マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/03/30

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【PCアプリ】インストールは細心の注意を払って
http://sarahin.seesaa.net/article/441584610.html
PCの不調を招く要因として、アプリの不要な機能のインストールが
あります。アプリをインストールするときには、インストールウイ
ザードのオプションを注意深くみましょう...

●【面接技術】中途面接の質問(ソフト技術者編)
http://sarahin.seesaa.net/article/379278887.html
仕事柄、中途採用の面接官を引き受けることがあります。私の場合、
専門がソフトなので、その人にソフトウェア技術者としての技術力
があるかどうかを見ることが期待されている場合が結構あります。
メカ、ハードなどの技術者も面接しますが、半分くらいはソフト...

●【仕事術】知らないことを聞くときには、関連する情報を付け加える
http://sarahin.seesaa.net/article/443548025.html
「○○ってなんですか?」という質問は、それ単体ですると相手を
困らせることになります。自分が何を知っていて何を知らないかの
手がかりを与えることで、スムーズに会話を進めることができます...

●【ビジネス書】ゼロ秒思考4
http://sarahin.seesaa.net/article/413649102.html
 今週は、『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニン
 グ』という本をご紹介しています。ゼロ秒思考とは、あるテーマ
 について、即座に必要なことを考えることが出来るような事がで
 きるようなトレーニングを「メモ書き」でしよう、という本。マッキ...

●【仕事術】スローイン・ファーストアウト
http://sarahin.seesaa.net/article/288465179.html
私事ですが、先日息子が免許を取りまして、一緒にドライブなどを
して楽しんでおります。ここで気がついたのですが、カーブを曲が
るときや大きく旋回するときに、ブレーキを踏みながら旋回するの
です。若いころ、友人に教わったカーブの曲がり方でアウト・イン...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●議事録を効率的に作成する専用ソフト
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1108/01/news053.html

●どの上司にも通用する説明術
「時間を浪費して逃げられない人」が悲劇である理由
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20130218/456821/

●「ノー」と言われた方が得をする4つの理由
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1308/02/news005.html
私たちのほとんどは「Go for Yes」の世界。「No」のない「ぬるま
湯」状態から外に出て「No」に少しずつ身体を慣らしていけば、い
ろいろな可能性が広がるかもしれません。

●ダイバーシティ加速中! なのにあなた、石灰化していませんか?
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/ueda_hisano/033100009/?ml
女性活躍推進、ダイバーシティ推進は当たり前、自分には関係ない
だろうといった顔で座っていたりする人はほとんどいなくなってき
ています。しかし、ゼロではありません。まだいます。でもそれは
少数派なのです。少数派として逆に悪く目立つようになりました。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■なぜ間違えたのか
わたしたちはよく、誤った判断を下してしまう!)!)。
自分を過小評価するよりも、過大評価することのほうがはるかに多い。
何かを手に入れるときよりも、失う危険があるときのほうが、はる
かに素早く反応する。
このような傾向を知っていると、自分の行動がどんな間違いにつな
がるかを予測できるようになる。
本書ではそんな、誰もが陥ってしまう「思考の落とし穴」を52項目、
ユーモアあふれるイラストとともに、切れ味鋭く解説する。
世界各国で話題となっているドイツ発のベストセラー、待望の邦訳!


◆アマゾンで見る
なぜ間違えたのか
http://www.amazon.co.jp/dp/4763132644/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
なぜ間違えたのか
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784763132642%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
なぜ間違えたのか
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32978763/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・確証のワナ
http://sarahin.seesaa.net/article/402668898.html

・ご褒美は日曜日に
http://sarahin.seesaa.net/article/399997711.html

・自己管理能力を上げる方法
http://saracompass.seesaa.net/article/437024839.html

・成功者をマネても失敗する
http://saracompass.seesaa.net/article/422554723.html

・一枚岩チームに所属しない
http://saracompass.seesaa.net/article/422554651.html

・最初からうまかったからプロになる
http://saracompass.seesaa.net/article/419437253.html

・見えているけど見えない反証を見なさい
http://saracompass.seesaa.net/article/413315049.html

・サンクコストの誤判断を避ける方法
http://saracompass.seesaa.net/article/400002725.html

・なぜ、間違えたのか?
http://saracompass.seesaa.net/article/400003201.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。