マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/07/06

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【交渉術】口論にしない方法2
http://sarahin.seesaa.net/article/414844548.html
 以前の記事口論にしない方法の続編。前回同じく、『ムカつく相
 手を一発で黙らせるオトナの対話術』からの引用。合意点が見つ
 からずに議論が続くどうしても合意点が見つからない時、とりあ
 えずのブレイクとして、よくこの台詞を使います。「違いますね。
 あ、...

●【ビジネス書】社長は君のどこを見て評価を決めているのか2
http://sarahin.seesaa.net/article/388695813.html
 本日は昨日のの紹介の続き。過去記事でも幾つかネタにしたもの
 がありまして、実際経験としてこういったテクニックは役に立ち
 ます。おそらくサラリーマン経験が長くなると、皮膚感覚として
 わかるのでしょうが、なかなか文章にするのは難しいですし、そ
 れをこ...

●【PCアプリ】Excelで面倒な繰り返し作業を簡単にするF4キー
http://sarahin.seesaa.net/article/456322705.html
同じ操作を繰り返し実行したいときに、マクロや外部ツールを使わ
ずに素早くできる魔法のキーが MS-Office にはあります...

●【ハック】力いっぱいリラックスする
http://sarahin.seesaa.net/article/405727172.html
「仕事のストレスを解消するためにリラックスする時間を作りまし
ょう」よく言われることなんですが、「リラックスする」って何を
すればいいのか、わからずにいましたが、割と簡単な方法を見つけ
ましたので共有します。リラクゼーション音楽をかけて好きな飲物...

●【交渉術】誤前提暗示を活用する
http://sarahin.seesaa.net/article/413320449.html
 誤前提暗示相手に自分の期待する結論を出させる方法として、誤
 前提暗示という方法があります。実際使ってみると、簡単に引っ
 かかってくれるので、結構面白い方法です。ありもしない前提を
 相手に伝えたうえで、相手の判断を自分の思い通りにコント口ー
 ルする...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●8時間睡眠のウソ、動く図鑑、3Dプリンタなど5冊の書評
http://www.nikkeibp.co.jp/article/matome/20140228/385739/?ml
ネットでは睡眠の記事がよく読まれているらしい。であれば、いち
どウェブの記事で睡眠の研究者を取材してみようと考えたのが本書
の出発点。その記事は「ナショナル ジオグラフィック日本版公式
ウェブサイト」と「日経ビジネスオンライン」の連載「研究室に行
ってみた」で、第一線で活躍する研究者の現場まで足を運び、最新
の成果や研究の醍醐味を伝えようというものだ。

●どの仕事でも成長できる思考術(3)「いつまでも成長する人」の心の中
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20130904/363751/?ml
成長のために必要な最初のステップは「できないことを自分で把握
するか、他人に指摘してもらう」ことであるが、ここで大事なのは
「できないことを自分で把握することは結構難しい」ということだ。
なぜなら、「できている」「できていない」は絶対的な数値で評価
されることはなく、あくまで主観的に自己評価していることが多い
からだ。

●「アウトラインプロセッサ」が意外に役立つ
http://pc.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1048182/051200021/?set=ml
筆者は、パソコンを使い始めたころから「アウトラインプロセッサ」
という類いのソフトが存在することは何となく知っていた。発想を
整理したり、長文を書いたり、プログラムを組んだりする際に使う
と便利だ、という記述もパソコン雑誌などでよく目にしていた。ア
ウトラインプロセッサを使ってみたいと思い、フリーで使えるソフ
トやパッケージソフトの体験版などを手に入れて、手持ちのマシン
にインストールしてみたことが何度かある。ところが、どう使った
らよいか、ちんぷんかんぷん。結局投げ出してアンインストールす
る、そんな風に今まで過ごしてきた。

●上司が部下に身につけてもらうべき3つのスキル
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/ishida_jun/040500006/?ml
「もっとコミュニケーション能力を高めてほしい」「斬新な発想力
を磨いてほしい」上司が部下に望む成長には色々なものがあります。
なかでも、少し育った部下に対して多くの上司が口にするのが「問
題解決能力を持ってほしい」というものです。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■精神現象学
本書は、観念論の立場にたって意識から出発し、弁証法によって次々
と発展を続けることによって現象の背後にある物自体を認識し、主
観と客観が統合された絶対的精神になるまでの過程を段階的に記述
したもの。
カントの認識と物自体との不一致という思想を超克し、ドイツ観念
論の先行者であるフィヒテ、シェリングも批判した上で、ヘーゲル
独自の理論を打ち立てた初めての著書である。難解をもって知られ、
多くの哲学者に影響を与えた名著。


◆アマゾンで見る
精神現象学
http://www.amazon.co.jp/dp/4878932945/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
精神現象学
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784878932946%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
精神現象学
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32449802/?i3_ref=search&i3_ord=16/shori07622-001

●本書を引用した記事
・嫌なことがあった時には、難解な本を読む
http://sarahin.seesaa.net/article/442202826.html

・ものの見方の10パターン07:弁証法・否定弁証法
http://saracompass.seesaa.net/article/424263014.html

・古典・名著のすすめ2!)解説本の使い方
http://saracompass.seesaa.net/article/418659965.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。