マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/07/12

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【キャリア】プレイングマネージャーのミッション
http://saracompass.seesaa.net/article/444970726.html
プレイングマネージャーは専任マネージャーへの通過点です。専任
マネージャーには、さらなる昇進の道が待っていますが、プレイ中
心のマネージャーの昇進は頭打ちになります...

●【ヒント】クビにする
http://sarahin.seesaa.net/article/261681194.html
あなたがもし管理職だったら、部下に対する人事権を持ってますよ
ね。これ、絶対行使してください。私の会社でも時々見かけるので
すが、自分と合わない人を部下に持って、その人と何とかうまくや
ろうとして、ストレスを抱えてたり、苦労していたりしている人が...

●【仕事術】パニックになるのを避ける方法
http://sarahin.seesaa.net/article/431098663.html
 仕事ってどういうわけか、色んな物を引きずってくることがある
 ようで、忙しくなると別の仕事も忙しくなるということがありま
 すよね。そういうのが3つも4つも重なってくると、だんだん思考
 能力が落ちてきます。とにかくすぐに片付けないといけない問題が同...

●【ヒント】みんなとの会話に乗れない時の対処法
http://sarahin.seesaa.net/article/453997905.html
みんなと楽しく会話をしているときに、どうも自分だけ会話の中に
入っていけないとか、滑っている、浮いていると感じたことはあり
ませんか?...

●【ビジネス書】グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト1
http://sarahin.seesaa.net/article/449239117.html
ビジネスパーソンに必須なビジネスの基礎力を自ら診断しながら自
分の弱点を知り、それを知るトリガになってくれる「グロービス流
ビジネス基礎力」...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●文房具へのこだわりは仕事に役立つ
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100615/231611/

●キャリアアップを加速させる、LinkedInの「4つ」の特色&登録方法
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1206/22/news017.html

●苦手な部下との面談をどう乗り切るか
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1102/09/news010.html
部下を持つと、うれしい反面、いろいろと苦労も絶えない。
特にパフォーマンスや意欲に問題がある人との面談は気が重くなる
もの。
そんな時に使えるのが「フィードバックのコンセントリック(同心
円)・モデル」だ。

●会議においては、議論の奥の「心の動き」を深く読む
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130607/353458/?ml
第3回で田坂教授は、「師匠」を見つけて私淑し、同じ部屋の空気
を吸うということの大切さを語られました。そして、その話の最後
に、昔から我が国において語り継がれてきた「仕事を通じて、己を
磨く」という言葉を引用され、「心の世界」を深く学ぶことの大切
さを語られました。では、どのようにすれば、我々は、仕事を通じ
て己を磨き、「心の世界」を深めていくことができるのでしょうか?


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■15分活用法
和田秀樹(著)『すぐ結果が出る「15分」活用法』

すきま時間をうまく使う勉強術・仕事術。時間を増やしたいあなたへ。
1日の仕事時間を15分という時間に区切って、これを1単位として仕
事をする。15分というのは小学校で45分授業の3分の1。この時間に
集中して仕事をすることで、あなたの時間効率は格段によくなる。
だらだらとWebサーフィンをしている時間が30分、1時間ある。15分
で区切りなさい。そしてその時間を使って、効率的な仕事をしよう。


◆アマゾンで見る
15分活用法
http://www.amazon.co.jp/dp/4860811585/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
15分活用法
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784860811587%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
15分活用法
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bk280_2799493/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・自分ならこうする
http://sarahin.seesaa.net/article/400596641.html

・3分の1マージン
http://sarahin.seesaa.net/article/369293544.html

・電話番号を覚えて脳の腹筋を鍛える
http://sarahin.seesaa.net/article/454355546.html

・待ち時間で整理整頓清掃清潔
http://sarahin.seesaa.net/article/446607355.html

・短時間でやれることを決めておく
http://sarahin.seesaa.net/article/438345287.html

・「××までに完了する」を習慣にする
http://sarahin.seesaa.net/article/437892436.html

・会議場所への移動は思い立ったが吉日
http://sarahin.seesaa.net/article/437028186.html

・タスクの分割単位は大きくていい
http://sarahin.seesaa.net/article/436480936.html

・15分だけ考えよう
http://sarahin.seesaa.net/article/433788529.html

・集中と弛緩を制御する(マックスIIの原則)
http://sarahin.seesaa.net/article/433494945.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。