マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/11/13

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【お勧めの本】アイディアのある人ない人
http://sarahin.seesaa.net/article/232005882.html
 課題について、その原因や対策をいろいろ考えてみるけど、いい
 策が浮かばない、考えがまとまらない、みたいなときに、課題を
 10歩くらい下がってみると、「なんだそんなことだったんだ」と
 思えるようなものが見えてくることがあります。ちょっと煮詰まって...

●【巨人たちの言葉】習えば相遠し
http://saracompass.seesaa.net/article/402671129.html
子曰。性相近也。習相遠也。人間、生まれた時はそれほど差がある
わけではありません。そのあと何をどのように学んだかによって差
がでます。その結果は何十年後かに、埋められないような大きな差
になります。...

●【組織マネジメント】誰もやらない仕事は誰がやるべきか
http://saracompass.seesaa.net/article/424666348.html
複数人集まってプロジェクトチームを組むと、チームとしては必要
だけどだれもやらない仕事が出てきます。これは誰がやるべきでし
ょうか?メンバーとしてはやった方がいいと思える時は、これをう
まく活用して自分の存在感を高めることができます。...

●【時間術】移動時間の計画
http://sarahin.seesaa.net/article/359168045.html
会議が連続してある。13:00~14:00会議第4会議室14:00~15:00&t
imes;×会議本社会議室2こんな予定が書かれたスケジュール
帳に心当たりがありませんか?第4会議室から本社会議室2までは歩
いて5分。その上、会議は...

●【メモ術・ノート術】メモは簡潔がいい?詳細に書く?
http://sarahin.seesaa.net/article/430440589.html
 私の会社では、打ち合わせ中にノート(それもシステム手帳)にい
 ろいろ書き込みをしているひとが多いです。私のように A7 のリ
 ングファイルや小ぶりの付箋を使うのは少数派です。ノートのメ
 モは簡潔に書けない?私の勝手な持論ですが、ノート(手帳)に...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●50代ミドル社員、「希望」退職の先にある絶望
人生のターニングポイントは40歳
http://nkbp.jp/1OOek8t
大手企業の従業員たちが、“希望”という接頭語のついた退職をさ
せられている。子どもの教育費がかかる45歳以上のミドル社員たち
が、「悪いけど~、辞めてくれるかな?」的扱いを受け、退職を余
儀なくされたのだ。

●「部下はお客サマ?」 感情を切り売りする上司の憂苦
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20140701/405190/?mla
最近の上司のみなさんの、“部下サマ”への気の使いようは、半端
じゃないと感じることが多い。今は、中間管理職の“受難の時代”
だ。そこで今回は、「上司の感情労働」について、あれこれ考えて
みます。

●リーダーは「3回だけ」で勝負せよ!
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/407003/102800020/?ml
リーダーにとって「部下に任せる」ことは難しい。ベタでつくわけ
にもいかず、だからと言って放任主義でもトラブルが心配。そこで
アドバイスです。リーダーは「3回だけ」で勝負せよ!

●「できるメール分類の技」
http://kurakakeya.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/307-2008.html


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■青い象のことだけは考えないで
思考を変えれば、一瞬で幸せになれる。
満足したり、幸福を感じたりするのは、頭の中の状態に左右される。
あなたが何を考えるのかということが、健康や人生の充足感に決定
的な影響を与えるのだ。
本書であなたを“思考の世界"へと誘うのは、ドイツでマインド・
リーダーとして活躍するトルステン・ハーフェナーと、医師で健康
のエキスパートであるミヒャエル・シュピッツバートだ。
医学博士による思考についての医学的な考察とマインド・リーダー
の体験を組み合わせながら、思考を自由にするためのトリックやメ
ソッドを紹介する。


◆アマゾンで見る
青い象のことだけは考えないで
http://www.amazon.co.jp/dp/4763132148/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
青い象のことだけは考えないで
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784763132147%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
青い象のことだけは考えないで
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32869992/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・部下はストーリー分析で育成する
http://sarahin.seesaa.net/article/405016492.html

・面倒くさくする
http://sarahin.seesaa.net/article/397796414.html

・「しない」はできない
http://sarahin.seesaa.net/article/397797926.html

・アナログマーキング
http://sarahin.seesaa.net/article/380416413.html

・一歩前に踏み出す金言
http://sarahin.seesaa.net/article/372308081.html

・ミッションステートメントを作る
http://saracompass.seesaa.net/article/454158523.html

・「しない」はできない
http://saracompass.seesaa.net/article/437889340.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。