名言

(日刊)ラッセルの言葉366_カレンダー版

英国の哲学者バートランド・ラッセル(Bertrand Russell, 1872- 1970)の名言・警句を毎朝お届けするメルマガです。
読者と一緒に育てていきたいと思っています.


全て表示する >

 言葉の二つの役割−「事実をのべること」と「感情を引き起こすこと」

2017/12/02

 言葉(words)には二つの役割(機能)がある。一方には事実をの述べること
であり,もう一方は感情(情緒)を引き起こすことである。後者の方がより古
くからある役割(機能)であり,言語(の出現)に先行する叫び声によって動
物の間でなされた(使われた)ものである。野蛮(時代)から文明への移行に
おいて最も重要な要素の一つは,(他人を)刺激するためよりも(物事を)指
示するために言葉を使うことが増えることであるが,政治においては,この方
向へはほとんど(努力が)何もなされなかった。(たとえば)私がハンガリー
の面積はかくかくだと言えば,純粋に情報を与えるための陳述をしているので
あるが,ソヴュト・ロシアの領域は地球の陸地の表面積の1/6である(を占
めている)と言うとき,命題は主として感情的(情緒的)である(ことになる)。

Words have two functions: on the one hand to state facts, and on the 
other to evoke emotions. The latter is their older function, and is 
performed among animals by cries which antedate language. One of the 
most important elements in the transition from barbarism to 
civilization is the increasing use of words to indicate rather than to
 excite, but in politics little has been done in this direction. If I
 say the area of Hungary is so many square kilometers, I am making a 
purely informative statement, but when I say that the area of the 
U.S.S.R. is one sixth of the land surface of the globe, my statement 
is mainly emotional. 
 出典: A Plea for Clear Thinking(1947)
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/0868_PfCT-010.HTM

 <寸言>
 つまり、国民に情報を公開し説明して納得させるよりも、国民に特定の感情
を引き起こすことを優先する政治家などは「野蛮」ということ。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-12-19  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。