マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/04/28

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【PCアプリ】アウトルックでキーボードで「添付ファイルの保存」をする
http://sarahin.seesaa.net/article/454649117.html
アウトルックで添付ファイルの操作をするには、マウス操作が必須
ですが、マウスを極力触りたくない身としては、アウトルックだけ
特別扱いは支度ありません。そこで、キーボード操作で添付ファイ
ルを保存できるようなツールを作りました...

●【時間マネジメント】緊急の仕事を優先する
http://saracompass.seesaa.net/article/438623699.html
 一般的に言うと、重要度の高い仕事ほど緊急度が低いです。もち
 ろん、例外もありますが。たとえば、自分の成長のためには勉強
 することが必要ですし、進捗や振り返りのためのレビューは欠か
 せません。でも、毎日の締め切りはやってきますし、トラブルも
 毎日の...

●【キャリア】転職はキャリアアップ、それともキャリアダウン?
http://saracompass.seesaa.net/article/431378016.html
私は、基本、「【転職】」には否定的な書き方をすることが多いで
す。理由は簡単、経済的にもキャリア的にも損になった事例が少な
からずあったからです(自分の経験ではなく、知人や同僚の経験で
すが)。...

●【メモ術・ノート術】メモしてみせる
http://sarahin.seesaa.net/article/435681546.html
私の会社では、打ち合わせの時にノートPCを持ってくるか何も持っ
てこない人が 3:2 くらいの割合です。メモ帳や手帳を持ってくる
人はごく少数派。だいたい半分強の人がノートPCを持ってきて、打
ち合わせ中に何やらマウスでカチカチしていたり、何かを...

●【知的生産術】生産性を高くするには、専門化と仕組み化
http://saracompass.seesaa.net/article/442006375.html
大規模企業と小規模企業では、労働生産性が倍くらい違います。組
織の人、ひとりひとりの能力にそれほど差はないはず。違いは、企
業における「専門化」「仕組み化」。同じことは個人の生産性にも
当てはまります...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●リストラされた2人の管理職から学ぶこと
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120620/313225/?ml

●れわれはつねに「常識」という名の「思い込み」にしばられている
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130924/366385/?ml
9月7日にBizCOLLEGE・PREMIUM特別イベントを開催した。竹内薫氏
は「データには誤差というものが存在するが、ビジネスの現場では
それがなかなか受け入れられない」という話に言及し「なぜそうい
うことが起きるのか」を分かりやすく教えてくれるものとして、ガ
リレオ・ガリレイのエピソードを紹介した。

●職場を生き抜け:あなたはなぜ、同僚から「敵」とみなされるのか?
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140909/414818/?mla
いったん退職してしまうと、元同僚達からは「敵」とみなされてし
まう傾向は確かにあると思います。ただし、「敵」とみなされるの
は、退職者だけではない、と思います。

●時間を安売りするサラリーマンたち
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1206/29/news034.html


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■ドラッカー時代を超える言葉
●「今、ドラッカーなら何と言うだろうか?」(本書「あとがき」より)

成果のあげ方、マネジメント、社会の変化……。
もしドラッカーが生きていれば、聞いてみたい数々のテーマ。
今起きていること、これから起こりうることを、
ドラッカーの「目」を通して読み解く。


●ドラッカーの膨大な思想世界をたどる。

60年にも及ぶ著述生活、膨大な数の著作。
本書は、「日本での分身」とまで言われた著者が、
ドラッカーの著書からエッセンスを引き出し、
様々なテーマについて解説を付していく、
言うなれば「ドラッカー百科」。
主要著作を年代順に解説した「解題」も付し、
今、ドラッカーを読むには何からはじめればいいのか、
と考えている人にはもちろん、
ドラッカーを読んだことがない人にも強く勧めたい1冊。


●「週刊ダイヤモンド」の人気連載「3分間ドラッカー」、ついに
単行本化。


6年を超える連載の中で生まれた300編を超える項目から、
珠玉の160編を選んで大幅に加筆・修正。
さらにドラッカーの3つの関心領域、

「働く個人とその成果のあげ方」(本書I、II)

「組織とそのマネジメント」(同III、IV)

「社会とその変化」(同V)

に沿って整理した。

読み終える時、ドラッカーの関心領域の広さに驚くとともに、
そのすべての問題意識がつながっていることを実感できる。


◆アマゾンで見る
ドラッカー時代を超える言葉
http://www.amazon.co.jp/dp/4478011303/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
ドラッカー時代を超える言葉
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784478011300%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
ドラッカー時代を超える言葉
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32324284/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
http://saracompass.seesaa.net/article/437024809.html

・時間の浪費をやめる
http://saracompass.seesaa.net/article/422213801.html

・多数の雇用形態の仲間を持つときに注意するべきこと
http://saracompass.seesaa.net/article/416749242.html

・決定事項に必須の3要件
http://saracompass.seesaa.net/article/413314964.html

・サービス労働者の生産性
http://saracompass.seesaa.net/article/412887940.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。