マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/10/02

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【組織マネジメント】グレイなリソースを使う1
http://saracompass.seesaa.net/article/425051670.html
プロジェクトを進めるときに、自分の支配下にあるリソース(ヒト、
モノ、カネ、情報)とそうでないリソースをわけて、タイミングよ
くそのリソースを使えるようにしないといけないですが、これを最
初に決めてしまうとあとでうまくいかないことが多いです。そのリ
ソースはリーダーの占有物(完全にプロジェクトの支配下)であるこ
とが少ないからです。...

●【面接技術】面接質問:あなたはどのように反対意見を求めていますか?
http://sarahin.seesaa.net/article/405016533.html
スペースシャトルの事故原因アトランティックマンスリーという雑
誌に掲載されたコロンビア号の事故に関する記事に、事故調査委員
会の一人と議長だったリンダ・ハムとの会話が記載されています。
これを読むと「聞き耳のリーダーシップ」という概念が、NASA...

●【日記】初手、王手飛車取り!
http://sarahin.seesaa.net/article/445196838.html
なにをするにしても心構えや真摯に学ぶことは大切だとはおもいま
す。でも、できたらそういうのをすっ飛ばして、楽して儲かる方法
はないものかと日夜真摯に学んでます...

●【ヒント】社内研修の講師になる
http://sarahin.seesaa.net/article/448127206.html
社内・部内で研修(OFF-JT;OFF JOB Training)がありますよね。自
分が普段業務で使っているスキルの研修があったら、「講師をやら
せてください」と立候補しましょう。自分の勉強になるだけでなく
社内で第1人者になれます...

●【思考技術】学習効果を高める内省と探求
http://saracompass.seesaa.net/article/407734822.html
人が「学習」すると言うのは、正確に定義するとどういう要素が必
要なのでしょうか。それが「内省」と「探求」という要素です。こ
の2つがないと正しく人は学習ができませんし、それを応用するこ
ともできません。過去の経験をうまく活かして仕事をする人と、そ
れができない人は、この2つをちゃんとやっているかどうかにかか
っています。...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●あなたの部下はダメではない! 一緒に成長の計画を立てる
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/ishida_jun/040500001/?ml
上司はみんな、部下に成長してほしいと考えています。しかし、ゆ
とり世代と呼ばれる今の若者たちは、よく言えば素直な半面、積極
性に欠けどこか頼りなく感じます。
そんな部下に対して、多くの上司が間違った指導をしています。

●「Radikool」v2.0.0(12/01/30)
- 聴取している“radiko.jp”のラジオ番組を録音できるソフト
http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/servernt/netuty/radikool.html

●ハーバードのリーダーシップの授業
好きな仕事とお金は両立しますか?人生相談の達人、ロバート・カ
プラン教授に聞く(1)
http://nkbp.jp/1vRlj8p
ハーバードビジネススクール教授との対談シリーズがスタート。第
一弾は、ゴールドマン・サックスの元副会長、ロバート・スティー
ブン・カプラン教授。前編は“生き生きした瞬間”の掴み方について。

●臼井由妃:ほめ言葉は「魔法の言葉」 相手の心をぎゅっとつかむ3つのほめ方
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120406/304869/?ST=mobile&P=2


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■非営利組織の経営
非営利組織にこそ、ミッション・リーダーシップ・マネジメント
の本質がある。


◆アマゾンで見る
非営利組織の経営
http://www.amazon.co.jp/dp/4478307059/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
非営利組織の経営
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784478307052%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
非営利組織の経営
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bk276_2751734/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・自分をブランディングする方法
http://saracompass.seesaa.net/article/454356410.html

・明日を支配するもの:資産の保全こそマネジメントの責務である
http://saracompass.seesaa.net/article/449026203.html

・明日を支配するもの:知識労働者には自律性と責任がともなう
http://saracompass.seesaa.net/article/448652535.html

・ドラッカー:人は、自らがもつものでしか仕事はできない
http://saracompass.seesaa.net/article/438904572.html

・自分を律すること
http://saracompass.seesaa.net/article/431075057.html

・働く動機を満たす行動をする
http://saracompass.seesaa.net/article/410951691.html

・到達点は目標で決まる
http://saracompass.seesaa.net/article/401063708.html

・ドラッカー名著集4 非営利織の経営
http://saracompass.seesaa.net/article/401065328.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。