マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/09/15

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【自己マネジメント】希望は放置しておくと腐ってしまう
http://saracompass.seesaa.net/article/448354242.html
「何か」をやりたいと思ったら、その「何か」に触れ続けていない
とモチベーションは維持できません...

●【組織マネジメント】同僚を持ち上げると評価が上がる?
http://saracompass.seesaa.net/article/444124499.html
上司に報告するときに、他の人に助けてもらって結果が出たような
場合には、ひとこと言っておくのが無難です。それ自体が評価され
ることはないかもしれませんが、報告しないと不都合がある場合が
あります...

●【発想法・アイディア術】問題解決の7ステップ1
http://sarahin.seesaa.net/article/318262608.html
問題が発生してから解決するまで、大きく7つのステップがありま
す。いま自分がどのようなステージにあるのか、これを把握してお
くと、次の行動が決めやすいです。これらは常に意識しておかない
と、つい目の前のドタバタに引きづられてしまいますが、逆に意識...

●【ヒント】仕事が出来ると思わせる行動
http://sarahin.seesaa.net/article/373645879.html
「あ、この人仕事が出来るんじゃないかな」と思える瞬間と言うの
をちょっと集めてみました。成果を意識した発言をする何かにつけ、
議論になっていることに対して、発言するときに「××
×が今日の目標ですよね。それに対...

●【交渉術】フランクリン効果
http://sarahin.seesaa.net/article/386128681.html
ベンジャミン・フランクリンってご存じですか?あの100ドル札に
印刷されている人です。つまり、ドルを通貨にしている人たちは知
らない人がいないという。いつものようにWikipediaから引用ベン
ジャミン・フランクリンは、アメリカ合衆国の政治家、...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●不安に突き動かされる「ソーシャルメディア中毒」、その治し方
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20140521/398290/?mla
子どもたちは一日どのくらいソーシャルメディアやネットの利用に
時間を割いているのか。総務省情報通信政策研究所が5月に公開し
た調査結果によると、携帯端末によるネット利用で利用時間が一番
長いのは「ソーシャルメディアを見る」だった。

●先送り癖を直したい? それではとにかく始めましょう
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1407/25/news007.html
やり始めるまでが大変という人は多いはず。では、先送りしてしま
う癖をどのように克服できるでしょうか?

●マルチタスクをやめれば仕事はうまくいく !)!)新しい「効率化」を学ぶ3冊
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140224/385046/?ml
スマートフォンやSNSなどの普及によって、複数の仕事を同時にで
きるようになった。仕事の生産性が上がったと言われるが、本当に
そうなのか。実はSNSの本場アメリカでは、「メールやSNSばかりや
っていないで、目の前の仕事に集中しよう」という主張が、近年ト
レンドの1つになっている。

●メンバー同士の信頼関係、築くも崩すも自分次第!?
http://www.blwisdom.com/ml/?t=potona5_02&p=w371h90400001007539


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■インセンティブ 自分と世界をうまく動かす
実は、経済学の核となる概念はカネではない。インセンティブであ
る。簡単に言えば、人間に行動を起こさせるもの!)その活用術を、
子供への家事手伝いのやらせ方、会議のやり過ごし方、歯科医のお
だて方、マラケシュでのガイドの雇い方を例に、とことん魅力的に
お教えしよう。


◆アマゾンで見る
インセンティブ 自分と世界をうまく動かす
http://www.amazon.co.jp/dp/4822247740/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
インセンティブ 自分と世界をうまく動かす
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784822247744%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
インセンティブ 自分と世界をうまく動かす
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32329930/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・貧乏人の経済学
http://sarahin.seesaa.net/article/371064651.html

・インセンティブ
http://sarahin.seesaa.net/article/269754394.html

・ビジネス心理術辞典
http://sarahin.seesaa.net/article/237145825.html

・サラリーマンの人生設計の3つのコアプロセス
http://saracompass.seesaa.net/article/444763627.html

・目標は自分だけが管理できる
http://saracompass.seesaa.net/article/400571697.html

・会して議せず、議して決せず、決して行わず、行ってその責を取らず
http://saracompass.seesaa.net/article/438111006.html

・サービス労働者の生産性
http://saracompass.seesaa.net/article/412887940.html

・目標は部門目標に合わせる
http://saracompass.seesaa.net/article/406523632.html

・関係者を巻き込む
http://saracompass.seesaa.net/article/406107973.html

・部門目標と個人目標
http://saracompass.seesaa.net/article/402671222.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。