マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/08/24

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【コンピタンス・コンピテンシー】サラリーマンにとっての継続学習は、教えることと知ってもらうこと
http://saracompass.seesaa.net/article/412093002.html
ドラッカーは『明日を支配するもの』の中で、「継続学習のプロセ
スを作ることが大切である」と述べています。知識労働者として、
「専門領域の学習を継続することと、それによって得られた知識を
同僚に対して貢献に使え」と述べています。この「知識を貢献に使
う」という行為でもっとも単純なのが、知っていることや学んだこ
とを人に教えることです。それによって、知識がより強い血肉とな
り、使える技術に変わっていきます。...

●【ハック】良い資料作成術:バランスを揃える
http://sarahin.seesaa.net/article/412096746.html
「良い資料作成術:パターンを覚える」でご紹介しました、資料の
作り方の1パターンをご紹介します。見た目がいい「良い資料」と
言うのは、なかなか定義が難しいですが、ひとつにはパッと見てバ
ランスがいいというのがひとつの条件ではないかと思っています。...

●【PCアプリ】圧縮解凍をバッチで実行する
http://sarahin.seesaa.net/article/397291109.html
インターネットなどでデータを取り込むと圧縮ファイルになってい
ることが多いですね。たくさんのファイルを取り込むとひとつづつ
特定のフォルダに解凍するのが結構手間です。面倒くさい作業は自
動化してしまうのが一番です。自動化するには自動的に必要なファ...

●【組織マネジメント】リーダーシップの本質とは?
http://saracompass.seesaa.net/article/403110692.html
いろいろな会社でリーダーシップ教育というのが行われています。
リーダーシップの本質をいろんな要素に分解してそれを一つづつ教
えてもらったとして優れたリーダーになれるかというと、そうは問
屋がおろさない。リーダーシップ育成プログラムの商売に付き合わ
されないようにしましょう。...

●【ハック】思いつきメモ
http://sarahin.seesaa.net/article/251714972.html
仕事の効率を上げる基本ルール過去記事で、仕事を早く終わらせる
ためのヒントを幾つか書いてきましたが、これらに基本ルールがあ
ります。この基本ルールは私が適当に書きためたものなので、人に
よってはこの真逆であったり、ちょっとだけ違ったり、別のポイン...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●「39度の熱だろうが、這ってでも出てこい!」
こんな言葉を浴びせられたら、どうしますか?
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20131217/377392/?ml1

●和田秀樹:「その話は得か損か」、世知辛い発想も必須だ
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120614/312488/?ml

●イノベーションは、誰でも起こせる
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/news/1510/100200195/?ml
慶應義塾大学大学院の前野隆司教授は、つかみどころのない不思議
な人である。幅広い分野でその才能をいかんなく発揮してきた才人
にもかかわらず、「イノベーションは、誰でも起こせる」と公言し
てはばからない。その真意とは?

●GoogleタスクとiPhoneアプリ「GeeTasks」がタスク管理に最適な件
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1209/05/news052.html


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■リーダーになる心理法則
リーダーとは、部下の心情に的確かつ公正なスポットライトを当て
る“照明係”です。「ほめる・諫める・激励する」といった巧みな
スポットライト操作で「この人についていこう!」と思われるリー
ダーになれます。しかし、それを実践するには、心理法則に基づい
た科学的なスキルが必要です。
本書では、「この人ならついていっても大丈夫」と判断される心理
的要因を解説し、その活用法を紹介します。前半では、リーダー自
身の個性を把握し、良い点は伸ばし、悪い点を是正するためのポイ
ント、次に、部下の特性や言動を理解し、それらに適切に対応する
スキル、最後に、リーダーの資質をバージョンアップするコミュニ
ケーション・スキルを解説します。
今すぐ役立つ心理法則が満載。部下とのコミュニケーションに困っ
たとき、迷ったときに助かる一冊。


◆アマゾンで見る
リーダーになる心理法則
http://www.amazon.co.jp/dp/4569815243/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
リーダーになる心理法則
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784569815244%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
リーダーになる心理法則
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32993587/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・褒め方の3パターン
http://sarahin.seesaa.net/article/422958365.html

・失敗原因は2つに分ける
http://sarahin.seesaa.net/article/422958323.html

・特徴を書き出してください
http://sarahin.seesaa.net/article/419442142.html

・リンゲルマン効果はByNameで回避する
http://saracompass.seesaa.net/article/419436990.html

・リーダーになる心理法則
http://saracompass.seesaa.net/article/419438297.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。