マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/08/17

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【ビジネス書】僕は君たちに武器を配りたい
http://sarahin.seesaa.net/article/243482689.html
 考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。
 自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考
 えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。
 本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきま...

●【ヒント】あるがまま読むと速読できる
http://sarahin.seesaa.net/article/416442999.html
 以前、英語文化圏の人とコミュニケーションするようになって、
 結構困るのが語順が違うというところ。返り読み日本人の読みか
 たでおもしろいのは、同じところを住復するくせである。漢文は
 返り点をつけて読む。学而時習之。不亦説乎。 有朋自遠方来、不亦楽...

●【ビジネス書】成功者のストーリ
http://sarahin.seesaa.net/article/247722554.html
「45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本」から!)!)!)!)!)!)
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)著名な財界人や政治家、
芸術家などが自らの半生を振り返り、成功の体験を語るコーナーだ。
このコーナーは非常におもしろい読み物ではあるが、自分のキ...

●【ビジネス書】本を買ってはいけない
http://sarahin.seesaa.net/article/229853912.html
今年のお正月に目標を立てました。「年間100冊本を読むこと」凝
り性なせいか、やり始めたら途中でやめられなくなって、今ではだ
いたい1週間に3~5冊の本を読んでます。すでに年初から数えて18
0冊を突破。これだけ読もうとすると、1冊ずつ買っていた...

●【仕事術】改善は30%
http://sarahin.seesaa.net/article/389555023.html
よく部門方針やなにかの活動で、改善効果30%みたいにいうときが
あります。不思議なことに、大体の目標が「30%」なんですね。よ
くほかの部門の人に、「なんで30%なの?」と聞くと、だいたい根
拠はありません。実は私の部門の今年度の目標も設備コスト...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●3秒で面接の合否は分からない!)!)就活都市伝説に隠された、本当の意図
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1212/24/news008.html

●うまく話そうとするなら、しゃべらない「待ち時間」を意識しよう
http://www.nikkeibp.co.jpatcl/column/15/172565/042100037/
話し方に自信がない人は、どうすれば上手く話せるようになるかと
考え、発言することに神経を注ぎがちですが、考え直したほうがい
いでしょう。コミュケーションの半分は口を開かず相手の話を聴い
ている、「待ち時間」だからです。

●朝夜2通のメールで仕事を見える化、働く時間を短縮
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20140710/406882/?mla
もしいきなり誰かに「あなたの長時間労働を見直しましょう」と言
われたら、どんな返事をしたくなりますか?「残業が多いのは部署
のせいだ」「上司が帰らせてくれないんです」等、外的要因のせい
にしてしまいがちではないでしょうか?

●小山昇:新卒社員の抱える「ギャップ」に注意深くあれ
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_--_273935_--_89243_--_9
入社前に思い描いていた「理想」と、実際に仕事を始めた「現実」
との間にギャップが出るのが入社1カ月後です。なにも手を打たず
に放置しておくと、当人は自信を喪失し、会社がつまらなくなり、
やがて仕事への意欲をも失います。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■「君主論」55の教え
ビジネスリーダー必携! 経営者から政治家まで、世界中のリーダ
ーに愛読されてきた不朽の古典名著が、読みやすい「超訳」で甦る。

ニッコロ・マキアヴェリ(Niccolo Machiavelli)
1469年生まれ、1527年没。イタリア、ルネサンス期の政治思想家。
29歳で、フィレンツェ共和国の官僚となり、およそ15年もの間、外
交交渉、軍事などの分野で活躍。
その豊かな経験をもとに、『君主論』を執筆した。
性悪説にもとづいた冷徹とも言える内容に、発表当時は賛否が分か
れたが、
現実的な歴史把握と、卓越した人間認識によって、政治の鉄則を打
ち立てた古典名著として再評価。
現代では世界中のビジネスリーダー、政治家らに、必読書として愛
読されている。

【目次】
第1章 「頭のいいリーダー」が、いつも心がけていること
第2章 成功するリーダーは、こんな「資質」を持っている!
第3章 偉大な先人から、「マネジメントの極意」を学べ
第4章 もっとチームを強くする、「人を動かす」原理原則
第5章 プロフェッショナルなら知っておきたいこのスキル
第6章 「本物リーダー」へと、今まさに進化しているあなたへ


◆アマゾンで見る
「君主論」55の教え
http://www.amazon.co.jp/dp/4837979688/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
「君主論」55の教え
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784837979685%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
「君主論」55の教え
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32639322/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・本気度を示す行動を考える
http://saracompass.seesaa.net/article/456323357.html

・少し高いところを狙って弓を引く
http://saracompass.seesaa.net/article/452052037.html

・部下が主催するミーティングに出席する
http://saracompass.seesaa.net/article/449026146.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。