マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/03/11

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【演習!)あなたの思考力・実現力に挑戦!】あなたの認識は間違っている
http://saracompass.seesaa.net/article/410199088.html
人の発言や行動には、その人が「それをするのが正しい」と判断す
る理由があります。その理由はその人の持ついろいろな経験や思考
の経過によって導き出されるものです。それを自分の経験や思考か
ら判断してはいけません。その人が「なぜその発言や行動をするに
至ったか」について考えてみましょう。...

●【仕事術】予算管理とは突発費用に対応できること
http://sarahin.seesaa.net/article/406525000.html
管理職の仕事の一つに「予算管理」があります。ウチの会社では大
体12月くらいに来年度予算推定があり、いろいろな審議体を通して
1月くらいに翌年度の予算が確定します。予算管理の誤解「予算管
理」という言葉について、ちょっと名称がどうかと思う時がある...

●【PCアプリ】デスクトップ時計とカレンダー
http://sarahin.seesaa.net/article/351234703.html
私は画面を広く使うために、タスクバーは自動的に隠す設定にして
います。ところがこれをやるとときどき困るのが、ふと時間を見よ
うと思った時に時間が見られないこと。以前の記事で紹介しました
が、自分の机の上には、デスクトップPCが常に時計とカレンダー...

●【このビジネス書は読んでおけ!】45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本
http://saracompass.seesaa.net/article/409399968.html
内容を紹介した記事1年未満の転職はキャリア上マイナスになる短
期で転職をした経験のある人は、結果として不利な条件での就職を
余儀なくされる場合があります。面接官としては、短期での転職は
いろいろな疑念が浮かんでしまいます。@#INFO短期で転職を...

●【知的生産術】「やりたいこと」はいつもひとつだけにして必ず結果を出す
http://saracompass.seesaa.net/article/444369846.html
やりたいことリストは勢いで書くと結構なボリュームになります。
これを実行するときには、かならずひとつだけにしぼってやらない
と、注意力が散漫になったり、どれも結果が出せない事態に陥ります...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●散らかったタスクバーのための3つの整理術
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1303/15/news014.html

●ひどい仕打ち受けても会社を嫌いになれず
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20131120/374222/?ml
「心が疲れた」と感じることは、誰にでもあることです。ただ、そ
の度合いや“症状”は人によって違います。解決のためには、時に
は「相談」することも有効です。この連載では、産業カウンセラー
が実際に受けた相談から実際の事例を紹介し、働く女性のメンタル
ヘルスを考えます。

●イノベーション5つの壁 第2回:なぜ新しい発想が生まれないのか(上)
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20140806/410553/?mla
今回から2回にわたって、発想の壁に阻まれる原因と壁の乗り越え
方を解説します。その1回目である今回は、そもそも何を発想すべ
きかの認識をそろえた上で、発想の壁の原因を考えていきます。

●追い出し部屋にPIP、会社が押す「不要」の烙印
http://www.nikkeibp.co.jp/article/matome/20130308/343075/


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■僕は君たちに武器を配りたい
20代が生き残るための思考法

東大、マッキンゼーを経て、現在、京大で絶大な人気の瀧本先生が、
新しい経済の流れで、自分の力で道を切り開き、
ゲリラとして生き残るための「武器」について、
投資家としての経験から、語ります!

不安に立ちすくむ日本人が今学ぶべき「本当の資本主義」とは。


◆アマゾンで見る
僕は君たちに武器を配りたい
http://www.amazon.co.jp/dp/4062170663/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
僕は君たちに武器を配りたい
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784062170666%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
僕は君たちに武器を配りたい
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32648440/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・僕は君たちに武器を配りたい
http://sarahin.seesaa.net/article/244979314.html

・目標は自分だけが管理できる
http://saracompass.seesaa.net/article/400571697.html

・ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
http://saracompass.seesaa.net/article/437024809.html

・▼字型スキルを持つ
http://saracompass.seesaa.net/article/436726266.html

・影響力をもつと仕事ができるようになる
http://saracompass.seesaa.net/article/415599981.html

・シナリオ第一、パソコン第二
http://saracompass.seesaa.net/article/409759613.html

・目標は部門目標に合わせる
http://saracompass.seesaa.net/article/406523632.html

・関係者を巻き込む
http://saracompass.seesaa.net/article/406107973.html

・社会人になってからが本当の勉強
http://saracompass.seesaa.net/article/406107928.html

・部門目標と個人目標
http://saracompass.seesaa.net/article/402671222.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。