マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/09/14

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【仕事術】あなたが座っていた椅子を見なさい
http://sarahin.seesaa.net/article/399479453.html
 私は、席をたつ時いつも自分が座っていた椅子を見るようにして
 ます。もともとは、私がオッチョコチョイで、すぐに忘れ物をす
 ることから始めた習慣でした。最初は意識してやってましたが、
 最近は自然に視線が元いた場所に行くようになりました。数秒も
 かかり...

●【自己マネジメント】ドラッカー:意思決定の前提とすべきものが「すでに起こった未来」である、って本当?
http://saracompass.seesaa.net/article/447704296.html
多くのビジネス書もそうですが、ドラッカーも「ゴールを先に完成
させなさい」ということが書いてあります。本当にそうでしょうか...

●【巨人たちの言葉】人を動かす:父は忘れる
http://saracompass.seesaa.net/article/434376918.html
本日は、著者自身の言葉ではありませんが、『人を動かす』にかか
れていた「父は忘れる」という手紙をご紹介します。カーネギーは
この章「盗人にも五分の理」のまとめとして、この手紙を引用し、
人を動かす原則1として、「批判も避難もしない。苦情も言わない」
ことだと述べています。...

●【心理技術】人間がつくウソの種類
http://saracompass.seesaa.net/article/413314412.html
人間が嘘をつく理由は12個あるそうです。『黒すぎる心理術』に書
いてありましたので、共有したいと思います。私がよく本記事で書
く「抽象化」というトレーニングに役立つので、こういった分類や
大別の方法というのは重宝しています。...

●【会議術】会議を少なくする方法
http://sarahin.seesaa.net/article/426749823.html
 『ビジネススキル・イノベーション』という本に、会議を整理す
 る方法というのが書かれてましたので、ちょっとヒントとして共
 有します。会議の機能を数値化して見直すある電機メーカーの部
 長が、私にこうこほしたことかありました。「先月、出席した会
 議の数...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●疲れている人、手を挙げて
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140819/411793/?mla
健康関連の記事にアクセスしているからといって、現実にはさほど
健康に不安のある方は少ないとは思います。しかし、中には先月の
残業100時間、平均的には80時間は当たり前の過重労働をしている
人もいるのではないでしょうか。

●何でも“シェア”するスマホネイティブ新人に必要な教育とは
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/news/1506/062900962/?ml
IT各社が新入社員研修で実施するモラル教育から浮かび上がる、今
どきの若者の傾向をレポートする。コミュニケーション能力が高く
SNSなども難なく使いこなすが、深く考えずに情報をシェアしてし
まうといった点では教育が必要だ。

●「腰が痛い」ときの自己診断~あなたの腰痛はどのタイプ?
どうすれば治る?
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_--_247271_--_61295_--_9

●付箋で行う仕事整理術!)テンミニッツ
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20120309/1043463/?set=ml_a


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■1分間回復法 「心」と「体」の疲労が一瞬で消える
会社員、派遣社員の睡眠は、4~5時間も珍しくない。たまに睡眠時
間が確保できてもストレスで熟睡は無理だし、熟睡できても何日か
では慢性的な疲れは消えない。長時間労働で体はバリバリにこわば
り、人間関係や不況、大震災のやり場のない怒りなどで心もくたび
れきっている。
簡単ですぐできる自分なりの回復法を持たなければ、とてももたない。

松本幸夫氏は若い頃、インドに渡ってヨガの修行をしたが、修行者
でない一般人でも瞑想や体操で心身の健康を目ざす人がたくさんい
た。また、その後に、旅行などで立ち寄った中国や台湾などでも、
公園に行くと昼夜を問わず大勢の人が太極拳や呼吸法を実践してい
るのに驚かされた。
それにひきかえ日本人は朝から晩まで気ぜわしく働いてばかりで、
健康になんと無頓着なのかと反省させられた。そこで、回復法につ
いて調べると、二つのことがわかった。


◆アマゾンで見る
1分間回復法 「心」と「体」の疲労が一瞬で消える
http://www.amazon.co.jp/dp/B01G9PTE7O/shori0763-22/ref=nosim

●本書を引用した記事
・イライラや嫌悪感はピーナッツリフレッシュ法で解消する
http://sarahin.seesaa.net/article/447646939.html

・原因を追求してはいけない
http://sarahin.seesaa.net/article/289816104.html

・PowerPointやExcelに一瞬で図形を挿入する方法
http://sarahin.seesaa.net/article/458483559.html

・書類・資料は最後のページから読む
http://sarahin.seesaa.net/article/455433177.html

・時間を無駄にするもっとも良い方法
http://sarahin.seesaa.net/article/455124519.html

・スマホ自炊にはスタンドが必要
http://sarahin.seesaa.net/article/455124464.html

・振り返りはテレビを見るように枠をはめて思い出す
http://sarahin.seesaa.net/article/454817011.html

・楽しかったときの写真をながめる
http://sarahin.seesaa.net/article/454649181.html

・ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:自分の使った時間の記録のやりかた
http://sarahin.seesaa.net/article/454355320.html

・ニュートラルなイラストを使う方法
http://sarahin.seesaa.net/article/453504998.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。