名言

(日刊)ラッセルの言葉366_カレンダー版

英国の哲学者バートランド・ラッセル(Bertrand Russell, 1872- 1970)の名言・警句を毎朝お届けするメルマガです。
読者と一緒に育てていきたいと思っています.


全て表示する >

積極的意見を持っている世界の指導者は愚か者ばかり?

2017/01/04

 現代(=第二次世界大戦前夜の1930年代)においては,積極的意見の持主は,
非常に愚かなために自分の意見が馬鹿らしいものであってもそのことに気づく
ことのできない愚かな人々だけである。その結果,世界は愚者によって支配さ
れ,国際会議でも知性のある者の発言は,何の重みも持たない。この状態が今後
も継続するならば,世界はますます取り返しのつかない不幸に落ち込むに違い
ない。
The only people left with positive opinions are those who are too 
stupid to know when their opinions are absurd. Consequently the world
 is ruled by fools, and the intelligent count for nothing in the 
councils of the nations.
This state of affairs, if it continues, must plunge the world more and
 more deeply into misfortune
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ集』中の「不確実性の時代(現代)」
 詳細情報:http://russell-j.com/MODERN-U.HTM

 <寸言>
 権力を持っていない人間であれば多少愚かであっても,他者に広範な被害をも
たらすことがないので,恐れることはありません。しかし,自分の愚かさに気づ
かない人間が権力を握ると,権力が増大すればするほど側近は諫言することが
なくなり,権力者は裸の王様になり,社会に大きな被害をもたらすまで,事が進
行してしまいます。現代も1930年代と同様な状況でなければよいですが・・。
 もう一度大災害(東京直下型大地震,南海トラフ大地震,富士山の大噴火,再
稼働する原発や日本がトルコなど海外に売り込む原発の大事故,中国との軍事
衝突など)がおこらない限り,「前向きに」,「未来思考を」,という掛け声ば
かりで,真剣な対応をとらずに,事態だけが進行していくような気がします。

 ラッセル曰く
  All movements go too far.
   物事は全て行き過ぎるものである。
  (行き過ぎて始めて,事の善し悪しがわかり,反省する。)

<a  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01N7MJM8S/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B01N7MJM8S&linkCode=as2&tag=russellj-22">松下彰良(編著)『ラッセルの言葉−ユーモア,ウィット,皮肉,毒舌』</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=russellj-22&l=as2&o=9&a=B01N7MJM8S" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-12-19  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。