マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/03/03

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【時間マネジメント】緊急の仕事を優先する
http://saracompass.seesaa.net/article/438623699.html
 一般的に言うと、重要度の高い仕事ほど緊急度が低いです。もち
 ろん、例外もありますが。たとえば、自分の成長のためには勉強
 することが必要ですし、進捗や振り返りのためのレビューは欠か
 せません。でも、毎日の締め切りはやってきますし、トラブルも
 毎日の...

●【組織マネジメント】部下・後輩の指導は計測するから始める
http://saracompass.seesaa.net/article/446159481.html
部下を評価したり指導したりするときに、役に立つ考え方がフレデ
リック・テイラーという人が考えた「科学的管理法」という方法です...

●【思考技術】ガーデン・パス・ストーリーの落とし穴に注意
http://saracompass.seesaa.net/article/445907321.html
「ガーデン・パス・ストーリー」なる言葉があるそうです。これは
思い込みによる失敗について語っています...

●【仕事術】スケジュールにはExcelを使う
http://sarahin.seesaa.net/article/427553569.html
スケジュール管理をするツールは色々あります。多くの場合、スケ
ジュールを細分化したり、日付に当たる部分を入力したりするだけ
でガントチャートが自動的に作られるようなソフトを使うかもしれ
ません。でも、私の会社で言うと、いろんなツールを導入してみま...

●【面接技術】中途採用面接:コミュニケーション力があります
http://sarahin.seesaa.net/article/401601533.html
来年度に向けて、いろいろな方との中途採用面接をまたぞろやって
ます。ただ、やっぱり中途採用となると、ある程度の実力を要求し
ますので、なかなかOK=採用にはならないのが実情。部門としては
一人でも部下が多く欲しいのですが(それだけ職域が広がります...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●「あー、この上司めんどくせ」と思っているアナタへ
http://magredirect.itmedia.co.jp/r/7Rt/38/2Az/w/bizid/articles/1407/17/news025.html
異動や転職で新しい環境に移り、この人とは合わない、この上司と
はうまくやっていける自信がない!)!)と悩む人も多いのでは。今回
は相手の性格や考え方を把握し、コミュニケーションをスムーズに
行うメソッドを紹介します。

●叱って効果があるのは信頼されている場合だけ
http://nkbp.jp/1LKwmUG
店長など現場のリーダーとして多くのスタッフを指導する立場にな
ると、言いにくいことも言わざるを得ません。知りたくなることの
1つが「叱り方」にコツがあるのかどうかではないでしょうか。

●《山内祐平「先進事例で知る 情報化で変わる学び」》
新人教育にスマホを使う、400社採用の“反転学習型”企業研修
(後編)
http://pc.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1081442/051900010/?set=ml
山内:こうした学習環境は今どきの学生にとってはスムーズになじ
めそうですが、企業にとってはどうでしたか? 抵抗感を示す企業
もありそうですが。
浜野:確かにありましたが、想定よりは少なかったですね。「モバ
イルを研修に使うなんて」という反応を示されるだろうと覚悟して
いましたが、初年度からいきなり100社ほどに採用されました。意
外に、市場のニーズを外していなかったんだなと感じました。

●メントレ講座:慌てていても落ち着くスキル
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140421/393843/?ml
不安を抱えていたり慌てていたりするときに落ち着くことができる
心のスキルを知っていたら、役に立ちます。今回は『慌てている状
態でも落ち着くことができる簡単なスキル』を4つ紹介したいと思
います。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践
本書では、ビジネスで一歩先行くための基礎的なものの考え方を、
1 論理思考力 2 水平思考力 3 視覚化力 4 数字力5 言語力 6 知的
体力 7 偶然力
の7つに分類。それぞれの力を身につけるための3つの基本テクニッ
クと、4つの実践方法について、
豊富な事例、勝間さん自身の経験をおりまぜ、わかりやすく解いて
います。

特に、「論理思考力」については、外資系コンサル等で多用される
基本的なテンプレート21をカラーチャートにして掲載。
それに加えて、それぞれのフレームワークごとに勝間さんがお勧め
する書籍もカラーで紹介しています。
まさに、勝間和代の「頭の中」、すなわち、その発想と、仕事の質・
量・スピードの秘密をはじめて公開する貴重な1冊です!


◆アマゾンで見る
ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践
http://www.amazon.co.jp/dp/4887596391/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784887596399%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

●本書を引用した記事
・四現象マトリクスは四角で囲ってはいけない
http://sarahin.seesaa.net/article/445660066.html

・思考フレームワーク
http://sarahin.seesaa.net/article/372939666.html

・判断と決断
http://sarahin.seesaa.net/article/316529854.html

・あなたの前提は、他人のの初耳。その前提が間違いです
http://saracompass.seesaa.net/article/456044285.html

・あなたの前提は、他人のの初耳。その前提が間違いです
http://saracompass.seesaa.net/article/456044104.html

・仕事の教科書を作る
http://saracompass.seesaa.net/article/452991519.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。