マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/07/13

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【ヒント】自分の評価を知る方法
http://sarahin.seesaa.net/article/429618205.html
 本日ご紹介するのは『社長は君のどこを見て評価を決めているの
 か?』という本。本書に「自分の評価を知る方法」が書いてあり
 ましたので、ご紹介して自分の経験についてお話したいと思いま
 す。経営者は社員を「2:6:2」に分類している経営者は社員をでき...

●【仕事術】カスな部下の扱い方
http://sarahin.seesaa.net/article/397291029.html
仕事のできない部下「上司と親は選べない」というセリフを過去記
事で何度か使いました。まぁ要するに、サラリーマンである以上、
どんな嫌な上司であっても、「上司を変えてくれ」という要求は受
け入れられることは絶対にありません。一方、上司から見て部下は...

●【プロセスマネジメント】やり直しなしで一発OKをもらう方法
http://saracompass.seesaa.net/article/417941587.html
上司に対して、提案の一発OKを必ず貰える方法があります。提案以
前に「相談」に行くことです。さらに副次効果として、積極的な支
援がもらえるという効果もあります。...

●【このビジネス書は読んでおけ!】ゴールドラット博士の論理思考プロセス!)TOCで最強の会社を創り出せ!
http://saracompass.seesaa.net/article/434837488.html
参考図書『ゴールドラット博士の論理思考プロセスTOCで最強の会
社を創り出せ!』書名:ゴールドラット博士の論理思考プロセスTO
Cで最強の会社を創り出せ!著者:H.ウイリアム デトマー出版社:
同友館TOC(制約条件の理論 Theory Of C...

●【知的生産術】トレーニング不要の思考整理術
http://saracompass.seesaa.net/article/406107743.html
何かを考える時に、腕を組んで上を見たり、目をつぶったりしては
考えはまとまりません。ペンを持って、考えを紙に写しとることで
思考というのは整理されまとまりを持つもののようです。いま、あ
なたの机の上には1秒でペンと紙に書き始める準備がされてますで
しょうか?...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【ケーススタディー】~達人たちの文章術
http://www.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20070808/132032/

●職場を生き抜け:出世する人が使う言葉
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140519/397943/?ml1

●第22回 運も人も味方につける方法
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130313/343624/?ST=career&P=2

●だれでも手帳に愛着の持てる使い方、お教えします
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20111024/1037945/


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■業務改革の教科書
業務改革プロジェクト成功率9割のノウハウを、惜しみなく公開
企業変革・業務改革について書かれた良書はいくつかあるのだが、
ほとんどが翻訳書である。
そのため、実際に日本企業で業務改革を進めるうえで最も悩ましい
こと、例えば
いかにトップに味方になってもらうか
業務調査は何をどこまで調べればいいのか
抵抗勢力とどう対峙するか
といった、実務家が実際に悩むことについて、きちんと応えていない。
本書は、日本企業のなかで業務改革を起こしたいと思っている、
「普通の人」のための教科書である。
実名での企業事例、当事者の声、実際に現場で使った資料をふんだ
んに盛り込み、ビジュアルに解説した。


◆アマゾンで見る
業務改革の教科書
http://www.amazon.co.jp/dp/4532319021/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
業務改革の教科書
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784532319021%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
業務改革の教科書
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32985427/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・ファンクショナリティマトリクス
http://sarahin.seesaa.net/article/407730719.html

・スイムレーンチャート
http://sarahin.seesaa.net/article/418665206.html

・反対せずに異論を言う方法
http://sarahin.seesaa.net/article/406950639.html

・あなたが座っていた椅子を見なさい
http://sarahin.seesaa.net/article/399479453.html

・業務改革の教科書3
http://sarahin.seesaa.net/article/390166304.html

・業務改革の教科書2
http://sarahin.seesaa.net/article/390166303.html

・業務改革の教科書1
http://sarahin.seesaa.net/article/390166302.html

・トップダウンアプローチ
http://sarahin.seesaa.net/article/355293238.html

・結果を評価する基準は過去と理想
http://saracompass.seesaa.net/article/460019395.html

・相手から信頼を得る方法
http://saracompass.seesaa.net/article/457384328.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。