マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/11/26

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【PCアプリ】EXCELグラフを綺麗に見せるワザ2:オリジナルマーカーを加える
http://sarahin.seesaa.net/article/419441902.html
Excelグラフのマーカーを変えるExcel のマーカーというのは、>に
あるみたいな、やの点のことです。エクセルのグラフはマーカーの
形状は「、、、、、、、、*、X、+、-、-」を選べます。これを、
ちょっと変えて、「」なんかにするとちょっと目...

●【PCアプリ】エクスプローラで所定のフォルダを開く
http://sarahin.seesaa.net/article/408946842.html
PCを使っていると、エクスプローラを立ちあげて、そのフォルダの
ファイルを操作するという事がよくありますよね。Windowsの場合、
Win + Eでエクスプローラが立ち上がるので、これおぼえておくと
便利です。特定のフォルダをすぐに表示するしか...

●【巨人たちの言葉】人を動かす:人を説得する原則1:議論に勝つ唯一の方法として議論を避ける
http://saracompass.seesaa.net/article/446159522.html
だれかと議論になりかけたら、この言葉を思い出すようにしていま
す。「議論に勝つ方法は議論しないこと」。...

●【PCアプリ】リボンのショートカットキー
http://sarahin.seesaa.net/article/381648469.html
ご存じのとおりWindows 8のエクスプローラーやMicrosoft Office
(マイクロソフトオフィス)は、メニューバーやツールバーの代わり
にリボンというUI(ユーザーインターフェース)を備えています。
普段はエクスプローラー上部に隠れ...

●【ヒント】できるかどうか試してみる
http://sarahin.seesaa.net/article/446712543.html
この「サラヒン」を始めてから5年、1200回超の記事を作りました。
やってみてわかったのは、「案ずるより産むが易し」ってこと...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●上司の失敗談から部下は多くを学ぶ
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/ishida_jun/040500009/?ml
あなたは自分の部下に対して、どのくらい自らの「失敗談」を話し
ているでしょうか。立派な成功談ばかり伝えて、失敗談を聞かせる
のを忘れていませんか?「部下になめられてしまいませんか?」な
どと心配をする上司もいますが、それは逆です。

●あなたの会社のダメな会議を撲滅する!
http://nkbp.jp/1M3eF4d
筆者は20年来、国内外企業や大学院で演習・事例研究型の能力開発
プログラムを開発し実施してきました。本連載では、その中から1
2プログラム計60スキルを、各スキル10分程度でセルフ・トレーニ
ング方式で身に付ける方法を紹介します。

●持続的成長企業になるためには「個人」より「チーム」を鍛えるべき
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20140704/405851/?mla
「人」の意識を変える「コーチング」ではなく、「チーム」そのも
のをダイナミックに変革する「チームコーチング」。米国や英国発
の新しい組織開発の手法が今、国内でも注目されている。その内容
や実績を専門家に聞いた。

●疲れていませんか? だったら、仕事を高密度化して残業を減らす習慣を試してください
http://www.lifehacker.jp/2016/09/160927_habit_overtime.html
ここまで、高密度化仕事術の3原則とツール、実践法をご紹介しま
したが、習慣として身に付けるためには、脳がいつも通りの行動だ
と認識するまで続けることが大切です。先にも述べましたが、最初
からすべてを完璧に行うのは難しいので、まずは最善主義でトライ
して ...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■できる人の要約力
必要な書類を短時間で読み込む、相手の言いたいことを端的にまと
める、本の内容を手早くつかむ......めまぐるしく変化するビジネ
スの世界で結果を出していくうえで、物事を「要約」し、それを的
確に説明できる力は、いまやビジネスパーソンに必須の能力といえ
ます。実際に、上司や部下、取引先とのコミュニケーションでも、
「相手の考えや言いたいことをつかみ、まとめ、言い換える能力」
の高低は、効率性・的確性に直結する重要スキルなのです。しかし
現実には、多くの人がそうした力を十分に持ちあわせておらず、ま
た、養成する教育もあまり行われてはいません。
そこで本書では、人材教育の現場で実際に使われている研修内容
なども豊富に取り入れつつ、現代人に求められる「要約力」を、
できるだけ平易に鍛え、身につけるための方法を紹介します。


◆アマゾンで見る
できる人の要約力
http://www.amazon.co.jp/dp/4806131822/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
できる人の要約力
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784806131823%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
できる人の要約力
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32155955/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・自己プレゼンの文章術2
http://sarahin.seesaa.net/article/410956137.html

・自己PR文で「思う」な
http://sarahin.seesaa.net/article/408548278.html

・昇進・昇格申告書:受け身表現を使うな
http://sarahin.seesaa.net/article/403826582.html

・できる人の要約力
http://sarahin.seesaa.net/article/302242488.html

・個人SWOTで未来を考える
http://saracompass.seesaa.net/article/412093070.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。