マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/04/11

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【知的生産術】イメージトレーニングで収入アップ?
http://saracompass.seesaa.net/article/443842317.html
ある調査によると、イメージ力が高い人ほど収入が高いそうです。
未来のゴールを具体的に想像することができれば、それを実現でき
る可能性が高くなり、その結果、評価が上がるらしいです...

●【仕事術】考えは伝えられない
http://sarahin.seesaa.net/article/419442185.html
 「×××を日までにお願い」とお願いしたのに、
 できたものは全然期待とは別物。それも当日の夜になって出して
 きて…なんていう経験は仕事をしていれば、当たり前のようにあ
 ります。考えていることは伝わらない以前の記...

●【心理技術】ラベリングテクニックで人を操る方法
http://saracompass.seesaa.net/article/406107792.html
「教育」というのはすごく狭い意味に考えると、「相手に自分の望
んだ行動をさせること」なのだそうです。ちょっと定義としては納
得しかねる部分もあるにはあるのですが、一面そういう言い方もア
リなのかもしれません。自分の望んだ行動をさせるためにいろんな
心理テクニックや人事権、指揮権などを行使するわけですが、その
内のひとつのテクニックとしてラベリングテクニックというモノが
あります。一時的な言葉だけで相手が「自分が望んでそうしている」
と思わせることができるので、有効な手段ではあります。...

●【交渉術】カードは1枚づつ切りなさい
http://sarahin.seesaa.net/article/432624527.html
 私自身が「下手だなあ」と時々思い返して、暗くなるのは、交渉
 事をして失敗した時(断られた、相手の言い分を飲まされた)よう
 なときです。特に、思い返してがっかりするのは、こちらの手の
 内を見せる順番を間違えて都合よく進まなかった時や、相手にカード...

●【思考技術】問題発見力養成講座:階層を意識してレバレッジポイントを見つける2
http://saracompass.seesaa.net/article/443028449.html
ある事象やある事実、ある表現には氷山のように、その下に見えな
い奥行きがあります。ここに解決策を求めることができると非常に
強力です...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●上司に文書を破られた経験の有無
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20110818/365641/

●御立尚資:突然の事態に有効な「分散型リーダーシップ」の作り方
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20140922/416724/?mla
地域紛争なり天災なりのリスクイベントが発生した場合に、どうす
ればより適切に組織が行動して、損害などのマイナスインパクトを
減らせるか(ないし、環境の激変の中で、プラスのインパクトを生
み出せるか)、ということを考えてみたい。

●新年からぜひもののおすすめカレンダー2本
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20131217/1115524/?set=ml

●10個以上ブラウザタブを開いてはいけない理由
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1303/08/news008.html


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■あたりまえだけどなかなかできない上司のルール
日常業務をこなす中で、人材に教育を施している時間もお金もない。
そんな企業にとってもっとも重要なのは、上司がオンジョブトレー
ニングを施していくこと。それが最も効果的で効率的な人材育成です。
著者の嶋津氏は「優秀な部下を育てられる上司」を育成する方法を
体系立ててまとめた「上司学プログラム」があり、それが効果を上
げている。
本書は、このプログラムの中から、明日からでもすぐに使えるノウ
ハウだけをまとめた。
新米上司や部下との関係で悩んでいる上司、今以上に組織・会社の
結束力を強め業績を上げたい上司の皆様にとって日々の行動指針と
なり手離せない1冊になる事でしょう。


◆アマゾンで見る
あたりまえだけどなかなかできない上司のルール
http://www.amazon.co.jp/dp/4756910300/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
あたりまえだけどなかなかできない上司のルール
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784756910301%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
あたりまえだけどなかなかできない上司のルール
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bk274_2738325/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・仕事の五要素と5W2H
http://sarahin.seesaa.net/article/415602623.html

・振り返りのコツは「予行結差学改」
http://sarahin.seesaa.net/article/414844641.html

・わかってから報告しても手遅れ
http://sarahin.seesaa.net/article/414438876.html

・催促されない
http://sarahin.seesaa.net/article/385559393.html

・上司にプロジェクトの「死亡診断書」を出してはいけない
http://saracompass.seesaa.net/article/456044311.html

・上司にプロジェクトの「死亡診断書」を出してはいけない
http://saracompass.seesaa.net/article/456044128.html

・必ず人がモチベートされるされる方法
http://saracompass.seesaa.net/article/414057389.html

・あたりまえだけどなかなかできない上司のルール
http://saracompass.seesaa.net/article/414078612.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。