名言

(日刊)ラッセルの言葉366_カレンダー版

英国の哲学者バートランド・ラッセル(Bertrand Russell, 1872- 1970)の名言・警句を毎朝お届けするメルマガです。
読者と一緒に育てていきたいと思っています.


全て表示する >

証拠がなくても信じてしまう? ー 思い込みは冤罪発生の原因の一つ

2017/03/23

 隣人の犯した罪は,宗教の慰めと同様,(噂話の種としては)とても心地よいも
のなので,私たちは立ち止まって,その証拠を詳しく吟味するようなことはしな
い。

Our neighbour's sins, like the consolations of religion, are so 
agreeable that we do not stop to scrutinize the evidence closely. 
 出典: On Education, especially in early childhood, 1926, chap. 1: 
          Postulates of Modern Educational Theory
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE02-190.HTM

 <寸言>
 冤罪(えんざい)がなくならない原因の一つ。思い込み,先入観、悪い人間
を罰したいという強い感情。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-12-19  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。