名言

(日刊)ラッセルの言葉366_カレンダー版

英国の哲学者バートランド・ラッセル(Bertrand Russell, 1872- 1970)の名言・警句を毎朝お届けするメルマガです。
読者と一緒に育てていきたいと思っています.


全て表示する >

残酷な行為を正当化する意見は残酷な衝動によって吹き込まれる

2017/06/07

 残酷な行為を正当化する意見は残酷な衝動によって吹き込まれる(引き起こ
される),という主張(thesis 命題)を支持する事例を(さらに)たくさんあげ
ることは容易であろう。現在では馬鹿げていると認識されている昔のいろいろ
な見解を再考してみると,十中八九,それらが,苦しみを加えることを正当化
するような見解であることがわかるであろう。たとえば,医療行為(診療行為)
の例をとってみよう。
(注:安藤訳では medical practice を「医師の慣行」と訳している。これは
「医師の行為」即ち,医療行為(診療行為)が適訳であろう)。
 麻酔剤(anethetics)が発明された時,それは神の意向を妨害する試みなの
で邪悪である,と考えられた。また狂気は悪魔がとりついたせいだと考えられ
,狂人の心に住みついた悪魔は,狂人に苦痛を加えて悪魔の居心地を悪くさせ
ることによって追い出すことができる,と信じられていた。このような見解が
追求され,狂人たちは長い間引き続き(on end),組織的かつ'良心的な'残忍
さをもって扱われたのである。誤った医学的治療(法)で,患者にとって不快
であるよりむしろ快適だった,というような事例を,私は一つとして考えつく
ことができない。あるいはまた,道徳教育の例をとってみよう。次の詩によっ
て,これまでどれだけ多くの残忍な行為が正当化されてきたかを考えてみよう。

 犬や女房やクルミの樹は,
 打てば打つほど良くなる

 クルミの樹を鞭打つことによる道徳的効果について,私はまったく経験した
ことはない。しかし,文明人であるならば,この詩の妻に関するところを正当
化する人は一人もいないであろう。罰による改善効果は,なかなか消えてなく
ならない信念であるが、その主な理由は,罰することがわれわれのサディズム
的衝動を非常に満足させる,ということにある,と私は考える。

It would be easy to multiply instances in support of the thesis that 
opinions which justify cruelty are inspired by cruel impulses. When we
 pass in review the opinions of former times which are now recognized 
as absurd, it will be found that nine times out of ten they were such 
as to justify the infliction of suffering. Take, for instance, medical
 practice. When anesthetics were invented they were thought to be 
wicked as being an attempt to thwart God's will. Insanity was thought
 to be due to diabolic possession, and it was believed that demons 
inhabiting a madman could be driven out by inflicting pain upon him,
 and so making them uncomfortable. In pursuit of this opinion, 
lunatics were treated for years on end with systematic and 
conscientious brutality. I cannot think of any instance of an 
erroneous medical treatment that was agreeable rather than 
disagreeable to the patient. Or again, take moral education. Consider
 how much brutality has been justified by the rhyme:

A dog, a wife, and a walnut tree,
The more you beat them the better they be.

I have no experience of the moral effect of flagellation on walnut 
trees, but no civilized person would now justify the rhyme as regards
 wives. The reformative effect of punishment is a belief that dies 
hard, chiefly I think, because it is so satisfying to our sadistic 
impulses.
 出典:Bertrand Russell: Ideas That Have Harmed Mankind,1946.
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/0861HARM-030.HTM

 <寸言>
 安倍一強を背景に,いかに多くの政治家や御用評論家等が自分たちが気に入
らない多くの人々に迫害を行ってきたことか・・・。その心理や真理がラッセ
ルの言葉でよくわかる。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-12-19  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。