マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/06/08

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【面接技術】面接技術:技術を話す
http://sarahin.seesaa.net/article/397794101.html
今回は、技術面接で必ず質問される学生なら「研究テーマについて」
中途なら「前職での技術について」について。「技術」と言ってし
まうと広いので、通常は「あなたはどのような分野にどのような強
みを持っていますか?」「前職でどのような技術を発揮していま...

●【PCアプリ】エクセルのSheetXは消しておきなさい
http://sarahin.seesaa.net/article/417143867.html
ちょっとだけ、見栄えがいい EXCEL の作り方のご紹介。今の会社
で EXCEL を使ってないところは珍しいのではないでしょうか。そ
れほど一般的な EXCEL なのですが、案外ぞんざいに扱われていて、
ちょっと工夫すれば、見やすくなって、見栄...

●【コンピタンス・コンピテンシー】計画を作りたければ、まず期限を決める
http://saracompass.seesaa.net/article/409759733.html
「仕事」といえるためには 4 つの要件があります。その内のひと
つが「期限」です。あなたが仕事をする上で何かの目標があるのな
ら、期限という要素を満たさないといけません。期限のない活動を
仕事とは言わないからです。...

●【アンドロイドアプリ】GoogleKeep
http://sarahin.seesaa.net/article/386746376.html
GoogleKeepアンドロイド(Android)をお使いの方はGoogle Keepをご
ぞんじですよね。私は、お恥ずかしながら、「これ何の役に立つん
だろう?」と思ってました。エバーノートみたいに何ページにも渡
るデータを貼り付けるわけでもな...

●【ハック】付箋紙
http://sarahin.seesaa.net/article/231302012.html
 知的資本は、人的資本・構造的資本・関係性資本の三つからなる
 といわれています。未来の人的資本は「人の成長」であり、未来
 の構造的資本は「ビジネスモデルなどのアイディアの創出」、そ
 して未来の関係性資本は「新しい人と人とのつながり」を生み出
 すこと...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●日立の人なら誰でも知ってる「ケンロン」って何?
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1405/20/news140.html
日立グループの企業には、社員ならほぼ全員が経験する“名物研修”
があるという。50年以上続いている伝統の研修「研論(ケンロン)」
とはどのようなものなのか?  日立製作所に取材した。

●超多忙なときの仕事管理に効くアイデア付箋
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20120607/1051664/?set=mlz

●技術者不足への対策ですか。諦めてください。それが日本のためです
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/01/25/03369/?ml
日本は今、空前のIT技術者不足。「必要な頭数を確保せよ」と、ま
るでモノをかき集めるかのような口調で“調達”に奔走している。
私にさえ対策を聞いてくる人がいるが、必ず「諦めてください。そ
れが日本や若者のためです」と答えている。

●マナー以前になぜ重要!? 「ありがとう」のメールを送ること
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1301/25/news013.html


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■タテの会議 ヨコの会議!)時間半減、生産性倍増の実践ノウハウ
上司と部下の「タテの会議」と、部門をまたぐ「ヨコの会議」。
!)!)その目的も会議術も異なる。
時間半減、生産性倍増のノウハウが満載!

上司と部下の「タテの会議」の目的は、理解と伝達。
部門をまたぐ「ヨコの会議」の目的は、企画・構想・創造。
「会して議せず、議して決せず、決して行わず、行ってその責めを
とらず」といった悪い会議がはびこり、繰り返されています。こう
した“悪い会議”の問題点をすべて解決していく強力な一冊です。
「タテの会議」では、上司と部下それぞれの視点から問題を解きほ
ぐし、具体的なアドバイスをします。
一方、「ヨコの会議」では、部門をまたいだ会議の際に生じるトラ
ブルや、上下関係では生まれない、「ヨコ」ならでは悩みを挙げま
す。部門間での仕事のあり方を取り上げることで、“組織横断的な
仕事のあり方”を学んでいきます。
また、始まりつつある「ウェブ時代の会議術」についても触れてい
ます。
ファシリテーターから新入社員までの必読書。きっと役立つヒント
が見つかります。


◆アマゾンで見る
タテの会議 ヨコの会議!)時間半減、生産性倍増の実践ノウハウ
http://www.amazon.co.jp/dp/4478008337/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
タテの会議 ヨコの会議!)時間半減、生産性倍増の実践ノウハウ
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784478008331%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
タテの会議 ヨコの会議!)時間半減、生産性倍増の実践ノウハウ
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32214049/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・上司の目線を理解するには財務諸表を見る
http://saracompass.seesaa.net/article/439128771.html

・会して議せず、議して決せず、決して行わず、行ってその責を取らず
http://saracompass.seesaa.net/article/438111006.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。