マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/04/08

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【キャリア】管理職登用面接の評価ポイント2:経営意識
http://saracompass.seesaa.net/article/414845203.html
管理職に昇進するとき、あるいは管理職として業績評価を受けると
きに、評価されるポイントというのは、私の知る範囲では 5 つあ
ります。本日はその第 2「経営意識」についてご紹介します。...

●【PCアプリ】PDFから画像を「抽出」する
http://sarahin.seesaa.net/article/453854425.html
PDF を画像に「変換」すると画質が元画像より劣化します。劣化さ
せずに PDF から「抽出」できるツールがあります...

●【交渉術】立て板に水
http://sarahin.seesaa.net/article/398984808.html
なぜ決済がおりないのか?今まで、自分の同僚が上司にしてきた、
或いは大きな会議でしてきたプレゼンを思い出してください。ある
いは、トラブルの報告を上司にしている場面に出くわしたことでも
いいです。ほとんど大した質問も出なくて、ツッコミもなくすんな...

●【ハック】自炊のコツ
http://sarahin.seesaa.net/article/382182086.html
先日、ちょっと思い立って、今どのくらい自炊した本があるかなぁ、
と思って数を数えてみました。TIFF形式の本約1200冊PDF形式の本
 約 400冊epub,AZW形式約 100冊その他(txtなど) 約 600冊と、な
 んと約2500冊もあり...

●【巨人たちの言葉】目覚めよ!生きよ!:過去の成功の感触を取り戻す
http://saracompass.seesaa.net/article/442421919.html
「失敗することなどありえない行動を取れ」成功のたった一つのル
ールを提示しているドロシア・ブランドは、成功するための行動を
する心の準備について、「自分自身の成功体験をモデルとせよ」と
言っています...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●第14回 若手の「社会人スイッチ」を入れる最善の策
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140320/388964/

●【Excel 2010】第11回 写真やグラフをハッキリ印刷する画像編集ワザ
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/knowhow/20130811/1101243/?set=ml

●梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」
「野球」に例えて物事を伝えるオヤジ世代に見る“会話の距離感”
http://nkbp.jp/2dvfoQA
「不肖・宮嶋」こと、写真家の宮嶋茂樹さんの「不肖・宮嶋写真展
『70年』」に行ってきた。第二次世界大戦から70年たった今の、フ
ランス、ロシアなどヨーロッパ、日本を含む中国、台湾など、世界
各地の人々の微細な表情から、それぞれの“先の大戦の意味”が、
写真と対話しているうち、じんわり伝わってくる。

●部下から適切なフィードバックがもらえる3原則
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1310/29/news022.html
ある3つのルールを守っていれば、チームのメンバーが頑張ろうと
いうやる気を出させる活力を一緒に作っていけます。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■クリティカルチェーン!)なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?
ベストセラー『ザ・ゴール !) 企業の究極の目的とは何か』に続く
ゴールドラット博士によるシリーズ待望の4作目。

テーマはTOCによるプロジェクトマネジメント。

納期直前まで作業を始めない「学生症候群」、結局は無駄になる
「セーフティー(時間的余裕)」、あるいはクリティカルパス以外の
作業の開始時期、プロジェクトの評価基準など、プロジェクトは計
画を作った瞬間から遅延を始める。

TOCはそれらを見事に解決するが、同時に、クリティカルパスの変
化やマルチタスク(掛け持ち作業)による人的リソース不足といった
実行段階の問題を解く新たな視点も要請する。それが「クリティカ
ルチェーン」。

謎解きのような展開にはやや焦らされるが、具体的な事例をもとに
プロジェクトマネジメントの基本を順に追うことができるのはよい
トレーニングになる。



◆アマゾンで見る
ザ・ゴール !) 企業の究極の目的とは何か
http://www.amazon.co.jp/dp/4478420408/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
ザ・ゴール !) 企業の究極の目的とは何か
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784478420409%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
ザ・ゴール !) 企業の究極の目的とは何か
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bk203_2027503/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・時間つぶしの時間
http://sarahin.seesaa.net/article/420262736.html

・遊び時間を作る
http://sarahin.seesaa.net/article/415182939.html

・問題認識の手法4!)現状分析2
http://sarahin.seesaa.net/article/367292835.html

・アイディアのある人ない人
http://sarahin.seesaa.net/article/232760993.html

・ものごとは考える以上にシンプルだ、と考える
http://saracompass.seesaa.net/article/436726289.html

・発想法:制約条件の理論
http://saracompass.seesaa.net/article/434837409.html

・ビジネス書名著目録(必須図書)
http://sarabooks.seesaa.net/article/407782570.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。