マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/04/24

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【巨人たちの言葉】人を動かす:心のなかに欲求をおこさせる
http://saracompass.seesaa.net/article/445843788.html
デール・カーネギーの『人を動かす』から、「他人の立場に身を置
き、その心のなかに欲求を起させる」をお送りします。...

●【交渉術】ゆっくりしゃべる
http://sarahin.seesaa.net/article/253949184.html
話をするときに、意図的にゆっくり、低い声で話すようにしてます。
アナウンサーの話す速度は、テレビだと400字前後、ラジオだと30
0字前後だそうです。このスピードを目安にして、おおよそ1分間に
200文字を目標に話す速度を遅くします。なるべく低い...

●【仕事術】イライラしたら飴におさめてもらう
http://sarahin.seesaa.net/article/67.html
「頭に血が上る」状態になると、大抵は何らかの失敗をして、あと
で反省するはめになります。一度頭に血が上ってしまえば、もう手
遅れですが、何かを口の中に入れられる環境があると予防措置には
なるかもしれません。...

●【キャリア】経営者の価値観を知る
http://saracompass.seesaa.net/article/405709598.html
あなたがどのような価値観を持っていようと問題ありませんが、仕
事の場ではあなたの価値観は表現してはいけません。経営者の価値
観に合わせた言動をしなければあなたは評価対象にすらなりません。
経営者がいくら「多様な価値観を尊重する」といっても、それは単
なるお題目に過ぎず、経営者が許容範囲と思う価値観の範囲に入ら
なければ、「勤務態度が悪い」という曖昧な表現で評価を下げられ
てしまいます。...

●【時間術】タイムバンデッド
http://sarahin.seesaa.net/article/353421345.html
「ちょっと時間はある?」これほど本音を偽った質問もそうはない
でしょう。こんな言い方より、本当のことを行ってほしいものです。
「あなたの貴重な時間を20分間無駄にしてほしいんだけど、いい?」
実際やっているのはそういう行為の場合が少なくありません...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●ウィンドウをマウスホイールでリサイズ・半透明化できる「Feel the Wheel」
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20130311_589864.html?ref=rss

●臼井由妃:意識的な「沈黙」が、円滑なコミュニケーションを生む!
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140903/414000/?mla
沈黙が気になるのは、「会話は弾まなければいけない」「相手を不
快にさせたらいけない」と必要以上に、自分にプレッシャーを感じ
ているからでしょう。沈黙は、悪いことではありません。

●ずっと「安月給」の人の思考法:給料の「高い会社」と「低い会社」に分かれるワケ
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1308/06/news006.html

●仕事を増やしておきながら、「残業を減らせ」という上司に我慢できるか?
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20121203/332671/?rt=nocnt


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■キラー・クエスチョン
元HP(ヒューレット・パッカード)社パーソナル・システムズ・グル
ープCTO(最高技術責任者)が、数々の優れモノを世に送り出した
「アイデア開発実行システム」を公開。「正しい質問」こそが、真
に革新的なビジネスを生む!

 最良のアイデアを生み出し実行することは、変化や競争の激しい
 ビジネスの世界で生き残るカギだ。そんなイノベーションを起こ
 すためのメカニズムとして「キラー・クエスチョン」を提案する。
 経験則に基づく固定観念を打ち破るにはどうすればいいのか?

 情熱と好奇心を備えたプロフェッショナルなら誰でも、新しいビ
 ジネスのアイデアを考案して育み、実行することは可能だ。本書
 のキラー・クエスチョンと、そのクエスチョンを正しく問うため
 のFIRE(フォーカス・アイデア化・ランキング・実行)メソッドを
 使えば、あなたもゲーム・チェンジャーになれる!

 「イノベーションを成功させるためには、優れたアイデアを生み
 出し、優先順位をつけ、実行に移すプロセスを理路整然と進める
 システムの存在が何よりも欠かせない。そこで私は「キラー・ク
 エスチョン」というシステムに注目した。これは成功へのロード
 マップとして活用できる優れモノだ。キラー・クエスチョンを使
 えばすごいアイデアが確実に生み出されるだけでなく、資金や時
 間や労力をつぎ込むべきアイデアの選択に迷いの入り込む余地が
 ない。」!)!)本書「プロローグ」より




◆アマゾンで見る
キラー・クエスチョン
http://www.amazon.co.jp/dp/4484131161/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
キラー・クエスチョン
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784484131160%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
キラー・クエスチョン
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32988158/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・説得術:無言で相手を誘導する方法
http://sarahin.seesaa.net/article/436729751.html

・ゲートファインディングモデル2
http://sarahin.seesaa.net/article/384977735.html

・ゲートファインディングモデル1
http://sarahin.seesaa.net/article/384977734.html

・「同じ轍を踏む」ようにするとうまくいく
http://saracompass.seesaa.net/article/447642679.html

・「同じ轍を踏む」ようにするとうまくいく
http://saracompass.seesaa.net/article/447613217.html

・発想法:オズボーンの「ださく似たおち」
http://saracompass.seesaa.net/article/432626373.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。