マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/06/19

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【交渉・会議・面接】転職面接の自己PRは自己分析だけでは不合格
http://saracompass.seesaa.net/article/444124434.html
転職活動のための自己分析は、必ず入社したい会社の企業研究とセ
ットになっていないといけないのですが、複数の会社を受けたりし
た時に、それがおろそかになっていることがあります...

●【仕事術】上司の依頼は命令
http://sarahin.seesaa.net/article/351234707.html
給料を上げるためには、昇進・昇格がどうしても必要です。そのた
めには、上司のあなたへの評価を上げること。どうすれば上司の評
価が上がるかというと、業務を効率良くこなせることはもちろんで
すが、それだけでは不足です。上司が気持ちよく指示が出せるあな...

●【ヒント】「あ~面白かった」は悪魔の言葉
http://sarahin.seesaa.net/article/438622791.html
表現力を豊かにすると、人を説得する場面でも、面接をする場面で
も、とても強力な武器になります。これは普段のトレーニングが欠
かせません。...

●【時間術】通勤どこでも仕事術:毎日5分だけ勉強確保できる確実な方法
http://sarahin.seesaa.net/article/452054424.html
ある程度基礎勉強が済んで継続的に知識を深くしていくのであれば、
毎日少しづつ勉強することが適しています。ところがこの「毎日、
少しづつ」というのが曲者で、なかなかその時間を取りません(
「取らない」のではなく…」)...

●【心理技術】いつもと違うところに感動がある
http://saracompass.seesaa.net/article/428047394.html
家の隣に世界遺産があったとして、連休にそこに行きたいと思いま
すか?人は、いつもと同じものには感動しません。変化をもたせる
ことで、人の感動を引き出すことができます。...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●Excelを別ウィンドウで複数同時に操作する
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0708/10/news133.html
Excel 2010以前の場合、複数のExcelブックをエクスプローラーか
ら開くと、いずれも単一の親ウィンドウ内の子ウィンドウとして表
示されるため、自在には配置できない。そこで各ブックを別々のウ
ィンドウで開くテクニックと注意点を解説する。

●30代、幸せな人生を手に入れるのにはどうすればいいの?
http://magredirect.itmedia.co.jp/r/7Rt/38/1uK/w/bizid/articles/1211/13/news002.html

●「経費精算の憂うつ」「経費は自腹」から解放される日
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_--_274033_--_89207_--_13
月末が近づくと、何となく憂うつな気分になる。月末締めで提出し
なければならない社内書類が、複数あるからだ。中でも手間がかか
るのが、経費精算である。

●書店員がビジネスパーソンにオススメする一冊
佐治敬三と開高健 最強のふたり
http://cl.blwisdom.com/ml/?t=books326&p=w527h90600001007539
今回取り上げるのは、『白洲次郎 占領を背負った男』で山本七平
賞を受賞した北康利氏の『佐治敬三と開高健 最強のふたり』です。
 サントリー2代目社長となる佐治氏と後の芥川賞作家である開高氏。
  昭和の時代を駆け抜けた2人の軌跡から、ビジネスのヒントを探
  ります。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■論理トレーニング101題
「解説書なんかいくら読んだって論理の力は鍛えられない」と言っ
て論理の実践的な訓練を推奨する著者が、好評だった前著『論理ト
レーニング101題』を編み直して、練習問題を101題にまとめたのが
本書である。
練習問題のすべてに解答がつけられ、取り組みやすいよう体裁も整
えられている。論理を構成する各概念の解説もとっつきやすい表現
に直されていて、前作にあった教科書風の素っ気ない印象が薄まっ
ている。

本書で身につく論理の力にはさまざまな効用がある。たとえば、論
証の段で強調している「異論」(相手の主張と対立するような主張
を立論すること)と「批判」(相手の立論の論証部に対して反論す
ること、対立ではない)の使い分け。ここで双方の言葉の概念を正
確にとらえ、練習問題によって使い分けが可能になれば、討論のと
きなどにきわめて有用だ。本書はこうした論理の奥深い世界に読者
を案内してくれる。


◆アマゾンで見る
論理トレーニング101題
http://www.amazon.co.jp/dp/478280136X/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
論理トレーニング101題
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784782801369%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
論理トレーニング101題
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bk203_2022200/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・日記を書く理由、日誌を書いたほうがいい理由
http://sarahin.seesaa.net/article/448652168.html

・日記を書く理由、日誌を書いたほうがいい理由
http://sarahin.seesaa.net/article/447082946.html

・文章のコツ3:接続詞の7つのパターン2
http://sarahin.seesaa.net/article/418665313.html

・文章のコツ2:接続詞の7つのパターン1
http://sarahin.seesaa.net/article/418665291.html

・文章のコツ1:接続詞の使い方で意味が変わる
http://sarahin.seesaa.net/article/418665255.html

・接種理論:論理構造を図示してアンチテーゼを出す
http://sarahin.seesaa.net/article/416047115.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。