マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/05/09

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【仕事術】原因を探さない
http://sarahin.seesaa.net/article/316529855.html
なにかにチャレンジをすれば、その目標自体を達成できたとしても、
そこにはいろいろな反省点も出てくると思います。個人的にやった
ことなら別なのですが、チームでチャレンジすると、問題が発生し
た時に、「なぜ、こういうことになったんだ?」という質問をつ...

●【このビジネス書は読んでおけ!】覚悟の磨き方
http://saracompass.seesaa.net/article/408546514.html
内容を紹介した記事ゴールを設けてはいけない「人生に目標を持ち
なさい」多くの自己啓発書で言われていることです。でも、実際に
目標を持ってしまうと、自分の人生をつまらないものにしてしまう
危険があります。たとえば、「この会社の社長になる」という目標...

●【キャリア】昇進の打診は二つ返事で
http://saracompass.seesaa.net/article/443028470.html
「管理職にならないか」と打診されたら、二つ返事で引き受けまし
ょう。いまの仕事に愛着や自信もあるかもしれませんが、20年後に
同じことが言える確率は高くないです...

●【知的生産術】書く目的を明確にする
http://saracompass.seesaa.net/article/440591243.html
ノートやメモに何かを書くことは目的ではなく目的を達成するため
の手段の一部でしかありません。ではどういう目的で、それを達成
するためには、あとどういうプロセスが必要でしょうか?...

●【ハック】記憶術:ガムを噛むと記憶力がよくなる
http://sarahin.seesaa.net/article/444552512.html
何かを食べながら勉強をすると、記憶力に良い影響があるみたいです...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●会議で使える「マインドマップ」使い方講座
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1306/21/news018.html
マインドマップは自由な道具です。会議中ノートを取るのが遅くて
議事の進行に着いて行けない。そんなことを思ったら、ぜひマイン
ドマップを使ってみましょう。

●「先が読める人」の思考スタイルにはどんな共通点があるか
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130325/345039/

●野中郁次郎:革新性をもたらす洞察は、現場の「実践知」に根差す【前編】
!)!)日本企業の強みを活かす帰納的飛躍を起こそう
http://www.nikkeibp.co.jp/article/tk/20140217/384093/?ml
世界的に経営・経済環境が激変する中、日本企業は何を目指すべき
か、どうあるべきか。この問いに対して、一橋大学名誉教授の野中
郁次郎氏は「コトづくりのイノベーションを持続的に生み出す」こ
とを目指し、それを実現する共同体を創ることが必要だと答える。
そして、その鍵は「実践知」だと主張する。

●・「継続は力なり」、カレンダーを用意して意志をつなげる
http://www.nikkeibp.co.jp/article/nba/20081225/181387/?ST=manabi


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■ビジョナリー・カンパニー
時代を超え際立った存在であり続ける企業18社を選び出し、設立以
来現在に至る歴史全体を徹底的に調査、ライバル企業と比較検討し、
永続の源泉を「基本理念」にあると解き明かす。世界中の経営者に
読み継がれるビジネス書の金字塔。
企業を組織する人間が企業内に活力を生み出すのは、カネでは計れ
ない動機づけにあるというシンプルな「真理」が、ライバル企業と
比較された各社の資料、エピソードから浮き彫りにされる。著者の
1人であるコリンズはコンサルティングも手がける大学教授である
ためか、随所に抽象化された概念と企業が取るべき方策が図を合わ
せて示される。

ビジョナリー・カンパニーはシリーズ化されており、
ビジョナリー・カンパニー シリーズ
http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&camp=247&creative=7399&keywords=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%80%80%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BA&linkCode=ur2&qid=1413625782&rh=n%3A465392%2Ck%3A%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%80%80%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BA%2Cp_n_condition-type%3A680578011&rnid=680577011&tag=shori0763-22
は蔵書しておきたい。


◆アマゾンで見る
ビジョナリー・カンパニー
http://www.amazon.co.jp/dp/4822740315/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
ビジョナリー・カンパニー
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784822740313%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

●本書を引用した記事
・学習する組織:「4.共有ビジョン」の考え方の基本
http://saracompass.seesaa.net/article/453838045.html

・ビジネス書名著目録(必須図書)
http://sarabooks.seesaa.net/article/407782570.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。