名言

(日刊)ラッセルの言葉366_カレンダー版

英国の哲学者バートランド・ラッセル(Bertrand Russell, 1872- 1970)の名言・警句を毎朝お届けするメルマガです。
読者と一緒に育てていきたいと思っています.


全て表示する >

広大な風景に接することで幸福を感じるラッセル

2017/01/15

 私は広大な地平線や視界を遮るものがない日没の光景を見慣れて成長した。
そのため,それ以来ずっと,その両方なしではけっして幸福に暮らすことはでき
なかった。

I grew accustomed to wide horizons and to an unimpeded view of the 
sunset. And I have never since been able to live happily without both.
 出典: The Autobiography of Bertrand Russell, v.1, chap. 1, 1967
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/AB11-040.HTM

 <寸言>
 ラッセルは田舎が好きだったが,それは祖父の屋敷であるペンブローク・ロ
ッジでの暮らしによって培われたものと思われる。ペンブローク・ロッジには
11エーカに庭がついており、その西側から(現在のヒースロー空港に向けて)
広大な景色が望めた。Beacon Hill School(ラッセルが一時期経営した幼児学
校)からも,ラッセルが晩年に住んだ自宅(Pras Penrhyn)からも広大な景色
が望めた。贅沢な望みだとも言えるが・・・。
 2枚の広大な風景を臨む写真をご覧ください。

1)ラッセルが3歳から18歳まですんだ屋敷(Pembroke Lodge)の庭から西側
(ヒースロー空港側)を臨む
    http://russell-j.com/cool/MATU04.HTM

2)晩年に住んだ北ウェールズの自宅(Plas Penryhn)の庭から西側(ポートマ
ドック方面)を臨む
 http://russell-j.com/cool/MAKINO05.HTM

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-12-19  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。