マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/05/05

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【PCアプリ】最強のカーソルキー割り当て
http://sarahin.seesaa.net/article/454355379.html
キーボードの中で最もよく使うキーを特等席に置くと操作が素早く
なります。カーソルキーとBS、ENTERキーが高速に入力できる位置は...

●【ビジネス書】仕事のプロセスの教科書2:要約1
http://sarahin.seesaa.net/article/432904831.html
 久しぶりのビジネス書紹介。いい意味で、「期待はずれ」の一冊
 でしたので、いつかご紹介したいと思っていた本のご紹介をした
 いと思います。本日は、本書『「仕事のプロセス」の教科書』の
 要約をお送りします。長くなるので分割してお送りします。要約
 1イン...

●【このビジネス書は読んでおけ!】なぜ間違えたのか
http://saracompass.seesaa.net/article/400003201.html
参考図書 『なぜ、間違えたのか?』書名:なぜ、間違えたのか?
著者:ロルフ・ドベリわたしたちはよく、誤った判断を下してしま
う。自分を過小評価するよりも、過大評価することのほうがはるか
に多い。何かを手に入れるときよりも、失う危険があるときのほう...

●【ビジネス書】40歳からの知的生産術
http://sarahin.seesaa.net/article/238553123.html
40歳からの知的生産術【要約】課題仕事仲間で、いくつものプロジ
ェクトを同時に走らせながら、涼しい顔で仕事をしている人はいな
いだろうか?そういう人はどのような仕事をしているのだろうか?
解決策仕事を効率よくやるためには・時間管理術・情報管理術・...

●【仕事術】忙しい時は睡眠時間を増やす
http://sarahin.seesaa.net/article/430440695.html
仕事が詰まってきて忙しくなると、仕事をしている時間が増えます。
そして削られるのが睡眠時間。でも、私の経験だとこれがもっとも
逆効果な方法です。過去記事でも何度か書いてますが、私は仕事が
忙しくなって、始発出勤、終電退勤を繰り返し、最終的にはウツ...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●IoTで心地良い睡眠を実現する、サムスンの本気度
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/news/1509/092401568/?ml
韓国サムスン電子は睡眠の状態をセンサーで分析し、複数のIoTデ
バイスを連動させることで快適な睡眠を維持する「SLEEPsense」と
いう新デバイスを披露した。これまでのIoTからはなかなか見えて
こなかった、何のためにネットワークに接続するのかという点に、
答えようとする構想だ。

●“短時間睡眠本”や“朝活本”にだまされるな!
脳科学的に正しい『超「朝活」法』とは?
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1292592880522.html

●ビジネスプラン作成に役立つ「考える技術」
http://www.nikkei.com/life/living/article/g=96958A96889DE1E7E0E3E6EAE3E2E1E2E2EBE0E2E3E385E2E7E2E2E0;p=9694E3E6E2E4E0E2E3E2E4EAE6E2

●「戦略バカ」で日本に負けた欧米企業
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20121207/240684/?mlt


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■すごい交渉術 “交渉の神様"が教えてくれた5つの法則
グーグル、マイクロソフト、JPモルガンなど世界的大企業に交渉戦
略をアドバイスしている「交渉の神様」ことスチュアート・ダイア
モンド氏。
そんな交渉の神様から直接「交渉のいろは」を教わった豊福氏が、
 自身の実践例を紹介しながら、交渉の必勝法を解説する。

 交渉術の世界的専門家であり、グーグル、マイクロソフト、JPモ
 ルガンなどの多くの優良大企業や、 国連、世界銀行などの公的機
 関に交渉戦略のアドバイスしているスチュアート・ダイアモンド
 氏。また名門ペンシルベニア大学ウォートン・ビジネススクール
 の教授でもあり、 彼のMBAコースでの講義は同校で15年連続人気
 ナンバーワンとなっている。

そんな「交渉の神様」とも呼べるスチュアート・ダイアモンドから、
直接「交渉のいろは」を教わった豊福公平氏。
もともと人見知りで口べた、なかなか営業成績が上げられなかった
保険セールスマンであったが、「交渉の神様」から教わったノウハ
ウをそのまま実践したところ、またたく間に営業成績が上昇。プル
デンシャル生命時代には入社以来毎年、社長杯入賞、MDRTも毎年入
会するほどのトップセールスマンにまで上り詰めることが出来た。

 本書では、そんな豊福氏が、「交渉の神様」とも呼べるスチュア
 ート・ダイアモンド氏から受け継いだ「交渉の成功法則」を自身
 の成功物語を紹介しながら、わかりやすく紹介するものである。


◆アマゾンで見る
すごい交渉術 “交渉の神様"が教えてくれた5つの法則
http://www.amazon.co.jp/dp/4797380551/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
すごい交渉術 “交渉の神様"が教えてくれた5つの法則
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784797380552%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
すごい交渉術 “交渉の神様"が教えてくれた5つの法則
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt33197534/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・多面的交渉術をトレーニングする「ピラミッド交渉力」
http://sarahin.seesaa.net/article/453854851.html

・多面的交渉術をトレーニングする「ピラミッド交渉力」
http://sarahin.seesaa.net/article/453855126.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。