名言

(日刊)ラッセルの言葉366_カレンダー版

英国の哲学者バートランド・ラッセル(Bertrand Russell, 1872- 1970)の名言・警句を毎朝お届けするメルマガです。
読者と一緒に育てていきたいと思っています.


全て表示する >

自分の情熱という歪んだ媒介物を通して事実を見る

2017/11/11

 けれども(知識の)包括性(comprehensiveness)だけでは知恵を構成するに十分
ではない。そこには人生の目的に対する一定の自覚もなければならない。この
ことは,歴史を研究することによって例示されよう。多くの著名な歴史家は,
自らの情熱というゆがんだ媒介物を通して事実を見ることによって,益よりも
害を多くなしてきた。ヘーゲルは(知識の)包括性の欠如によって傷つくことが
まったくない歴史哲学をもっていた。なぜなら,ヘーゲルの歴史哲学は太古の
時代から出発して不明確な未来にまで続いたものであったからである。しかし
,ヘーゲルが教えこもうとした歴史の主要な試練は,西歴紀元四百年からドイ
ツがもっとも重要な国家であり世界における進歩の旗手であった彼が生きてい
た時代までのことであった(注:つまり,ドイツが世界をリードする最重要な
国であるという前提でしか歴史を考えなかった,ということ)。おそらく,知
恵を形づくっている包括性を,知性だけでなく感性も含めるように拡張するこ
とはできるであろう。知識は広いが感情は狭い人間をみつけるのは決して稀な
ことではない。このような人は私の言うところの知恵に欠けているのである。

Comprehensiveness alone, however, is not enough to constitute wisdom.
 There must be, also, a certain awareness of the ends of human life. 
This may be illustrated by the study of history. Many eminent 
historians have done more harm than good because they viewed facts 
through the distorting medium of their own passions. Hegel had a 
philosophy of history which did not suffer from any lack of 
comprehensiveness, since it started from the earliest times and 
continued into an indefinite future. But the chief lesson of history
 which he sought to inculcate was that from the year 400AD down to his
 own time Germany had been the most important nation and the 
standard-bearer of progress in the world. Perhaps one could stretch 
the comprehensiveness that constitutes wisdom to include not only 
intellect but also feeling. It is by no means uncommon to find men 
whose knowledge is wide but whose feelings are narrow. Such men lack
 what I call wisdom.
 出典: Knowledge and Wisdom (1952).
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1073_KW-020.HTM

 <寸言>
 自国を特別視するような歴史哲学や歴史観はゆがんだものであり、事実や真
実を偏見なしでみることはできない。従って,歴史の教科書は,国際的な委員
会を作って編纂したほうがよい。そういった客観的な世界史のなかに位置づけ
て、各国が地域史として自国の歴史をまとめるとよいであろう。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-12-19  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。