マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/07/28

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【キャリア】成長には環境の変化が最も有効
http://saracompass.seesaa.net/article/453171069.html
世の中の成功者と言われる人の経歴を見ると、ものの見方が反転す
るようなすごい経験をした方がおおいようです...

●【PCアプリ】Excelで大きな表のエリアを選択する方法
http://sarahin.seesaa.net/article/455124405.html
Excelなどでスクロールしないと全体が表示されないような領域に
オートフィルのためにドラッグ操作をするのは、結構ストレスです。
これを避けるには方法は...

●【仕事術】基準がなければ判断はできない
http://sarahin.seesaa.net/article/441024825.html
複数の項目の重要度や緊急度を評価・判断するとき、どのような基
準で評価するのかによって評価結果は変わってきます。自分だけの
タスクなら、エイヤッでもいいですが、チームでの判断はリーダー
が基準を出して総意で決めないと、評価で議論になって、本来やり
たかったことが出来ません。その基準を提示するコツは、計算で丸
めてしまうことです...

●【このビジネス書は読んでおけ!】業務改革の教科書
http://saracompass.seesaa.net/article/399480495.html
内容を紹介した記事業務改革の王道業務改革をする方法は以下の6
つのパターンのどれかです。…続きを読む…参考図書業務改革の教
科書アマゾンで見る業務改革の教科書成功率9割のプロが教える全
ノウハウ楽天で見る業務改革の教科書著者:白川克価格:2,73...

●【ハック】ブックカバー
http://sarahin.seesaa.net/article/374857607.html
読書、してますか?私はほとんどの本を図書館で借りてきて、通勤
電車で読んでます。そのときちょっと気になるのが、本の表紙が丸
見えなこと。そこで、ブックカバーを使えればいいのですが、本屋
さんで買ってくればカバーを掛けてくれますが(本屋さんの広告み...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●職場を生き抜け:どんな逆境でも、人事で逆転はある!
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_198692_66360_24

●手袋をしたままスマホやタブレットでタッチ操作できる4種類のグッズを試す
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1401/20/news049.html
手袋をわざわざ外すことなく、スマホやタブレットでタッチ操作が
行える4種類のグッズを紹介する。

●いや、ここは「そもそも論」でしょう。
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/news/1507/072401006/?ml
「そもそも論」という言葉は、ある程度落とし所の見えた話し合い
の席で、いきなり前提の部分に話を引き戻しにかかる人間に対して
使われる用語だ。「そもそも論」を持ち出した世間知らずの若手は
コテンパンに叱責されることになっている。

●衝撃を吸収! 「クッション言葉」を使えていますか?
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20130127/1077622/?set=ml


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■難解な本を読む技術
フロイトの「無意識」、デリダの「脱構築」、ドゥルーズの「襞」、
フーコーの
「生権力」、ナンシーの「共同-体」、ジジェクの「否定の否定」・
・・・・・これまで
に何度も齧っては躓いていた、錚々たる哲学者たちの思想を理解す
るには、
どうすればいいか。本書はいわゆる難解な「思想書」を、読んで理
解するた
めに必要な技術を紹介。前半の章では、本のタイプの分類や、選書
の仕方
などの準備段階から、実際に本を読む方法と、同時に記録する「読
書ノート」
の取り方といった実践まで、基本的な読書の技術を学びます。そし
て、後半
の付録には、学生による「読書ノート」記入例と、「代表的難解本
ガイド」を
つけましたので、読書の技術を具体的に理解できるようになってい
ます。


◆アマゾンで見る
難解な本を読む技術
http://www.amazon.co.jp/dp/4334035086/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
難解な本を読む技術
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784334035082%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
難解な本を読む技術
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32243356/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・情報が聞きたければ話してはいけない
http://sarahin.seesaa.net/article/448833715.html

・「読まない」という読書術
http://sarahin.seesaa.net/article/437622470.html

・本を書き写す
http://sarahin.seesaa.net/article/421769083.html

・あるがまま読むと速読できる
http://sarahin.seesaa.net/article/416442999.html

・PREP読書術
http://sarahin.seesaa.net/article/351234698.html

・出世コースを外れても定年まで生き残る方法
http://saracompass.seesaa.net/article/452391573.html

・上司から歩み寄らないと本当の情報は入ってこない
http://saracompass.seesaa.net/article/445197208.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。