マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/04/06

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【時間術】時間価値倍増法
http://sarahin.seesaa.net/article/366497634.html
三浦雄一郎さんが世界最高齢でエベレスト登頂に成功されましたね。
本当におめでとうございます。草葉の陰からお祝いを申し上げます
…。三浦氏は・1964年イタリアのスキー大会で日本人として初めて
参加し、時速172.084キロの当時の世界記録を樹立。...

●【自己マネジメント】影響の輪1:自分に影響のある問題を外においてはいけない
http://saracompass.seesaa.net/article/445879976.html
『7つの習慣』で紹介された「影響の輪」は図的には輪っかで境界
線がありますが、実際にはそれを縦に輪切りにすると徐々に裾野が
広がる山のような形をしていると考えます。この山は中心(自分が
何もかも制御できること)から徐々に自分が物事に影響できる力が
弱くなります。この山の裾野を高くしていくと、組織が自分の思い
通りに動いてくれるようになります。...

●【ヒント】クビにする
http://sarahin.seesaa.net/article/261681194.html
あなたがもし管理職だったら、部下に対する人事権を持ってますよ
ね。これ、絶対行使してください。私の会社でも時々見かけるので
すが、自分と合わない人を部下に持って、その人と何とかうまくや
ろうとして、ストレスを抱えてたり、苦労していたりしている人が...

●【自己マネジメント】意識をして廃棄をしなさい
http://saracompass.seesaa.net/article/440795619.html
今までやってきたことで、当たり前になってしまっていることって
ありませんか。それは今でも効果のあることでしょうか?...

●【ハック】ファイル名に全角文字を使わない
http://sarahin.seesaa.net/article/401601392.html
かつてMS-DOSなどがパソコンのOSだった頃を知っている人から見る
と、いまのWindowsやMAC-OSなどの世界は隔世の感がありますね。
すごく使いやすいですし、日本語も普通に使えます。ただ、やっぱ
りこれらのOSは英語圏で開発されたものな...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●IT部門への暴論ではなく、初めて書く「経営者はバカだ」論
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/news/1507/071300529/?ml
私が展開するIT部門限界説に対して、元ソニーCIOの長谷島眞時氏
が真っ向から反論する「IT部門への“極言暴論”を斬る」はいよい
よ佳境。好評のようだが、今回は連載に直接絡むのはよして、私の
主張を今までと違った観点で述べてみる。題して、初めて書く“経
営者はバカだ”論。それにより長谷島氏との対立点も、さらに明確
になるだろう。

●持続的成長企業になるためには「個人」より「チーム」を鍛えるべき
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20140704/405851/?mla
「人」の意識を変える「コーチング」ではなく、「チーム」そのも
のをダイナミックに変革する「チームコーチング」。米国や英国発
の新しい組織開発の手法が今、国内でも注目されている。その内容
や実績を専門家に聞いた。

●小山昇:社長の方針は「絶対」です
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20141021/420988/?ml
私はよくこんなことをいいます。「社長のくだす方針が、たとえ明
らかに間違っていても、即座に実行するのが正しい管理職です」と。
社長の方針は絶対です。
「お言葉ですが社長、それは…」などとは夢にもいってはいけない。

●第11回 自分で判断すべきこと、上司に相談すべきことのボーダーラインはどこか? | BPnetビズカレッジ
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130218/340621/?ST=p_bizboard


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■大事なことは3秒で決める
あなたも目指せ!資産3億円
お金持ちなら皆わかっている不思議な法則、教えます

「朝に新聞を読んではいけない」「行列に並んではいけない」「明
日できることを今日やってはいけない」……このように書くと、い
ったい何のことだと思うかもしれません。これは、投資コンサルタ
ントの午堂登紀雄さんが、自身の投資経験とたくさんのセレブとの
つきあいの中から考え出した”お金に愛される(=お金を殖やす)”
ルールの数々です。「生活のルール」ではお金を貯めるための思考
と行動、「仕事のルール」では投資資金づくりに必要な収入をアッ
プするスキル、そして「貯蓄&投資のルール」ではお金を殖やす具
体的な方法について解説します。あなたも、この本を読んで資産家
を目指しませんか。


◆アマゾンで見る
大事なことは3秒で決める
http://www.amazon.co.jp/dp/4757214502/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
大事なことは3秒で決める
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784757214507%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
大事なことは3秒で決める
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32026353/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・判断と決断
http://sarahin.seesaa.net/article/316529854.html

・KKDとロジカルのバランスをとる
http://saracompass.seesaa.net/article/403822537.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。