マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/11/30

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【発想法・アイディア術】アイディアを出し続ける
http://sarahin.seesaa.net/article/400596348.html
かの大天才アインシュタインは次のように言っていたそうです。
「私は何ヶ月も何年も考える。100回中99回は間違えるが、100回中
1回は私が正しい」アインシュタインがそうであったように、誰も
がいきなり「イノべーションをおこすようなアイデア」を思...

●【面接技術】中途採用面接:コミュニケーション力があります
http://sarahin.seesaa.net/article/401601533.html
来年度に向けて、いろいろな方との中途採用面接をまたぞろやって
ます。ただ、やっぱり中途採用となると、ある程度の実力を要求し
ますので、なかなかOK=採用にはならないのが実情。部門としては
一人でも部下が多く欲しいのですが(それだけ職域が広がります...

●【PCアプリ】Gmailのデータベース化
http://sarahin.seesaa.net/article/252909182.html
これは多くの人がもうやっているのかもしれませんが、Gmailの検
索機能は非常に高速でかんたん。また、容量が10Gもあるので、実
際に全部使いきるのは非常には大変なくらいです。まず、自分宛の
メールを自動転送するように設定しておきます。これはアウ...

●【心理技術】疲れてきたら「いつもの」にする
http://sarahin.seesaa.net/article/446821870.html
「ちょっとストレスが溜まってきているな?」と思ったら、考える
のをやめてみると、ちょっと楽になります...

●【知的生産術】フレームワークに頼ってはいけない
http://saracompass.seesaa.net/article/404609043.html
フレームワークは仕事のやり方を効率的にしてくれる側面も有りま
すが、一方でそれに縛られると逆効果のこともあります。サラリー
マンとして戦略に関わる部門ではないのなら、最初に学ばないとい
けないのは「思考フレームワーク」。ただし「守破離」の「守」の
一環として仕事の効率化の知識のひとつにしておきましょう。...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●分からないことを聞かれたら!)!)学びのチャンスを逃してませんか
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1210/29/news010.html

●App Store/Google Playで見つけたアプリをブックマークする
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1206/25/news050.html

●禅の言葉:「和顔愛語」仕事で挫折した心を支え、夫婦円満を保つための秘訣
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/407222/050800006/?ml
仕事で挫折した場合、どうすれば夫婦円満を保つことができるのか。
「和顔愛語」(わげんあいご)という禅語があります。常日頃から
柔らかい笑顔で、心のこもった穏やかな言葉遣いで人と接すること
を心掛ければ、気持ちは自然と和らいでいく、という意味です。

●こんな理不尽な仕組みを受け入れることができるのか
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120717/316160/


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■お子様上司の時代
自分語りが多い、メンツが何より大事……未成熟な上司の心理構造
を分析。

傷つきやすい上司、権利意識が高い若手社員……どうすれば上司!)
部下コミュニケーションの困難は打開できるのか。『「上から目線」
の構造』著者が現代に適切なマネジメントについて、心理学的見地
から解決法を説く。


◆アマゾンで見る
お子様上司の時代
http://www.amazon.co.jp/dp/4532262178/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
お子様上司の時代
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784532262174%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
お子様上司の時代
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32979021/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・コーチングの罠
http://sarahin.seesaa.net/article/381038600.html

・仕事で使える心理学3:ポイント抜粋!)リーダーにとって必要なこと
http://sarahin.seesaa.net/article/452993391.html

・仕事で使える心理学2:ポイント抜粋!)判断に影響する心理
http://sarahin.seesaa.net/article/452993311.html

・仕事で使える心理学1:詳細目次
http://sarahin.seesaa.net/article/452993212.html

・合意したけど賛成してない!)結論は他人の物
http://sarahin.seesaa.net/article/444369227.html

・お子様上司の時代
http://sarahin.seesaa.net/article/379879345.html

・問題発見力養成講座:システムシンキングの6つのメリット3
http://saracompass.seesaa.net/article/443214591.html

・問題発見力養成講座:階層を意識してレバレッジポイントを見つける1
http://saracompass.seesaa.net/article/443028425.html

・コーチングの引き出す質問を使ってはいけない
http://saracompass.seesaa.net/article/439862142.html

・多重人格者になる
http://saracompass.seesaa.net/article/427201530.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。