マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/07/26

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【時間術】天引き時間貯金
http://sarahin.seesaa.net/article/252910113.html
スケジュール会社では、ある程度の規模になれば、スケジュール表
公開・共有して、打ち合わせのスケジュールなどの調整をすると思
います。このスケジュール表に打ち合わせ以外のスケジュールが入
っていない人が結構いますが、これはもったいないことです。スケ...

●【交渉術】伝わった結果だけが問題1:どう伝えたかではなく、どう伝わったか!
http://sarahin.seesaa.net/article/429280625.html
 「部の人に言ったけどやってくれないんですよ」担当者から業務
 が進んでない言い訳として、結構多いのが、こういう言い訳です。
 私も過去に(今も、ですが)何度も使ってます。ただ、責任者(上司)
 として、このセリフを聞くと「そりゃ、お前が悪い」と思って...

●【ビジネス書】残念な人の仕事の中身
http://sarahin.seesaa.net/article/371064650.html
今週は、夏休みに読みたいビジネス書の紹介です。本日は以前にも
紹介してます「残念な人の仕事の中身」という本。元ネタを使いま
わしているようですが、結局たくさんのビジネス書を読んでも、本
当に「これは、何度も読み返したい」という本は数えるほどしかあ...

●【ビジネス書】本屋に行く
http://sarahin.seesaa.net/article/433177136.html
 そうだ、本屋さん、行こう!僕は「発想」とは、野球のバッティ
 ングのようなものだと思っています。:ある情報が自分の方に飛
 んできたとき、そのレスポンスとしてアイデアや意見が生まれる
 ということです。奥野宣之(著)  『仕事の成果が激変する 知的生...

●【ハック】忘備録付箋
http://sarahin.seesaa.net/article/250441023.html
付箋をよくPCのモニタにくっつけている人見かけますよね。ちょっ
とメモして忘れないようにしておくために。ところがこの付箋、モ
ニタの熱や元々付箋の粘着力が弱くて、案外取れやすい。結果、忘
備録が忘備録にならない、つまりふせん自体が剥がれて落ちてし...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●気付きにくい「燃え尽き症候群」5つのサイン
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1308/23/news023.html
極度に疲労していれば、分かりやすい兆候があります。頭がはっき
りしない、イライラする、垂れ下がるまぶた、コーヒーを何杯も飲
む……。これらはすべて、あなたが肉体的に疲れていることを示し
ています。

●和田秀樹:「生の欲望」に素直になり、目的を達成する
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140822/412311/?mla
前回、アドラー心理学を紹介したが、アドラーと同時代人の森田正
馬(もりた・まさたけ、1874-1938)も目的重視という点で似てい
るという話をした。あまりに説明が簡素だったので、今回は森田の
目的本位論の話をしてみたい。

●臼井由妃:つい心を許してしまう「あなただから」というフレーズ
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130830/363273/?ml
スケジュールが読める相手にはタイミングを計り、そうでない人に
は慌しいと思われる「始業時」や「お昼前」「終業間際」を外して
声をかけるのは基本中の基本。
さらに言えば、自分の考え方を通したい、人を動かしたい、ある意
味都合よい展開を期待するのならば、ちょっとしたフレーズ」に気
を配るのがいいでしょう。

●付箋で行う仕事整理術!)テンミニッツ
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20120309/1043463/?set=ml


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■元気と勇気が出る仕事術
樋口廣太郎 『元気と勇気が出る仕事術!)創造型ビジネスマンをつ
くる仕事十則・管理職十訓』


今、社会は新しい時代に向けて再構築の時期に入っている。
その過程で、いくらか不安定な状況が続いている。古来、歴史は破
壊と創造の連続である。

不安定の先には必ず新しい明るい社会が出現する。
そして、この新しい明るい社会とは、創造性に満ち、個人の独創性
が今まで以上に生かされる社会となることだろう。

よりクリエイティブで、よりパワフルなビジネスマンが、新しい時
代を創り、さらに前向きにすすんでいくために、筆者から全てのビ
ジネスマンに贈るエール。

人間として生き、ビジネスマンとして働くことの原点となる「ここ
ろ」を持つこと。そしてビジネスマン一人ひとりが「こころ」を持
つことによって、個人として・社会人としてより強い自分になって
もらいたいと、筆者が願いを込めて書いた仕事・管理職に関する珠
玉の法則20篇。

著者、樋口廣太郎氏は、アサヒビール元社長。
アサヒ中興の祖と言われ、「アサヒ スーパードライ」で低迷する
アサヒを一気に業界トップにした。その仕事の基本法則は全てのビ
ジネスマンに心に留めてほしい名言。


◆アマゾンで見る
元気と勇気が出る仕事術
http://www.amazon.co.jp/dp/4871904075/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
元気と勇気が出る仕事術
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784871904070%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

●本書を引用した記事
・生き金・死に金
http://sarahin.seesaa.net/article/347443130.html

・チームに必要な2つのスキルを育てる
http://saracompass.seesaa.net/article/453171050.html

・元気と勇気が出る仕事術:約束は守れ、守れない約束はするな
http://saracompass.seesaa.net/article/440103049.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。