 
materialism. The truth is, of course, that mind and matter are, alike,
 illusions. Physicists, who study matter, discover this fact about
 matter, psychologists, who study mind, discover this fact about mind.
 But each remains convinced that the other's subject of study must 
have some solidity. What I wish to do in this essay is to restate the
 relations of mind and brain in terms not implying the existence of 
either. 
 出典:Bertrand Russell : Mind and Matter (1950?)
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/19501110_Mind-Matter010.HTM

 <寸言>
 精神も物質も実体のない幻想であろうが、もちろん、個人の人間は、自分が
生きている間はそのように思うことはできない。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-12-19  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。