マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/10/23

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【面接技術】「おりがと…ます」ってなに?
http://sarahin.seesaa.net/article/441584358.html
「ありがとうございます」をはっきり言えると、相手の心証がよく
なるかもしれません...

●【ビジネス書】会社で生きることを決めた君へ_2
http://sarahin.seesaa.net/article/405391894.html
 久しぶりにビジネス書のご紹介。『会社で生きることを決めた君
 へ 』結構有名になった本なのでご存じの方も多いかと。相変わら
 ず長文のコメントなので、また複数回に分けてご紹介します。本
 日は、要約(というには長文ですが)をお送りします。::と書いて...

●【PCアプリ】インバスケット思考その3
http://sarahin.seesaa.net/article/282362736.html
リーダとして成果を出すにはリーダとして成果を出すためには、メ
ンバーをうまく使うこと。そのためには、    優先順位をつける力
    問題を発見する力    問題を分析する力    意思決定する力
       生産性を上げる力    トラブルに対応...

●【知的生産術】発想法:フックを用意する
http://saracompass.seesaa.net/article/432334127.html
ある課題があって、その課題の中に隠されたヒントを釣り上げてく
れる「フック」があってこそアイディアが生まれます。発想法を学
ぶというのは、そのフックを沢山もつことにほかなりません。...

●【自己マネジメント】自分を思い出してもらえるキーワードを宣伝する
http://saracompass.seesaa.net/article/448652560.html
人は周囲からあるラベリングされると、それにふさわしい言動を取
るようになります。自分自身にラベリングしても同じ効果がありま
す。「○○専門家」を名乗りましょう...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●れわれはつねに「常識」という名の「思い込み」にしばられている
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130924/366385/?ml
9月7日にBizCOLLEGE・PREMIUM特別イベントを開催した。竹内薫氏
は「データには誤差というものが存在するが、ビジネスの現場では
それがなかなか受け入れられない」という話に言及し「なぜそうい
うことが起きるのか」を分かりやすく教えてくれるものとして、ガ
リレオ・ガリレイのエピソードを紹介した。

●職場を生き抜け:40代のおっさんは、たいしたレベルではない
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20150217/435848/?ml
私は40代ですが、この年になり、つくづく思うことがあります。
「40代の会社員の大多数は未熟であり、プレイヤーとしても、マネ
ージャーとしても、プロとは言い難いレベルなのだ」と。素人とは
言わないまでも、それに近いものがあります。

●毎朝、自分に問いかけるといい6つの質問
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1402/21/news005.html
日々忙しく過ごしていると、何が大切なことだったかをつい忘れて
しまうもの。そんなときは、1日の始まりに優先順位を決めてみて
はいかがでしょう?

●脂肪代謝の改善には夕食を早めに
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/379640/052700015/?ml
健康診断で要精密になる確率が高いのが脂肪代謝の項目です。平成
20年度からの特定健診・特定保健指導での健診項目では脂肪代謝関
係では中性脂肪、HDLコレステロール(善玉コレステロール)、LD
Lコレステロール(悪玉コレステロール)が必須項目になっています。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■タテの会議 ヨコの会議!)時間半減、生産性倍増の実践ノウハウ
上司と部下の「タテの会議」と、部門をまたぐ「ヨコの会議」。
!)!)その目的も会議術も異なる。
時間半減、生産性倍増のノウハウが満載!

上司と部下の「タテの会議」の目的は、理解と伝達。
部門をまたぐ「ヨコの会議」の目的は、企画・構想・創造。
「会して議せず、議して決せず、決して行わず、行ってその責めを
とらず」といった悪い会議がはびこり、繰り返されています。こう
した“悪い会議”の問題点をすべて解決していく強力な一冊です。
「タテの会議」では、上司と部下それぞれの視点から問題を解きほ
ぐし、具体的なアドバイスをします。
一方、「ヨコの会議」では、部門をまたいだ会議の際に生じるトラ
ブルや、上下関係では生まれない、「ヨコ」ならでは悩みを挙げま
す。部門間での仕事のあり方を取り上げることで、“組織横断的な
仕事のあり方”を学んでいきます。
また、始まりつつある「ウェブ時代の会議術」についても触れてい
ます。
ファシリテーターから新入社員までの必読書。きっと役立つヒント
が見つかります。


◆アマゾンで見る
タテの会議 ヨコの会議!)時間半減、生産性倍増の実践ノウハウ
http://www.amazon.co.jp/dp/4478008337/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
タテの会議 ヨコの会議!)時間半減、生産性倍増の実践ノウハウ
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784478008331%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
タテの会議 ヨコの会議!)時間半減、生産性倍増の実践ノウハウ
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32214049/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・上司の目線を理解するには財務諸表を見る
http://saracompass.seesaa.net/article/439128771.html

・会して議せず、議して決せず、決して行わず、行ってその責を取らず
http://saracompass.seesaa.net/article/438111006.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。