マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/06/15

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【仕事術】キータイプ数カウンタ
http://sarahin.seesaa.net/article/247722405.html
こんなソフトがあります。タイプ数カウンターこれを使って、毎日
の生産性を測定しています。つまり、キーのタイプ数はそれだけの
生産性があるということ。まぁ、正確な数ではありませんが、感覚
的にほぼ比例しているようです。生産性とは生産性を定義すると、...

●【仕事術】習熟度が上がったらマルチタスクで処理しなさい
http://sarahin.seesaa.net/article/439129451.html
初めてやる仕事は集中して、その仕事ばかりするのが効率がもっと
もよいです。逆になれた仕事なら他の仕事と平行して進めると効率
が良くなります。この遷移のポイントは「習熟度」です。...

●【交渉・会議・面接】ポイントカードテクニックで仕事を頼む方法
http://saracompass.seesaa.net/article/439651678.html
「人を巻き込んで活動する」技術というのは、管理職にとって必須、
欠くべからざる技術です。人を巻き込むには、相手が自然にこちら
側に歩み寄ってくれるように仕向ける仕掛けを作るといいです...

●【自己マネジメント】サラリーマンの人生設計の3つのコアプロセス
http://saracompass.seesaa.net/article/444763627.html
サラリーマンの人生設計は3つのコアプロセスを検討すると、今持
っているパフォーマンスの選択と集中ができるようになります。3
つのコアプロセスとは...

●【PCアプリ】UWSCで切り替わったアプリを強調する方法
http://sarahin.seesaa.net/article/441412345.html
ウインドウをキーボードで切り替えるようになると、Windowsの操
作が素早く出来るようになります。ただし、アクティブウィンドウ
を見失うことがあるので、アクティブウィンドウを発見しやすくす
るアプリを作ってみました...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●ビジネス能力向上術:クラウド環境で情報交換(3)
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20131018/369532/?ml
前回からの続きで、無料のクラウド・サービスを利用してビジネス
環境を構築する例を紹介する。今回はLINEの活用例である。ビジネ
スの現場でよく聞かれる逆境は、社員からアイディアが出て来なく
なることである。それは会議、会議の連続で社員が外部からの新鮮
な情報を入手できなくなり、アイディアが枯渇して堂々巡りの会議
になっている場合が多い。解決策としては...どの仕事でも成長で
きる思考術:ある係長補佐が「頑なで硬直的な人」になった理由
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20131017/369368/?ml
この連載では、「仕事で成長するための思考術」を扱っている。今
回からは「成長できない10のネガティブ特性」の3番目にある「柔
軟性がない、頑固である」を説明する。

●何気ない会話に潜む“地雷”、どう対処すればいい?
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1501/29/news013.html
知らず知らずのうちに相手の機嫌を損ねてしまう!)!)誰でも一度や
二度は会話で“地雷”を踏んだことはあるはず。今回はその地雷を
2パターンに分け、回避法や踏んでしまったときの対処法をまとめ
てみました。

●【社会を映し出すコトバたち】
木から落ちる猿、尻を見て笑う猿言葉から見える「アジア文化と猿」
の関係性
http://nkbp.jp/1KeScEH
今年は申年(さるどし)ということで、語形や由来に「猿」が登場
することわざや慣用句を特集しましょう。数々の事例を俯瞰すると
「アジア文化と猿との興味深い関係性」が見えてきます。

●絶えざる変化が成功を生む!
http://www.nikkeibp.co.jp/article/matome/20140203/382332/?ml
「現状維持」という意識は、ビジネス社会において最もリスクが高
い。変化することは当たり前なのだ。大切なことは、環境変化に適
応して自らを変革すること。かつ、変えてはいけない自分のコアを
しっかりと持つことだ。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■感情を整えるアドラーの教え
怒りや不安、嫉妬!)!)「負の感情」をコントロールすることで、人
生は大きく好転する! アドラー心理学が語る、自分を変えるレッスン。


◆アマゾンで見る
感情を整えるアドラーの教え
http://www.amazon.co.jp/dp/4479795200/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
感情を整えるアドラーの教え
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784479795209%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
感情を整えるアドラーの教え
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt33433514/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・日誌を付ける意味
http://saracompass.seesaa.net/article/459596543.html

・「不安」の大半は根拠がない
http://saracompass.seesaa.net/article/459596503.html

・ちょっと前向きになれるアドラーの指針
http://saracompass.seesaa.net/article/459344598.html

・「好きかどうか」ではなく「どう自分の役に立てるか」を考える
http://saracompass.seesaa.net/article/459186882.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。