マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/08/25

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【仕事術】二人の責任者をつたてる
http://sarahin.seesaa.net/article/441800060.html
何かをするときには、二人の責任者をたてるのが最も高い品質がの
ぞめるようになります。「計画・実行する責任者」「評価・判断を
する責任者」です...

●【ヒント】サクセスカウント
http://sarahin.seesaa.net/article/395105329.html
本日はちょっとしたストレス解消法についてご紹介します。過去の
記事でも何度か触れてますし、よく言われることでミミタコかもし
れませんが、事実に色はないです。発生したことがいいことなのか
悪いことなのかは人間が決めていることで、起きている事自体には...

●【仕事術】伝言を頼まないと仕事がうまくいく
http://sarahin.seesaa.net/article/434584463.html
「あいにく、は不在ですので、ご伝言を賜ります」仕事だけでなく、
何かの用事で会社などに連絡をした時によく聞くセリフですね。私
はこれは「いえ、結構です」とからなずお断りするようにしていま
す。「また後ほどお電話します」といいます。伝言は伝わらない...

●【このビジネス書は読んでおけ!】パラダイムの魔力
http://saracompass.seesaa.net/article/412481759.html
内容を紹介した記事新人、新規派遣、中途採用者に最初に与える仕
事新人や中途採用だけでなく、新規の派遣を受入た時に、【【必ず
出す課題】】があります。じつはこの課題だしと、そのリサーチは
昇進するためのステップとしてはとてもいい情報が得られます。そ...

●【自己マネジメント】ポジティブシンキングの落とし穴
http://saracompass.seesaa.net/article/442006430.html
「ポジティブシンキング」「プラス思考」これは、仕事の上ではか
なり強力なツールです。しかしながら、過ぎたるは及ばざるが如し...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●理思考:本質をつかむ力を上げるトレーニング
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20131002/367525/?ml
ドラマ『半沢直樹』は違和感があるにも関わらず、最後まで観てし
まいました。
朝ドラの『あまちゃん』に引かれたのはどこでしょう。今回は、
「そこにあるのに、はっきりは見えないもの、わかりにくいもの」
について「それって何だろう?」と考えてみることについて書きます。

●コマンドラインで使うパスワード管理ツールを作ろう
http://pc.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1028503/101100026/?set=ml
一般的にパソコンを使うときは、マウスを使ってアプリケーション
を利用する方が大半だと思います。しかし、筆者もそうなんですが、
ほとんどの操作をキーボードだけで行う方も多いことでしょう。シ
ョートカットキーやコマンドラインを多用することで操作していく
のです。そこで、今回作るのは、コマンドラインから使えるパスワ
ード管理ツールです。

●中学英語を自在に応用する!
スピーキング力を短期間で強化する方法
http://nkbp.jp/2bVirka
「中学英語へ戻る」という発想は決して誤ってはいません。難しい
と感じる場合には「基礎へ戻る」というのは学習の基本です。ただ、
言葉の場合にはそのやり方、つまり勉強の仕方にしっかりと気を配
らないと、効果が出ません。

●話は3つにまとめるべし!ジブリのプロデューサーから学ぶ仕事術 ...
http://news.ameba.jp/20160923-966/
仕事をしているなかで、「自分なりの意見」や「自分らしさ」「自
分にしかできないこと」にこだわっていませんか? 実はそれは、
自分を苦しめる原因かもしれません。 今回ご紹介 ...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■リーダーになる心理法則
リーダーとは、部下の心情に的確かつ公正なスポットライトを当て
る“照明係”です。「ほめる・諫める・激励する」といった巧みな
スポットライト操作で「この人についていこう!」と思われるリー
ダーになれます。しかし、それを実践するには、心理法則に基づい
た科学的なスキルが必要です。
本書では、「この人ならついていっても大丈夫」と判断される心理
的要因を解説し、その活用法を紹介します。前半では、リーダー自
身の個性を把握し、良い点は伸ばし、悪い点を是正するためのポイ
ント、次に、部下の特性や言動を理解し、それらに適切に対応する
スキル、最後に、リーダーの資質をバージョンアップするコミュニ
ケーション・スキルを解説します。
今すぐ役立つ心理法則が満載。部下とのコミュニケーションに困っ
たとき、迷ったときに助かる一冊。


◆アマゾンで見る
リーダーになる心理法則
http://www.amazon.co.jp/dp/4569815243/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
リーダーになる心理法則
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784569815244%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
リーダーになる心理法則
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32993587/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・褒め方の3パターン
http://sarahin.seesaa.net/article/422958365.html

・失敗原因は2つに分ける
http://sarahin.seesaa.net/article/422958323.html

・特徴を書き出してください
http://sarahin.seesaa.net/article/419442142.html

・リンゲルマン効果はByNameで回避する
http://saracompass.seesaa.net/article/419436990.html

・リーダーになる心理法則
http://saracompass.seesaa.net/article/419438297.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。