名言

(日刊)ラッセルの言葉366_カレンダー版

英国の哲学者バートランド・ラッセル(Bertrand Russell, 1872- 1970)の名言・警句を毎朝お届けするメルマガです。
読者と一緒に育てていきたいと思っています.


全て表示する >

 (◯)自画像をたくさん持っていたほうがよい− (×)一枚の自画像

2017/02/14

 思うに,教養ある男女は皆それぞれ自画像を持っていて,この自画像をスポイ
ルするように思われる何らかの事態が偶然生じると傷つけられるようである。
最善の治療法'は,一枚の絵(自画像)だけでなく,画廊全体を所有しておき,問
題の事件に適切な'自画像'を選び出すことである。それらの肖像画のなかの何
枚かがこっけいなものであると,ますますよい。
Every civilised man or woman has, I suppose, some picture of himself 
or herself and is annoyed when anything happens that seems to spoil 
this picture. The best cure is to have not only one picture, but a 
whole gallery, and to select the one appropriate to the incident in 
question. If some of the portraits are a trifle laughable, so much the
 better;...
 出典: The Conquest of Happiness, 1930, chap. 16: Effort and 
Resignation.
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/HA27-050.HTM

 <寸言>
 自分で自分のことが全て見えているわけではない。自分は自画像はひとつだ
と思っているが,そうではない。自分のことについて他人はいろいろな他画像
?を持って,思いがけない指摘を受けると,ビックリし,喜んだり怒ったりする
。そういった他人に映った自分の姿は間違っているとはいえず,それらのいく
つかを自画像として持っていたほうが,人間の幅ができてよいだろう。
 
  他人(ひと)の振り見て我が振り直せ
  One man's fault is another's lesson

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-12-19  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。