マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/10/31

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【仕事術】忘れた名前のごまかし方
http://sarahin.seesaa.net/article/331581866.html
「え~っと、この人なんて人だったっけ…」「あれ、名前が出てこ
ない…」なんていうことありませんか。私はしょっちゅうです。名
前の聞き出し方一度お互いに自己紹介したのに、ふと別のことを考
えた隙に名前を忘れてしまったり、2回めにあったのに名前を思い...

●【ビジネス書】自分を変える教室1
http://sarahin.seesaa.net/article/394524811.html
本日はビジネス書のご紹介。有名な本なのですでに読んだ方も多い
のではないでしょうか。本書は「ちょっとモチベーションが下がっ
ている」と感じた時に目次を眺めて、気になる所読んでみたりして
ます。そうすると「うん、そうだよな」と思ってちょっとだけやる...

●【ノート術】メモを持ち歩く
http://sarahin.seesaa.net/article/353421346.html
突然ですが、最近見た映画か読んだ小説のあらすじを要約して書き
だしてみてください。目標は800字くらい。テキストファイルなら
2Kバイト弱くらいですので、書くことが出来れば大した時間はかか
りません。ちなみに、このブログの長さでだいたいいつも3~...

●【組織マネジメント】影響力をもつと仕事ができるようになる
http://saracompass.seesaa.net/article/415599981.html
「上司を部下がコントロールする」ことは可能です。というか実際
にあなたがやっていることです。それを認識して行動しているかど
うかの違いはありますが。上司にどのような影響をあたえるかはあ
なた次第でなんとでもなります。...

●【交渉術】味方を作る
http://sarahin.seesaa.net/article/363691170.html
会社で大切な人脈って何でしょうか。上司?上司の上司?まぁ、当
然そうですが、意外と見落とされているのが、事務をやってくれて
いる人たち。この人たちは、自分の業績における評価をするわけで
はありませんが、自分が業績を上げるために必要な情報やパワーを...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
議論を図にまとめるための「分ける技術」
http://magredirect.itmedia.co.jp/r/7Rt/38/2JM/w/bizid/articles/1409/17/news031.html
分けて、生み出し、最後にまたまとめる。この3つのプロセスに問
題解決会議の成功のカギが隠されているのです。

●職場を生き抜け!:「狂気」の会社員には近寄るな!
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/92290/080300014/?ml
ビジネスは競争であり、力と力のぶつかり合いです。ところが、プ
ロレスとか、大相撲のように勝者と敗者がはっきりと区別できない
ことがあります。社内での競争は、一段とそのあたりがあいまいに
なっています。だからこそ、いつの時代も多くの会社員は、不満や
嫉妬を抱え込むのでしょう。

●ダーウィンはナマケモノを嫌わない
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20120621/233624/?mlp

●社員の残業減 秘訣は図解思考とホワイトボード
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/04/15/10927/?ml
仕事と生活の両立を図るために、様々な休業・休暇制度などを整え
たり、残業を減らすための取り組みをしたりする企業は多い。ただ、
大した対策もせずに「残業を減らせ」と言っても、個々人の意識改
革だけで労働時間を減らすことには限界がある。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■時間資本主義の時代:あなたの時間価値はどこまで高められるか?
時間は、買うものから売るものへ!)!)すきま時間×スマホ=時空ビ
ジネス。
誰もが、わずかな時間を切り売りして稼ぐ時代がやってきた。

技術がどんなに進化しても、時間は限りある希少な存在。

あらゆるものごとのスピードが劇的に加速するなか、
モバイル技術の進化で、5分、10分の移動時間や待ち時間という
これまでは捨てられていたはずの、すきまのような時間の価値が高
まっています。

スマホを持って「すきま時間」を少しでも有効に使いたいと思う人
は増え、
移動中の空き時間を有効に使える時間貸しスペースや
「時短」をコンセプトにした商品やサービスの開発、空間づくりは、
大きなビジネスチャンスへとつながっています。

これからの、人々の時間へのニーズは、時短術などの「時間効率化」
から、
創造的で豊かな時間を過ごす「時間快適化」へ。

企業も、個人も、「時間価値」を追求したものが有利となる、
時間資本主義の時代が、幕を開けようとしています。

気鋭の経営コンサルタントが消費行動、企業のあり方、個人の働き
方まで
「時間」と「いま」の関係を鋭く読み解いた一冊!


◆アマゾンで見る
時間資本主義の時代:あなたの時間価値はどこまで高められるか?
http://www.amazon.co.jp/dp/479422088X/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
時間資本主義の時代:あなたの時間価値はどこまで高められるか?
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784794220882%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
時間資本主義の時代:あなたの時間価値はどこまで高められるか?
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt33180868/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・スマートにスマートな仕事を心がける
http://sarahin.seesaa.net/article/423437419.html

・スキマ時間にやることを決めておく
http://sarahin.seesaa.net/article/420262656.html

・ニュースを人に説明する
http://sarahin.seesaa.net/article/400596404.html

・時間価値倍増法
http://sarahin.seesaa.net/article/366497634.html

・生産性を高める
http://saracompass.seesaa.net/article/430439927.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。