名言

(日刊)ラッセルの言葉366_カレンダー版

英国の哲学者バートランド・ラッセル(Bertrand Russell, 1872- 1970)の名言・警句を毎朝お届けするメルマガです。
読者と一緒に育てていきたいと思っています.


全て表示する >

 知性よりも激情に従うほうが楽なので・・・

2017/03/02

 ほとんどの人は自分の知性よりも激情に従う方が楽だと考える。しかし,
もしもその罰としての結果が飢餓であれば,我々(彼らも)もやがては合理的
であることを受け入れるであろう。普遍的繁栄の条件は極めて単純で周知の
ことであるが,それには我々のものの感じ方の習慣の変更が必要である。それ
ゆえ,世界大恐慌の教訓が人間の心の奥底に深く沈殿した時(例:1929年世界
大恐慌直後)にのみ,採用されることだろう。 

Most people find it pleasanter to follow their passions rather than 
their intelligence, but when the penalty is starvation, they will, in
 the long run, submit to being reasonable. The conditions of universal
 prosperity are quite simple and well known, but they involve changes
 in our habits of feeling, and will, therefore, only be adopted when
 the lessons of the Depression have sunk deep into men's minds.
 出典:Bertrand Russell: The consolations of history, Feb. 22 1933.
          In: Mortals and Others, v.1 (1975)
 詳細情報:http://russell-j.com/REK-NAGU.HTM

 <寸言> 
 リーマン・ショック,サブプライムローンの破綻など,米国では数年に1度
,大きな経済破綻が起こることが当たり前のことになってしまっている。景気
が一見よいように見えて,ある日突然歯車が狂って,経済恐慌が起こってしま
う。

 次は中国のバブルが崩壊するのではないかと言われている。現在の中国経済
は世界経済にしっかり組み込まれているので,中国バブルがはじけた場合には
,リーマン・ショックどころではない影響が世界中に及ぶと言われている。
 しかし人々はうっすら不安をかかえながらも,実体経済がそれほどよくない
のに(また実質賃金が減り続けているのに)、株があがったと喜び,今のうち
に株で儲けよう,バブルがはじける直前に売り抜けようと,浅ましい気持ちで
株価の変動に一喜一憂している。政府も自作自演で株価を高騰に導こうと,博
打的な手を打ち(政府から独立しているはずの日銀などを介し,また巨額の年
金資金を株の購入に費やし) ,国民をごまかそうとしている。・・・。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-12-19  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。