名言

(日刊)ラッセルの言葉366_カレンダー版

英国の哲学者バートランド・ラッセル(Bertrand Russell, 1872- 1970)の名言・警句を毎朝お届けするメルマガです。
読者と一緒に育てていきたいと思っています.


全て表示する >

繊細な感受性は「競争におけるハンディキャップ?」

2017/01/21

 若者の精神を形成する影響力のある大部分のもの(人やメディア)によって
,金銭面での成功の理想像が若者の前に示される。映画では,若者たちは贅沢
を表現したものを見る。金持ちは大理石の大広間を持っており,大広間には華
麗な衣装をまとった美女が集まっている。映画の主人公は,たいてい,最後に
は成功した階級の仲間入りを成就する。芸術家でさえ,稼いだ金額で判断され
るようになる。金銭で計れない価値は,見下されるようになる。あらゆる感受
性は,競争におけるハンディキャップであるため,失敗の烙印(焼印)と見な
される。

The ideal of financial success is set before the young by most of the
 influences that form their minds. In the cinema they see 
representations of luxury, where plutocrats own marble halls and 
beautiful ladies in splendid dresses. The hero generally succeeds, 
in the end, in belonging to this successful class. Even artists come
 to be judged by the amount of money they make. Merit not measured in
 money comes to be despised. Every kind of sensitiveness, being a
 handicap in the struggle, is regarded as a stigma of failure.
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ集』の中の「希望と恐怖」
 http://russell-j.com/HOPEFEAR.HTM
 
 <寸言>
 知性や感性よりも「意志の力」が重視され,あらゆるものが,金銭の尺度では
かられる現代世界・・・。

 最近の日本の若い人は無駄使いしない人が増えているとのことで,その点は
高度成長期の少し傲慢な大人よりはまともだと思われる。ただし,政治におい
ては保守党や保守主義を支持する若者が多いようであり,ジャーナリズムやマ
スコミの権力に対する弱腰(批判精神の欠如)に危機感を覚えていないのは残
念というか,なげかわしい。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-12-19  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。